2020120(月)

中国の茶事情 6 (資格)


中国の茶事情 6 (資格)

中国茶にも資格はあるが だいぶ様子が違う

 中国には日本の流派のように免許はない国家認定の従事資格がある。
1.茶芸員:茶館で働く従業員の能力認定
初級(一般社員) ・中級(中堅社員):初級および中級茶芸師では、一通りのお茶の淹れ方とそのポイント、礼儀作法を学ぶ
高級(主任) ・技師(店長):茶芸技師に進むと茶芸の教授法も学ぶ.技師取得講座で教えるには茶芸技師以上の資格が必要
高級技師(マネージャー):複数店舗を束ねる
2.評茶員(師):茶に関する技術の能力認定。お茶の品質を客観的に評価をして ランク決める(値付けする)。茶葉のサンプルから改善点を発見し それを生産者にフィードバックする。取得者は茶生産や流通(農家 茶葉工場 卸・小売 貿易会社)に関わる人たちが多い。
 ということでこれらの資格は 人々がお茶を楽しむための方策・職務のようです。北京語言大のティールームで日本人女性に会ったのですが この茶の資格を取るために中国語を勉強していると言ってました。うまくいくといいですね。

注:
https://plaza.rakuten.co.jp/arukichi/diary/201001240000/
をもとにまとめました。



2020120(月)

中国の茶事情 5 (流派)


中国の茶事情 5 (流派)

中国茶にも流派はあるが 日本の感覚とはずいぶん違う

 中国茶に興味を持ち 良い機会なので習ってみるか と思うようになりました。さてどの流派にしようかと思い ちょっと調べてみました。その結果 歴史的には四大流派というのがあるらしいが 日本の流派のシステムとはだいぶ違うようです。以下は注参考にした意訳です。

 文化的背景の違いから中国四大茶道が形成された。
貴族茶道: 茶の品 富貴を誇示 皇帝 貴族 豪商
雅士茶道: 茶の韵 芸術を目標として楽しむ・清談 教養人・文人
禅宗茶道: 茶の徳 参禅悟道 僧 (日本に渡来)
世俗茶道: 茶の味 世俗 人生を享楽 庶民

 ということで 基本は 品・韵・徳・味と理解した。しかし 師弟関係とか段位のようなものは不明で 日本の茶道のように明確な流派ではなさそうです。<以上はあくまでも個人的見解です>

(注) http://honyaku.yahoo.co.jp/url_header?both=T&ieid=zh&oeid=ja&url=http%3A%2F%2Fwww.china.com.cn%2Faboutchina%2Fzhuanti%2Fcwh07%2F2007-09%2F07%2Fcontent_8835879.htm
文化背景不同便形成中国四大茶道流派。贵族茶道生发于"茶之品",旨在夸示富贵;雅士茶道生发于"茶之韵",旨在艺术欣赏;禅宗茶道生发于"茶之德",旨在参禅悟道;世俗茶道生发于"茶之味",旨在享乐人生。



2020119(日)

中国の茶事情 4 (お店)


中国の茶事情 4 (お店)

 馬連道に行けば何でもそろう

 中国の進物には驚くほどお茶が使われます。それだけ日常的にお茶が飲まれているのでしょう。
 北京には馬連道という茶の問屋街があります(注)。北京のお茶屋が仕入れに行く場所だそうです。ここではお茶から道具まで何でもそろいます。通りの両側はお茶関係のお店で また大規模ビルも多数あります。
 この中でも 馬連道茶城では各種の茶と道具が一か所で揃うし 安い。一見の価値があります。1-2階は小規模の茶商がたくさん入り 3階は上級品とプーアール茶博物館。値段もまちまちなので交渉も可で 試飲もさせてくれる。私が茶のお土産を買うときは ここで入手しています。お茶好きの方は丸一日いても飽きないでしょう。ただし 旅行者は買いすぎにご注意で 持って帰れなくなってしまいます。

注: 馬連道の場所は北京市街の南西で 北京西駅の近くで 地鉄7号線湾子駅下車。北京中心からはタクシーのほうが便利かも。歴史的には主産地の中国南部の省から北京に移住した方が住んだことに起因するそうです。



2020118(土)

中国(北京)の正月事情


中国(北京)の正月事情

中国では旧正月を「春節」と言います

 中国の正月は旧暦(太陰暦)のため 年によって変わり 1月下旬から2月の上旬になります。2020年はやや早めで1月25日。日本の正月よりは春節の意味に近いかもしれません。
 中国では年2回大きな休暇期間があり 10月1日国慶節この春節です。特に北京は各地出身者が多いので 帰省で交通機関は大混乱になります。知人の話では飛行機の値段は3倍(本当か?) 電車の切符が取れない人が続出 あぶれた人の車で高速は大渋滞とのこと。そんなにしてまで帰る必要もないだろう と言ったら 中国では帰省はマストだ とのこと(まあ家族の絆は確かに強いが)。
 とはいえ北京出身の人もいるので 昔からの繁華街にはそれなりに年末年始の賑わいがあります。一週間前の昨日 中心部に行ってみたら 通り・お店・地下鉄でも もう新年の飾り付けは終わってました。(写真)
 私のように職場の住宅では 一週間前なのに もう人がまばらで 春節の時はほとんど誰もいないでしょう。赴任した最初の年は お店はあいていない 食堂も休み どうしよう?と困り果てました。こんなことならば と思い 二年目からはサッサと日本に戻ることにしています。ですから私の場合は正月休みが二度あります。あまり働いていません(笑)。

追記: 正月飾りは赤が基調なので元気は出ます。正月の決まり文句は 日本だと家内安全が一番多いと思いますが 中国は○○発財が多い。お金持ちになれますようにという意味ですが すこし率直過ぎる気がします。中国の正月といえば花火と思うかも知れませんが 都市部で花火は禁止だそうです。
 今日は空港から帰るところですが すでにかなり混み始めていました。明日はもう大変でしょう。

注:今年の旧暦正月を当初は1月26日と表記していました。25日の誤りです。お詫びいたします。



2020117(金)

中国茶事情 3 (入れ方 3)


中国茶事情 3 (入れ方 3)

 中国茶には古代のいれ方があった

 近くにある北京語言大のティールーム/カルチャースクールで展示品を見ていると 面白いものが目にとまった。やや大きい抹茶茶碗のようなもので 奇妙なことに上のほうに横一列の小さい穴が5つある。聞いてみたら 古いスタイル茶椀とのこと。(何で穴がある?)けげんな顔をすると 実演してくれるという。
 この大茶碗に4-5人分の量の茶葉を入れ 熱湯を入れて蒸らす。傾けてお湯を小さい穴から捨てる。なるほど茶葉は茶碗から流れないですむ。次に十分な量の熱湯を加えてタイミングを見て 銀製の柄杓(スプーン)ですくって 杯へ入れる。なるほどお茶の変化は簡単に見える香りも直接伝わるので非常にいい。これは古いスタイルの淹れ方唐(Tang)時代はこんなだったらしい。
 これは面白いと 早速に大枚をはたいて大茶碗銀柄杓を購入した。年末に山小屋で仲間たちと過ごした時に 持参して披露したら 皆さん楽しんでくれた。
 しかし いつも使うものでもないので コスパを考えてしまった。これならドンブリとオタマで代用すれば 中国茶を楽しめることに気が付いた次第。



<<
>>




 ABOUT
Elmtree2
 最近は中国北京へ単身赴任が頻繁です。面白い発見がたくさんあるので ご紹介します。この話題はElmtree (T-MCP 十勝山小屋プロジェクト)というブログに含めていたのですが 本題からあまりに離れてしまったので 「街・探検・文化」の別ブログとして発展的に分離しました。元のElmtreeもご覧頂ければ幸いです。

性別
年齢60代以上
エリア清水町
属性個人
 カウンター
2020-01-08から
1,241hit
今日:4
昨日:53


戻る