円山 カンガルー(8)


201637(月)

まだ足だけですが


まだ足だけですが

お母さんカンガルーのおなかの袋から赤ちゃんの足。



画像
順調に育っているかな。。。
だんだん重たくなってきてお母さんは大変ですね。


この記事のURL2016-03-07 22:00:43

201636(日)

この違いは


この違いは

一年を通して見事なまでにきれいになっているカンガルー放飼場。
担当さんが日々小まめに作業をされている結果です。今日はきっと雪がとけて地面が出ているでしょう。
これならカンガルーが外に出ても安全です。



画像
ずっと放置なので雪に埋もれた昨日の寒帯館放飼場。
電柵も雪に埋まっているので柵際の除雪が必要なはずです。
昨日のタツオはサブの除雪が不完全なため、建物の壁側を往復するのみだったようです。先月中旬サブの下り坂雪道で滑って尻餅をついたショックがあるのでより慎重になっていると思います。



画像
アイは今のところ健脚なので除雪がなされていない放飼場でも最低限の場所は歩いています。それでも行動範囲が制限されていることは事実です。普段歩くルートくらいは除雪をして歩きやすくしてあげるのが当たり前では?

寒帯館と高山館ヒマラヤグマ放飼場、担当者がしないなら動物たちのために除雪ボランティアをしたいとおっしゃっているお客さんがたくさんいます。


この記事のURL2016-03-06 10:58:20

201622(火)

カンガルーの赤ちゃん


カンガルーの赤ちゃん

北海道新聞記事より。
カンガルーの「さくら」に赤ちゃんが誕生していたと発表があったので見に行ってきました。



画像
さくら(4歳)
おなかの袋からのぞいているのは・・・



画像
赤ちゃんの足!



画像
顔もちらっと見せてくれました。
元気に育ちますように。


この記事のURL2016-02-02 20:38:50

<<
>>




 ABOUT
チネ
ホッキョクグマを通して動物の素晴しさを認識しました。
主に円山動物園の動物たちの日常をご紹介します。

当ブログ内容の無断転載を禁じます。

エリア北海道
属性個人
 ブログカテゴリ
 カウンター
2010-09-08から
2,215,609hit
今日:27
昨日:308


戻る