2020325(水)

FMJAGAで、ラジオ番組が始まります


FMJAGAで、ラジオ番組が始まります

2020年3月25日





4月から、FMJAGAさんで
infantの番組が始まります!

5分くらいの短いものなので、
コーナーくらいの気持ちで聞いてくれると
嬉しいです。





発達障害を持つ子のお母さんが、
発達障害を持つ子のお母さんに話すラジオ。

珍しいのではないかと思うのです。


もちろん、お父さん、祖父母、親戚、
関係者の皆さんにも。

もちろん、たまたま聞いてくれた方にも。
みなさんに、聞いて欲しいことがあります。

詳しい内容は、
ホームページのほうに書いてあるので
見てくれたら嬉しいです。






発達障害 育ちの道しるべ
FMJAGA 77.8MHz外部リンク

毎週木曜日7:40~
(再放送 毎週日曜日12:30)

ネットラジオなら全国で聞いていただけます
ListenRadio(リスラジ)外部リンク





なんとも昭和なタイトルですが、
「発達障害に関することを話す」
ということが分かるように
という気持ちと、

「道しるべ」という言葉を使いたかったのです。





その昔、山の分かれ道に置かれていたのが
道しるべの石だったそうで。

皆さんが、子育てに迷ったとき、
先が見なくて不安な時に、
道しるべになるような番組にしたいのです。






私は、20年前くらいに
JAGAに気持ちを救ってもらった
時期があります。

東京から帯広に来て、
友達どころか知り合いもいない。

息子の発達は微妙だし、姑ともうまくいかず。
でも、それを聞いてくれる人もいなくて。





そんな時期に、JAGAの番組は
自分に話しかけてくれるような感じがして
気持ちが救われたものでした。

それから、JAGAのDJになりたいと
思った時期もあり(笑)

最終審査で落ちては悔しくてね。
話すなら、ここで話したいと思ったものです。





それから、20年。

思い出したようにお願いしたところ、
どんどんと話が進んでいったわけです。


去年の暮れから、
「もう一つ大きな企画が進んでいる」
と言っていたのは、このことです。


はー。
やっと話せてホッとしています。
よろしくお願いいたします。



2020325(水)

4月のお茶会について


4月のお茶会について

2020年3月25日




事務連絡です。

4月のお茶会について




毎月第3金曜日に行っているお茶会について。

4月(4月17日10:30~)、
および4月以降については、
帯広市内の小中学校が
再開されるかどうかに準じて、
再開することと致します。




現在、新学期より再開する見込みのため、
4月のお茶会は行う予定ですが、
急な変更により中止の可能性もありますので、
ホームページで確認してください。



2020324(火)

人事異動から1か月経ち…


2020年3月24日





おはようございます。
ヘルニアは、急性期を過ぎて
普通に動けるようになっています。
ご心配おかけしました。


今日は、人事異動で
介護を多く必要とする患者さんのケアを
させていただくようになり約1か月。
思うことを書きたいと思います。






いわゆる寝たきりの方たちで、
痛いとか苦しいことを言葉で伝えるのは難しい。

分かってはいたけれど、
体の隅々までみていないと、
気が付いた時には傷になっているかもしれません。

分かっているはずなのに、
業務の忙しさで気持ちが焦り、
充分に見ていない時があり、反省しています。

チームみんなで支え合えるように
スタッフがたくさんいるんですけどね。






これまでも、
自分の気持ちを言葉で表現することが
難しい方たちと接してきました。
けれど、今接している方たちは、少し違う。

身体の機能的に、言葉を発することが出来ないわけです。
そして、目線は24時間天井か、左右に限られています。
(ベットをギャッジアップするかたもいますが)






自分の死角から急に人が来て
口の中を触り始めたり、排泄介助を始めたら
なんて恐ろしいでしょう。

でも「なにすんのよ!あんた誰!」とも言えない。


だからこそ、
声をかけながらそばに行き、これから何をするのか、
痛いところは無いのか声をかけながら
みていきたいと思います。





さて。
今日は夜勤。忘れずに、努めてきます。



2020316(月)

ヘルニアになってしもうた


2020年3月16日





日頃のケアは、必ず自分に返るという話です。





昨日、起きたらいつもの腰痛がひどくなっていました。

今日はひどいな~
って思っていたら、どんどんひどくなる。

どんどん、どんどん痛くなる!!!!




立ってもいられない、
座ってもいられない、

立つと座りたくなり、
座ると立ちたくなる。

体勢を変えられないので、
寝るなんて恐ろしい。





動くのは、全て垂直か平行の動き。

ちっとでも傾くと、激痛。

画像
そろり…そろり…





常に痛いから、吐き気もしてくるし
ロキソニンも効かないし。

あまりに痛いので、
これはただ事じゃないと思いまして。

連休は、あと一日あるものの、
次の夜勤は他のメンバーに代わってもらいました。
(変わってくれてありがとう)






翌日を待って整形へ行こうと思いましたが、
耐えられずに休日の当番病院へ行きました。

そこで検査をしてもらい、あっさりと
「ヘルニアですね~」と。




「ぎっくり腰じゃないの?????」




と、いうわけで、痛みが続くようなら
改めて整形に行ってMRIとってね、となり。
(休日当番なのでね)







今日、改めて整形外科に行っても診断名は変わらず。

でも、骨の状態は、ヘルニアの中ではそんなに悪くないと。

「こんなに痛いのに???」
と言いたいくらいでしたが。






ここからは、ご指導を頂きました。

* 腰痛を何年も放置したこと
* 運動をしていないこと
* 姿勢が悪いこと

など、生活習慣が全て原因。

いつ起こっても不思議じゃなかった。






このまま仕事を続けながら
鍛えずにいれば、絶対に悪化する。

歩けなくなる人もいますよ・・・と。


でも、今から認識を変えれば、
10年後が変わりますよと。





先生ありがとう。

今まで、運動を避けて生きてきたからね。
仕事を変えるわけにはいかないので、
筋肉付けないと。

去年の暮れ頃に一度思い立ったけど、
体調不良で諦めたし。




少しずつやっていきます。

自分のメンテナンスは、自分に返るもんね。


画像

今日も、そろりそろり。。。。



2020314(土)

卒業おめでとうございます!


卒業おめでとうございます!

2020年3月14日




ご卒業おめでとうございます!

方々から、卒業のお知らせを聞いています。

今年は、寂しい卒業式になりましたね。
門出の晴れ姿を、見たかったですよね。




私も、子供たちが卒業した時のことを
思い出していました。




卒業したという事は、
そこに存在していたという事です。

息子を小学校に入れた時は、
本当にここに居させてもらえるのだろうかと
とても不安で、申し訳ない気持ちでした。




存在して当然ではないけど、
存在することに遠慮する必要も
なかったんだけどね。

定型発達のお子さんたちと
一緒にいさせてもらっていいの??
とビクビクしていたものです。




そんな息子が卒業する。
お祝いして頂ける。

そんなことに、号泣していました。



娘は定型発達だけど、
存在し続けて卒業していくという凄さに
これまた号泣しました。




学校に足が向かなかったとしても、
それは学校という暮らし方に
足が向かなかったということなだけ。

存在した事実はかわりません。




本当におめでとう。

本当によく頑張りましたね。



<<
>>




 ABOUT
親の力をはぐくむ会infant
子育てに不安や疑問、周囲に分かってもらえないと
感じたことはないですか?

障害名が付く、付かないに関わらず、子供の生きにくさに気が付くことが出来ること。
今なにが必要かを考えること。分からないこと、出来ないことは助けを求めること。

それが子どもの育つ環境を整える力と考えます。
infantは、それを「親力(おやぢから)」と呼び、親力をつけることを目標にしています。

性別
年齢40代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
親の力をはぐくむ会infant
住所お茶会会場として、放課後等デイサービス十勝きずなの森さんをお借りしています
TEL090-6217-5529
 2020年4月

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
 2020年5月

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
通常営業
4月 お茶会の日
5月 お茶会の日
 カウンター
2015-03-29から
135,686hit
今日:1
昨日:36


戻る