2017513(土)

あの世と今を往復した件


2017年5月13日





なんとなく、
息子を産んだ瞬間のことを思い出していました。

当時23歳で若くて、
妊娠当初はちょっとだけ出血があり心配したけど、
その後、体重の増加もさほど問題なく。

予定日の2週間前に陣痛が来るという
なんとも順調な感じでした。





当時は、
帯広ではなく本州におり、
いわゆる総合病院のざっくりとした対応の
中で初産を迎えていた私。





明け方に陣痛がきて、
ごく弱いけどいきなり5分間隔で。

1時間くらい様子を見てから
病院へ電話すると、
「3分間隔になったら来て~」
と言われ。

その直後には3分間隔となり。


8時過ぎには外来にいたような気がします。






そこから診察を受けて、
病棟へ案内され。

入院の説明を受け。

病衣へ着替えて。

その病院は陣痛室にも家族は入れなかったので
旦那は自宅待機となり。
(ずっと病棟で待っているのもねぇ)

浣腸をして陣痛室のベットに横になった
時には、とても順調に進んでいたらしく。

すぐに点滴が開始。






すご~~~い痛かったけど、
たま~~~にしか看護師さんは来てくれず。

子宮口を確認して、広げたりしたらいなくなり。






分娩室では、超難産の人が叫んでおり。





誰か私をかまって~~~~。
という感じでした。

でも、一応順調だったはずですが。





いざ子宮口が全開となり、
いきんでいいと言われても、
まだいきみたい感じではなかったのです。

なので、体の欲求はなく、
自分の力でいきみまして。






痛みがきて
「はい!いきんで~~」
と言われ、全力を出す。





痛みが去って
「はい。力抜いて」
と言われ、呼吸を整える。





それの繰り返しの間。




次の痛みが来るまで、
私はお花畑にいました。

なんとも気持ちの良い、
いままでに感じたことのない感覚。

ず~~とここにいたいと思うと、
痛みがきて
「はい!いきんで!!」」
と言われる。






そして、
またお花畑が見えてくる。

川もあったような気がします。






それを数回繰り返したら、
息子は産まれてきました。





所要時間は、6時間。
出血は少量。

とっても安産だったと褒めてもらいました。





が、




それって、
三途の川だったんじゃないの???

と今でも思っています。

装着していた心電図にも表れなかったけど。





出産は、ミラクルです。






 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
infant
子育てに不安や疑問、周囲に分かってもらえないと
感じたことはないですか?

障害名が付く、付かないに関わらず、子供の生きにくさに気が付くことが出来ること。
今なにが必要かを考えること。分からないこと、出来ないことは助けを求めること。

それが子どもの育つ環境を整える力と考えます。
infantは、それを「親力(おやぢから)」と呼び、親力をつけることを目標にしています。

性別
年齢40代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
infant
住所帯広市西20条南5丁目36-7 きぼう福祉センター (毎月第3金曜日 お茶会で使用)
TEL090-6217-5529
 2017年12月

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
 2018年1月

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
通常営業
お茶会の日 10:00~11:30
お茶会の日 10:00~11:30
 カウンター
2015-03-29から
67,273hit
今日:19
昨日:81


戻る