201793(日)

緑ヶ丘病院の講座・摂食障害について


緑ヶ丘病院の講座・摂食障害について

2017年9月3日





昨日、緑ヶ丘病院の地域公開講座へ
行ってきました。

千葉で摂食障害で家族の会をしている方の
お話でした。
(摂食障害家族の会ポコアポコ 鈴木高男氏)





これまでたくさんの悩みやご苦労が
あったでしょう。

けれど、力強く、分かりやすく、
かみ砕いて、時には笑いを交えながら
語ってくださいました。

レジュメを読むだけでは伝わらない
「夢中で聞いてしまう空気」があって、
あんな風に話せたらいいな~と、
自分を振り返りながら聞いていました。






さて。
内容ですが。

まずは、医療者と家族の役割は違うから
家族は医療者になってはいけない…
ということからでした。


身長と体重のバランスからくる
身体的な症状について助言するのは医療者。

生理が止まったり、身長が伸び悩んだりするから
だそうです。

なので、必要な栄養を指導したり、
状況によっては点滴したりね。






家族は。。。

本人は痩せたいと思っているのだから、
(拒食症の場合)
「食べなさい!食べなさい!」
っていうのではなく、
「食べたくないんだね」と気持ちを聞いてあげて欲しいと。

もしくは、
「食べたくても、入っていかないんだね」とか。






食べないことに大騒ぎするのではなく、
たんたんと受け止めるって感じでしょうか。

食べなければお母さんが大騒ぎしてかまってくれる
と、無意識にパターン化していることもあると。

それよりも、
本人がどうしたいのか?と、
会話を大切にしてくださいと。






このブログだけで正しく伝えるのは
難しいくらい奥の深い話でした。

でもね。

やはり、コミュニケーションが大切ってことかなと。

いや。
親の関わりで摂食障害になるのではないと
お話しされていましたが。






でも、改善していくのは、
環境なんだなって思いました。

これって、
きついなって思いました。





親だって人間ですから。

冷静に受け止めるとか、会話で気持ちを引き出すとか
見守るとか。大変です。

それを乗り越えて、講演されているんだ…
と思うと、感動でした。






講演されていた方は、
親が変われば子供も変わるとおっしゃっていました。

本当にその通り。

発達障害も同じことが言えます。

でも、しんどい。

どんな心の不具合も、同じことが言えます。






しんどいけど、一緒に歩いていきましょう。






 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
infant
子育てに不安や疑問、周囲に分かってもらえないと
感じたことはないですか?

障害名が付く、付かないに関わらず、子供の生きにくさに気が付くことが出来ること。
今なにが必要かを考えること。分からないこと、出来ないことは助けを求めること。

それが子どもの育つ環境を整える力と考えます。
infantは、それを「親力(おやぢから)」と呼び、親力をつけることを目標にしています。

性別
年齢40代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
infant(子育てサークル)
住所帯広市西20条南5丁目36-7 きぼう福祉センター (毎月第3金曜日 お茶会で使用)
TEL090-6217-5529
 2017年9月

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
通常営業
9月お茶会の日 10:00~11:30
10月お茶会時間変更13:30~15:00
 カウンター
2015-03-29から
59,965hit
今日:1
昨日:40


戻る