201821(木)

車の運転どうしよう⑦ 免許を取得しても


車の運転どうしよう⑦ 免許を取得しても

2018年2月1日






免許を取得した後も






車を運転するということは、
命に責任を持つということ。

息子は事故を起こしてはいけないと思うから、
しっかりと確認したい。
でも、スマートにさっと確認できない。

ちゃんと確認すると時間がかかってしまう・・・。






1年目。

冬の雪道で本人が自信がないと言う時は、
主人が運転したり、
息子が運転して主人が隣に乗ったりしていました。

けれど休日に1人で運転して、
自由に食事してきたりするのは、とても楽しそう。

他の青年より時間がかかっても、
本人に自信がつくまで助けていこうという気持ちで、
運転技術を確認しながら息子の自由を
確保していきたいと思っていました。



けれど、そうはいきませんでした。







2年目。

夏の間も、怖いと言うことはあるものの
運転出来ていましたが、週に1度くらいの頻度で、
急にスイッチが入ったように車の運転の事を語りだします。


T字路で左右の確認をしすぎて、
後ろの車からクラクションを鳴らされたと落ち込んでいました。
「はやくいけよ~~~」という
後ろの運転手の声が聞こえるようです。





雪が降ると恐怖心は大きくなり、
ほぼ主人が同乗して出勤していました。


意を決してひとりで運転しても、
停車中のバスを追い越せなかったり、
路駐の車がいると恐怖心が強く
「もうだめだと。もう運転できない」とため息ばかりになります。





胃痛・下痢も出てきました。
本人いわく、路駐の車に気が付くのが遅くて、
とても驚くので怖いそう。


車載カメラで確認すると、
ゆっくりでも対応は出来ているのですが。






いつものように、ひとつひとつの恐怖心に対して
話し合いで解決方法をさぐるのと同時に、
5年計画で少しずつ運転に対する悩みを
解決しようと提案もしました。



すでに20歳を超えているのであまり効果はないだろうけど
毎日空間認知を鍛えるトレーニングをして、
距離感に対する恐怖心が和らいだらいいと思ったのです。





次回は、
2年目の冬が終わっても息子の体調不良が治まらず、
運転をやめる決意をしたお話です。






 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
親の力をはぐくむ会infant
子育てに不安や疑問、周囲に分かってもらえないと
感じたことはないですか?

障害名が付く、付かないに関わらず、子供の生きにくさに気が付くことが出来ること。
今なにが必要かを考えること。分からないこと、出来ないことは助けを求めること。

それが子どもの育つ環境を整える力と考えます。
infantは、それを「親力(おやぢから)」と呼び、親力をつけることを目標にしています。

性別
年齢40代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
親の力をはぐくむ会infant
住所帯広市東3条南13丁目2-1 ロゴスホーム帯広エルミナ(お茶会会場として) 
TEL090-6217-5529
 2018年8月

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
 2018年9月

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
通常営業
8月お茶会 会場都合で中止
9月お茶会の日 10:30~12:00
講演会14:00 詳細はHPで
 カウンター
2015-03-29から
85,668hit
今日:2
昨日:42


戻る