201883(金)

夏休みの宿題で


夏休みの宿題で

2018年8月3日





娘の夏休みの宿題の件。

十勝の夏の風景を描くそうで。
近所の幼稚園の夏祭りで打ち上げた
花火を描くという事になりました。





本当は、口を出したいこといっぱい。

一応、美大を目指して高1から予備校に
通っていましたのでね。

…。
受験では、落ちましたけどね。

…。
勉強はしていましたのでね。

…。
誰ですか、30年前だって言ってるのは。






で、娘には、「こうやって描きなさい」と
手を出せれば気持ちは楽。

いや、しませんよ。


中1とはいえ、娘の作品ですから。






頭のイメージだけで始めるのは苦手なタイプなので。

その1、イメージを助ける写真を探す

その2、いきなり本番の紙は使わない

その3、ざっくりと下書きをする





紙は縦なのか、横なのか、
どこに何を配置するのか、

頭で思っていたのと、描くのでは大違い
コピー用紙を何枚も使って
イメージしたことを表現してみる




その4、ちょっと離れたところから見てみる
    自分が一番描きたいものが描けているかな?

客観的に見えるので、

「なんかへん!!!」

とか分かりやすいのです。





その5、絵の具をどのくらいの濃さで塗るのか
    試し描きをしてから本番に塗る


水彩は、自信がないと水で薄めすぎて
びしゃびしゃでぼやけやすいのです。






さて、絵を描くのを見守る間、

縦位置の方がいいんじゃないの?

とか、
木はもっと小さい方がいいんじゃないの?


とか言いたくなるんですが、
娘の書きたいイメージが固まってくると、
娘の考えた構図でけっこういい感じになるんだわ。





やはり。
子供の考えでいいのかもね~~
なんて思いました。

息子の時は、
ほぼ指令を出して描かせましたけどね。
苦手な絵を描こうとしているだけで
合格でしたから。






 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
親の力をはぐくむ会infant
子育てに不安や疑問、周囲に分かってもらえないと
感じたことはないですか?

障害名が付く、付かないに関わらず、子供の生きにくさに気が付くことが出来ること。
今なにが必要かを考えること。分からないこと、出来ないことは助けを求めること。

それが子どもの育つ環境を整える力と考えます。
infantは、それを「親力(おやぢから)」と呼び、親力をつけることを目標にしています。

性別
年齢40代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
親の力をはぐくむ会infant
住所帯広市東3条南13丁目2-1 ロゴスホーム帯広エルミナ(お茶会会場として) 
TEL090-6217-5529
 2018年10月

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
 2018年11月

123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
通常営業
10月お茶会の日 10:30~12:00
11月お茶会の日 10:30~12:00
 カウンター
2015-03-29から
93,127hit
今日:119
昨日:45


戻る