2019212(火)

自立と言う名の親の知らない道


自立と言う名の親の知らない道

2019年2月12日





私には、ふたり子供がおります。
(知ってるってな)

両親のDNAは受け継いでいるのに
まったく違うふたり。


2人目を望んだ時には、
もうひとり障害のある子が
産まれてもいいと思っていました。





が、どうも違うっぽい。(今日現在)





息子が成人し、
自分の手が届かない世界(仕事)
を持つようになり、
知らない世界で暮らすんだなぁ…と
感じるようになりました。


けれど、
今だに仕事内容や悩みが無いかなどを
確認したり、支援センターの方と
連絡を取る必要があります。


まだ、手が離れたとは言えない。






娘はと言うと。

年齢的にまだ親の保護のもと暮らしていますが、
自分の道を切り開いていく力を感じます。






勉強についても
学校生活についても。

親として「~のほうが良いのでは?」
と言ったとしても、
「私は~と思うから」と進んでいく。






私は、去年の講演会で
我が子の人生のプロデュース力が必要
と言いました。


息子の場合は、
選ぶ学校、会社、通勤なども
ある程度口を挟まないと進まない。

目標として、
いつか自分が必要のない道を作りたい。



娘の場合は、
選択肢を広げる提案をして
あとは娘が思うように生きていける
応援が必要みたいです。





ふたりとも、
「自立と言う名の親の知らない道」
を歩いていけるように、
親としてするべき行動が違います。


見極めと、
手を放す勇気が必要なんだろうな…と
感じました。






 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
親の力をはぐくむ会infant
子育てに不安や疑問、周囲に分かってもらえないと
感じたことはないですか?

障害名が付く、付かないに関わらず、子供の生きにくさに気が付くことが出来ること。
今なにが必要かを考えること。分からないこと、出来ないことは助けを求めること。

それが子どもの育つ環境を整える力と考えます。
infantは、それを「親力(おやぢから)」と呼び、親力をつけることを目標にしています。

性別
年齢40代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
親の力をはぐくむ会infant
住所お茶会会場として、放課後等デイサービス十勝きずなの森さんをお借りしています
TEL090-6217-5529
 2019年7月

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
 2019年8月

123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
通常営業
7月お茶会の日 10:30~12:45
8月お茶会の日 10:30~12:45
 カウンター
2015-03-29から
112,680hit
今日:17
昨日:19


戻る