202025(水)

人事異動の季節に思う


2020年2月5日






人事異動の季節です。
我が病院も、例外なく異動の話が出ています。

そして私にも例外なく異動の話が降りかかりました。





病棟を変わるわけではなく、
同じ病棟内のチーム異動なんですが。

同じ病棟内なので、全員の方と関わるにしても、
担当させていただく方が変わるだけで仕事上は大きな変化です。

と、いうわけで、心機一転な春になりそう。





人間、
自分に降りかからないと、分からないことが多い。

異動に伴い、春から仕事に苦手な要素が強くなると分かり、
「働く」ということを、考えている次第です。







異動後は介護度が高くなるので、
体力を使うことが増えます。

そして、いわゆる精神の病より、
身体的な状況が中心となります。

もちろん、仕事として責任もって働きます。
勉強もします。

でも、運動が苦手で、身体的疾患に弱い私は不安です。







こうなってみて、息子のこと考えました。


苦手なことを根性で克服することは難しい息子。

中学・高校生の時に、
それをどこまで理解して仕事を選んだか。
ハッキリ言って、不十分だったと思います。


高校の先生もハローワークの方も支援機関の方も、
一緒になって考えて下ったので、
どうにか素敵な会社に入社が決まりました。

でも、親としては息子の得意と苦手の認識は甘かったです。
息子の努力と、会社の理解でどうにかなった感じ。

それはそれで、仕方のないこととは思います。






自分が苦手なことを目の前に動揺しているから、
息子のことも想像できているような。

私は根性で乗り越えていけるタイプだから、いいのだけど。



適応することが難しいのに、
仕事の中の苦手なことを、努力で乗り越えてきた息子は凄い。

と、心から思ったのでした。






 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
親の力をはぐくむ会infant
子育てに不安や疑問、周囲に分かってもらえないと
感じたことはないですか?

障害名が付く、付かないに関わらず、子供の生きにくさに気が付くことが出来ること。
今なにが必要かを考えること。分からないこと、出来ないことは助けを求めること。

それが子どもの育つ環境を整える力と考えます。
infantは、それを「親力(おやぢから)」と呼び、親力をつけることを目標にしています。

性別
年齢40代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
親の力をはぐくむ会infant
住所お茶会会場として、放課後等デイサービス十勝きずなの森さんをお借りしています
TEL090-6217-5529
 カウンター
2015-03-29から
142,138hit
今日:11
昨日:18


戻る