著書・講演会(38)


20171118(土)

士幌町 すずらんの家に行ってきました


士幌町 すずらんの家に行ってきました

2017年11月18日







昨日は、士幌町にある
士幌町障がい者支援の会
すずらんの家にお呼ばれしてきました。


画像



例によって、息子の成長の話をしてきたわけで。

最後は、みんなで記念写真も撮れて幸せでした。



画像








一通り話をさせていただいてから、
輪になって気楽な質疑応答コーナーとなり。

日ごろの学校での悩みや、
病院の受診について語りあいました。

距離感を近く感じて、
大きな講演会にはない良さを感じました。








そこで、更に嬉しいことがありました。

一人の方に、
「10年前くらいに新聞に載っていましたよね?」
と、話しかけていただきました。

主人と一緒に出ていたとのことなので、
これでしょうか?


画像


すでに新聞記事は無いので、
この写真は、ネット上の物ですが。

私、若~い。









「切り抜いて、こんな親になろうと思って
 持っていました」

と言って下さって、
嬉しすぎてジタバタしちゃいました。


主人と新聞に出たのは2つあるんですが、
ここに載せたのは12年前でした。

そんなに長い期間、
記事を捨てずにいてくれて、覚えていてくれて。







感動です。

12年後、こんな感じですけど…。







同時に、
人様の前で話すひと言ひと言を、もっと大切に。
責任感を感じていこうと
気持ちを新たにしました。







画像


で、講演の前には
カフェで食事しました。

ひとりの食事。大好きです。







素敵なご縁と、新たな決意。

ありがたや。



20171028(土)

北海道思春期研究会が終わりました


北海道思春期研究会が終わりました

2017年10月28日






北海道思春期研究会
「思春期の人と向き合う力を考える」
が終わりました。



手汗かきました~

だって、話すのが最後なんですもの。

ずっと、緊張していたんですもの。







婦人科医の立場から、慶愛病院の真井先生。

精神科医の立場から、むつみのクリニックの長沼先生。

障害者支援の立場から、きら星の丸山先生。

当事者の立場から、青年3人。

そして、親の立場から、私。







ガチガチに思春期の話だけではなく、
数十年前からの若者の性の話とか、
発達障害の基本的な知識とか、
そこをからめたコミュニケーションの話とか。

とても、豊富なお話が聞けました。








私が印象的だったのは、
いわゆる不登校の学生の中にいる
発達障害の人のこと。





最近は学校に行かないことを
問題として捉えるのではなく
本人の休憩期間などとして捉えるという
考え方がある。


けれども、
もし本人に必要な対応がされていなくて
学校にいけない場合、
どんな対応が必要かを分析出来ていないことに
気が付かずに「不登校も本人の権利」
と言うのは、間違っているということ。






確かにな~~~と。






私も、保護者の方とお話しする時に、
「気持ちを休める期間も必要ですよね」
なんて言っていたけれど、
本人が行きたいのに行けない状態じゃないかを
一緒に考えていかないと…と思いました。

反省。







他にも、高校の先生から
いまの高校生のお話などなど。

濃い講演会だったわ~。






あ、私はいつもの調子で息子のことを話しました。
告知や就職のお話し付き!

本当に、こんな機会を頂けてありがたい限り。

これからも、お役に立てるように精進いたします~。






人前で、話すのは楽しい。

好きなんだな。

けけけ。






そして、疲れた後の飯はうまい。

旦那の作る炒め物はうまいのだ~~~~

画像



20171022(日)

次の土曜日は、こちらへどうぞ


次の土曜日は、こちらへどうぞ

2017年10月22日








10月28日は、

「第36回北海道思春期研究会」
 (日本思春期学会北海道支部研究会)

にお呼ばれしてきます。






この豪華ラインナップ!!!


発達障害者支援道東地域センターきら星 センター長
丸山芳孝先生

とかちむつみのクリニック 院長
長沼睦雄先生

慶愛病院 院長
真井康博先生


が、講演されます。






2部構成なので、
後半は当事者の方がご自身のことを語り、
その後で私がお話しするわけです。


これって、演者ではなく、
聞きに行きたかった!!!と思えるほど、
魅力的な内容だと思っております。


最後に話すとなると、ず~っと緊張するんでね。






私は相変わらず、息子の成長のことを話しますが、
今回は新しいパワーポイントを作りました。



画像



今までは、息子の年齢に沿って成長を話しましたが、
今回は、成長の様子を10段階に分けて、
それが何歳くらいだったのか。

そして、その頃の親の心境はどうだったのかを
お話しします。






そして、
本人に告知したことについて、
今までよりも、少し詳しくお話しできると思います。

成長の過程で、どんな影響があったかということですね。






さて。

これだけ濃い内容を、
頂けたお時間の約25分間で表現できるか!!

駆け足にならず、内容が理解しやすいように。

今日は練習日でございます。

っつ~か、明日からは当日まで休みがない!!!!






はよ練習せ~~~い。

そろそろ始めま~~す。
けけけ。


当日緊張するんだろうなぁ。



20171018(水)

大樹町に行って来ました


大樹町に行って来ました

2017年10月18日




今日は、大樹中学校で講演をしてきました。

十勝特別支援教育振興協議会
南部方面研修会ということで、
中札内・上札内・更別・上更別・大樹・広尾・豊似の
先生方が集まってくださいました。



ありがたや-----。



いつもの通り、息子の誕生から就職までの話と、
各時代の先生方との関わりをお話ししました。

今日は50~60分と長めの時間を頂けたので、
3歳児検診で発達にチェックが入ったときに、
「初対面のお前らに何が分かる!」と
キレまくっていたお話も多めに入れてみました。





キレまくっていたんですけどね。

ほんとに先生にキレるわけにもいかず、
表面上は受け入れていたんですけどね。

っていう、当時の本音とかも話しましたよ。





その後で、何人かの先生ともお話しすることが出来て、
とても貴重なお時間でした。


これからも、少しずつ内容を手直しして
充実させながら頑張ります!



20171017(火)

明日は大樹町に行きます


明日は大樹町に行きます

2017年10月17日





(写真・モンゴルじゃないよ。十勝だよ)




明日は、大樹町に行きます。

十勝特別支援教育振興協議会
第3回南部方面研修会

にお呼ばれしまして、息子の話をしてきます。





大樹町方面の小学校・中学校の先生方へ
発達に課題のある子の成長のお話をさせていただくわけです。

ま、いつものように「我が家の一例」です。

託児所に始まり、保育園から高校まで。
先生方にどんなふうにお世話になってきたのか、
本人がどんなふうに頑張ったり、
葛藤してきたのかをお話しできたらいいな~と
思います。






さて。


話は変わりますが、今日胃カメラをしてきました。

Facebookの方で書いたら、
とっても心配して頂いて沢山コメントを頂きました。





数年前の夜勤で起こる腹痛が復活したので、
悪化する前に受診したら、
年齢的にも検査しときましょ~ってことで、
胃カメラと大腸カメラをすることになったのです。


で、今日は胃カメラ。

軽い胃炎と逆流性食道炎でした。
一応薬は出ましたが、心配はいらないそうです。

ご心配をおかけしました。





大丈夫です!

と言って、体調を悪くしてもいけないので、
気を付けながらいきますね。

大腸カメラは、予約がいっぱいで、
来年になりました。





まずは、もう寝よう。



<<
>>




 ABOUT
infant
子育てに不安や疑問、周囲に分かってもらえないと
感じたことはないですか?

障害名が付く、付かないに関わらず、子供の生きにくさに気が付くことが出来ること。
今なにが必要かを考えること。分からないこと、出来ないことは助けを求めること。

それが子どもの育つ環境を整える力と考えます。
infantは、それを「親力(おやぢから)」と呼び、親力をつけることを目標にしています。

性別
年齢40代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
infant
住所帯広市西20条南5丁目36-7 きぼう福祉センター (毎月第3金曜日 お茶会で使用)
TEL090-6217-5529
 2018年1月

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
通常営業
日にち変更!26日です!
お茶会の日 10:00~11:30
 カウンター
2015-03-29から
69,900hit
今日:57
昨日:172


戻る