中学、高校(45)


202025(水)

人事異動の季節に思う


2020年2月5日






人事異動の季節です。
我が病院も、例外なく異動の話が出ています。

そして私にも例外なく異動の話が降りかかりました。





病棟を変わるわけではなく、
同じ病棟内のチーム異動なんですが。

同じ病棟内なので、全員の方と関わるにしても、
担当させていただく方が変わるだけで仕事上は大きな変化です。

と、いうわけで、心機一転な春になりそう。





人間、
自分に降りかからないと、分からないことが多い。

異動に伴い、春から仕事に苦手な要素が強くなると分かり、
「働く」ということを、考えている次第です。







異動後は介護度が高くなるので、
体力を使うことが増えます。

そして、いわゆる精神の病より、
身体的な状況が中心となります。

もちろん、仕事として責任もって働きます。
勉強もします。

でも、運動が苦手で、身体的疾患に弱い私は不安です。







こうなってみて、息子のこと考えました。


苦手なことを根性で克服することは難しい息子。

中学・高校生の時に、
それをどこまで理解して仕事を選んだか。
ハッキリ言って、不十分だったと思います。


高校の先生もハローワークの方も支援機関の方も、
一緒になって考えて下ったので、
どうにか素敵な会社に入社が決まりました。

でも、親としては息子の得意と苦手の認識は甘かったです。
息子の努力と、会社の理解でどうにかなった感じ。

それはそれで、仕方のないこととは思います。






自分が苦手なことを目の前に動揺しているから、
息子のことも想像できているような。

私は根性で乗り越えていけるタイプだから、いいのだけど。



適応することが難しいのに、
仕事の中の苦手なことを、努力で乗り越えてきた息子は凄い。

と、心から思ったのでした。



202022(日)

息子の行動には裏付けがあった件


息子の行動には裏付けがあった件

2020年2月2日





先日、旦那さんが
「あいつのすることは、
 理にかなっているみたいだよ」
と言って、添付したイラストを見せてくれました。


なんとなくツボを調べていたら、いき着いたそうで。




わが家の息子さんは、
保育園の年中さんから自傷行為を始めました。

保育園で行事のある日とか
“いつもと違う日”に、頭を叩きます。

ケガをするほどではありませんでしたが、
明らかにストレスを感じている様子。





それが、
小学校中学年くらいで一度落ち着き、
中学校後半くらいからは
頭をかきむしったり、太ももを叩いたりするように。

どちらも、気持ちが表現できない時や
私や旦那から意見されたときに少しするくらい。

ま、お年頃の男の子だからね…。
と思っていました。





現在も、イラついた時にはすることがあります。

で、このイラスト。
何かの本の一ページのようです。




太ももを叩くのは、
イラつきを抑えるツボだったという事実。

凄いなぁ。無意識にそこを選んでいるなんて。
と、感心してしまいました。






いやいや。

自傷行為は、
ストレスのかかったときにすることなので、
速やかに原因を取り除きたいことですが。

息子が無意識のうちに
「落ち着くのに有効な手段」を選んでいたことに、
感心したわけです。





とはいえ、
我が子が自分で自分を痛めつけるのを見るのは、
本当に辛いものです。

もちろん、本人が一番つらい。

そこを、忘れてはいけませんね。



20191014(月)

一人暮らしへの道 ③


一人暮らしへの道 ③

2019年10月14日




息子の一人暮らしエピソード第3話。
就職・就労に関して、
一人暮らしの助けとなった内容です。




我が家では、
子供の頃から息子が興味を持ったことを
経験できるように育ててきました。

けれど、高校3年生の時に息子が言ったことには、
反対することに。

「障害を言わずに、一般の就職をしたい」
「障害者と言って、偏見を持たれたくない」





成長したな…と嬉しい気持ちもありましたが、
保護者としては現実を教える必要があると思いました。

半年にわたり話し合いを繰り返して、
「学生」と「社会人」の違いを伝え続けました。


将来の自立を考えると、
仕事を長く続ける必要があります。
そのためには、表面的な「普通」はいらない。

自分の実力に合わせて、助けていただきながら、
社会人になりなさいと。






今思えば、中学高校で「助けてもらえない」
という思いをしてきたのに
「助けられながら社会人になれ」というのは、
矛盾していたでしょう。

けれど、
そのことを聞いたのは就職した後だったので、
高校3年生の時点では知る由もなく説得していました。





本人にとって、辛い選択だったとは思いますが、
この時点で自覚を促せたのは、
将来につながったと思います。






就職は、
一般企業に障害者枠として採用していただきました。

入社すぐから支援センターのお世話になり、
その後の仕事内容の調整にも入っていただいています。

手先の不器用さから、苦手なことは変えて頂いたり、
体調不良でお休みすることもありました。

支援センターの研修会に行くために、
お休みを頂いたりもします。
会社には、感謝しかありません。






それでも、勤続5年目になった素晴らしさ。
本人にとっても、自信になったと思います。

そんなある日、
あることから一人暮らしの話が浮かびます。

続きは次回で。



20191013(日)

一人暮らしへの道 ②


一人暮らしへの道 ②

2019年10月13日





一人暮らしへのエピソード第2話。
中学・高校での対応です。



一般的に中学以降は、
それぞれに自立というテーマが
見え隠れするお年頃だと思います。

これも一般的に言えますが、
誰もかれも同じ自立を目指すわけじゃない。
その人それぞれに目指す形があるわけです。


発達障害を持っていれば、
その幅が広がるだけ…と考えます。





中学生になる頃の息子は、
毎日個別の声掛けがなくても
集団生活を送ることが出来るようになっていました。

そこで、中学では支援学級に在籍を残しつつも、
通級するかは本人の判断に任せました。
頼るところというイメージです。




担任の先生にも、
基本的には配慮はせず、困っていないか
見守ってほしいとお願いしました。

先生からは、大丈夫だと言われましたが、
定型発達ではない時点で
「大丈夫」と思うのは危険と思いました。

でも先生とのやり取りの中で、
現場の方が大丈夫と言う以上は
お任せするしかない…という流れでした。






高校でも、
同じように見守っていただきながら卒業しました。

卒業後は働くという目標があったので、
余計に順調なら手出しをせずに
本人の力に任せるという考えでした。






大人になった現在、これが良かった面もあり、
本人に辛い思いをさせた面もありました。

問題なく卒業したように思いましたが、
大人になってから
「辛くても助けてもらえなかったから、
他人に助けてもらうことは意味が無いと思う」
と言いました。






辛いことを発信する力が弱い息子。

なら尚更に、
大人からの声掛けが必要だったのです。

順調なら手出しをしないのではなくて、
頑張りすぎていないか確認していくことが必要だった。

母として、もっと先生に
「大丈夫に見えても大丈夫じゃない」と、
発信していけばよかったと反省しています。





でも、悪いことばかりでもない。
勉強や部活を投げ出さない強さは、
仕事を投げ出さない強さに繋がっています。

もっと、助けてもらいながら
続けても良かったんですけどね。



次回は、就職後のお話です。



20191012(土)

一人暮らしへの道 ①


一人暮らしへの道 ①

2019年10月12日





今回から息子が一人暮らしに至るまでのお話を書きます。


将来的に一人暮らしをさせたほうが良いよな…
と思ったのは、
息子が小学校高学年の頃だと思います。

自立に向けてのイメージを持ち始めたのだと思いますが、
ぼんやりした未来でした。

私の著書にも、こんな文章があります。





*********


息子が中学生くらいの頃、
自閉スペクトラム症の子を持つママ友と
お茶している時に将来の自立の話になりました。


どういう形で自立していくのか?

「障害年金を頂きつつ、
 わずかな収入でも働くことをしながら、
 障害年金で入れるグループホームかどこかに住む」

と言われ、何もプランの無かった私は、
具体的過ぎてポカーンとしてしまいました。



普通高校を目指しそうな息子は、
障害年金を頂けるのか?

もらえないなら、
自立できる給料を稼がないといけないのか?
そんなに働けるのか?



発達障害がある時点で無理なんじゃないかと、
とっても不安になったのです。

恐ろしく狭き門なんじゃないのかと、
本当に不安でした。


*********




この頃になると
重度の障害ではないと分かっていただけに、
むしろどんな将来が待っているのか分からず
不安でした。




私の父は、私が21歳の時に亡くなりました。
舅と姑も、私が20代後半から
30代前半で亡くなっています。


親は死ぬんだと肌で感じていただけに、
息子にも「いつかは一人で暮らすんだよ」
と話していました。


なので息子も、中学生の時から
「一人暮らししてみたい」と話すようになりました。




次回は、自立に向けて、中学・高校での対応をお話します。



<<
>>




 ABOUT
親の力をはぐくむ会infant
子育てに不安や疑問、周囲に分かってもらえないと
感じたことはないですか?

障害名が付く、付かないに関わらず、子供の生きにくさに気が付くことが出来ること。
今なにが必要かを考えること。分からないこと、出来ないことは助けを求めること。

それが子どもの育つ環境を整える力と考えます。
infantは、それを「親力(おやぢから)」と呼び、親力をつけることを目標にしています。

性別
年齢40代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
親の力をはぐくむ会infant
住所お茶会会場として、放課後等デイサービス十勝きずなの森さんをお借りしています
TEL090-6217-5529
 2020年2月

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
 2020年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
通常営業
2月 お茶会の日
3月のお茶会はお休みです
 カウンター
2015-03-29から
131,843hit
今日:15
昨日:176


戻る