自分のこと(59)


201788(火)

興味=やる気


興味=やる気

2017年8月8日





ここ数日、更新しておりませんでした。

なんとなく書くことが思いつかず。
ブログに手が伸びず、
自分の「やりたい!」と思うことを調べたりしていました。






そんな自分を見つめなおすと、
やはり興味があることには、やる気が増すな・・・
と、単純なことに気が付きました。

もちろん、infantの活動は
やりたいことそのものですが、
ふと、文章から遠ざかることもあるなと。







私は、学生時代あまり成績の良い人ではありませんでした。

なのに学級委員とか生徒会をしていたので、
成績が良い人に見られがち。

赤点を取って補習授業に行くと、
みんなに驚かれたものです。






ところが、
准看護師を目指して大人になってから
学校に入ってみたら、
自分で言うのもなんですが、
とても成績が良かったのです。

仕事をしていたので、
赤点を取って補習のテストを受けろと言われても
仕事を休むわけにいかず、
イコール赤点を取るわけにいかなかった・・
ってだけなんですが。






じゃぁ、
なんで若い頃は成績が悪かったんでしょうね。

それは、
勉強したいと思わなかったからです。






親が離婚して再婚するというのは
よくあることですが、
家の中で音を立てることにも
気を使っているくらいだったので、
家にいたくなかったんですよ。

それに、
毎日とっても疲れていました。






いやいや、
今も疲れてるけど。

それは、年のせい。はふ~。






中学生の頃、
勉強に興味を持ったり、
自分から入りたい高校のイメージを持てたら、
少しは成績にも反映していたのかな。





とも思うけど、
単に面倒だっただけかな。






自分が母親になって子供たちを見ていると、
興味をもって取り組むときのパワーに
驚かされます。

なので、親として
物事に興味を持つ気持ちの余裕を
与えたいと思っています。






ただ、家に帰ることや、
食事をすることに、
いらない遠慮や緊張感を持たせたくないのです。






さて。
夏休み。

娘の描いている絵が少しずつ出来上がっていくのが
とても楽しみです。



2017730(日)

感謝を実感できた幸せ


感謝を実感できた幸せ

2017年7月30日





昨日は、充実しすぎてあっという間でした。

でも、自分の実力的には
健闘したぞ!!って言えるくらいの
ことが出来たと思いました。






もちろん反省するところも多く、
まだまだ改善しないといけません。

分かりにくかったところや、
伝えきれなかったところも沢山あり。


参加費を収めてくださった方へ、
それだけの充実感を提供できたかは
課題を残していると思います。






でも、それもこれも、
頑張れたからこそ感じたことです。






そして、
昨日はつくづく
「自分一人では何も実現できないんだ」
という気持ちを、
眼に見える形で実感した日でした。






今回の内容は、
自分一人では伝えきれないので、
一緒に登壇して下さる方がいてくれたこと。

準備期間では、仕事の時間をさいて
何回も打ち合わせをして下さいました。

当日は、人前で話すにあたり緊張もあったでしょう。
でも、私では話せないことをたくさん教えていただきました。

それは、一緒に話しくれたママ友も同じで、
いろんなパターンの子育てを語ることが出来ました。




そして本番では、
友達のみんなが午前中から準備をしてくれました。
みんな仕事の休みをさいて、手伝ってくれたんです。


私が壇上で話している間も、
受け付けが続いていたり、
飲み物を勧めたり、
お子さんへ声をかけたり、
講演会がスムーズに進むように
動いてくれていました。

壇上から、とっても良く見えました。







そして、
何より「行こう」と思って
実際に会場に来てくださった方が
目の前にたくさんいることに感動していました。

みなさんうなずいたり、笑ったり、
メモを取りながら聞いてくれました。

初めてお会いする方が
多かったように思いますが、
本当に興味を持って頂けて嬉しかったです。

行きたかったけど、行けないとメールをくださった
方もいました。






そんな様子を壇上から目の当たりに出来る幸せで
一杯の一日でした。

私が
「これをやりたい!」
と言ったことは、
これだけの方たちの協力で成り立つのだと、
つくづく感じました。

自分だけで成功した・・・
みたいに思ってはいけないです。






さて。

大きな感謝はもうひとつ。

画像


今日は、家族で打ち上げの食べ放題へ行きました。





息子と私のボーナスが出ると、
ふたりで力を合わせて、
日ごろ家庭を守ってくれている主人と、
学校を頑張っている娘に
感謝の外食をご馳走します。

今回は、
講演会の打ち上げも含めていました。






息子が、自分の肉を取ってきても
食べ始めようとしないので
どうしたのかと聞くと、
「打ち上げだから、乾杯するかと思って」
と、全員揃うのを待っていました。



凄いじゃないか!

空気読んでるじゃないか!!

と、母ちゃん感動。







電子書籍を発売するにしても、
講演会をするにしても、
家族の理解と協力があってこそです。

当日まではもちろんのこと、
当日の会場作りは主人と息子が活躍。

受付は、娘が手伝ってくれました。






崩壊した家庭で育った私にとっては、
そろって食事するだけでもミラクルなのに。

こんなに協力してもらえるなんて、感動です。

ここまでには、
なが~い歴史があるんですけどね。





ともかく、
感謝とはどういう気持ちなのかを
確認することが出来ました。


とても、幸せです。



2017717(月)

2人目も障害があったら・・・


2人目も障害があったら・・・

2017年7月17日




やっと涼しくなりましたね。

身体が慣れていないので、
寒く感じるくらいです。




今日は、
2人目の子供にも障害があったらどうしよう…
と思う気持ちについてです。







わが家は、
初めての子が自閉スペクトラム症だったわけですが、
それに気が付く前から溺愛していたので、
「2人目はいらない!」
と宣言していました。


息子さえいれば、
何もいらないと本気で思っていました。






で、サークルを初めてたびたび、
「2人目を産むのは怖くなかったですか?」
と聞かれます。

ようは、次も発達に何かしらあったら…
と思いませんでした?

ということだと思うのです。







私は、たしか息子が年長組くらいのときに
2人目がいてもいいね~という話になったのですが、
次もスペクトラム系でもいいか!と思っていました。

ひとり経験したから、どうにかなるか!
みたいな。






が、

先日久しぶりにあった友達が言うには、
娘も障害があったらどうしようと、
気にしていたというのです。

そう???

と思いましたが、
自覚していなかったのかもしれないと思いました。






2人目も男子だったとして、
夫も含めて大中小でボケボケトリオなら
面白いな~~と思っていたのですが、
女の子だったのでね。

初めてのパターンに動揺していたのかも。


思い返してみると、
「娘は違うっぽい」
と、何度も言ったことがあります。







ってことは、
やはり不安なのかもしれません。


でもね。

自閉スペクトラム症だったとしても、
大丈夫ですけどね。

お母ちゃんは図太くなったので。






これから妊娠を考えている方は、
不安に思うかもしれません。

私は、息子が産まれてすぐに
障害がないと思っていた時期から
一人っ子にすると宣言していました。


兄弟がいる良さもあるけど、
ひとりの良さもあるからです。







なので、
ぜひ産んだ方がいいとも言わないし、
産まないほうが良いとも言いません。

保護者の気持ちや環境によるからね。





ますます悩ませたらごめんなさいね。
でも、自分達で腹をくくるしかないからね。

と、思いますよ。



2017712(水)

欅坂と猪木とマザーテレサ


欅坂と猪木とマザーテレサ

2017年7月12日





ここのところ、
娘の世代では欅坂46や乃木坂46が流行っているようで。

流行しているものに興味がない娘ですが、
このふたつは特別なようで。





私からすると、
娘の年齢から息子の年齢までの子たちが
踊ったり歌ったりしているわけで。

最初は、ふ~ん。。。
と思って聞いていたのですが。


最近になって、
欅坂の歌詞に影響を受けております。






そこで今日は、
自分が大切にしている言葉を紹介します。









まずは、
自分の活動の全ての基本になっている言葉。

信念をもって続けているはずが、
気持ちが揺らいだ時には
この言葉を読みます。









マザーテレサの言葉。



人は不合理、
非論理、利己的です。

気にすることなく、
人を愛しなさい。

あなたが善を行うと、
利己的な目的でそれをした
と言われるでしょう。

気にすることなく、
善を行いなさい。

目的を達しようとするとき、
邪魔立てする人に
出会うことでしょう。

気にすることなく、
やり遂げなさい。

善い行いをしても、
おそらく次の日には
忘れられるでしょう

気にすることなく、
善を行い続けなさい。

あなたの正直さと
誠実さとが、
あなたを傷つけるでしょう

気にすることなく
正直で誠実であり続けなさい。

助けた相手から
恩知らずの仕打ちを
受けるでしょう。

気にすることなく、
助け続けなさい。

あなたの中の最良のものを
世に与え続けなさい。
けり返されるかもしれません。

気にすることなく、
最良のものを与え続けなさい。

気にすることなく、
最良のものを与え続けなさい…。






自分のしていることに、
自信を無くしたとき。

特に、自分が目立ちたいだけなのかな、
とか、
求められていないんじゃないか
とか
不安になったときに救われます。










そして、
講演会の準備を進めたり、
息子の就職など、
前例がないことをするとき、
自信を失いそうなときには、この言葉。




アントニオ猪木の…。


この道を行けばどうなるものか、
危ぶむなかれ。
危ぶめば道は無し。
踏み出せばその一足が道となり、
その一足が道となる。
迷わず行けよ。
行けばわかるさ。







そして、
最近では娘が聞いている
欅坂の歌詞にも影響を受けています。


自分の思う道を行け
とか、
発言する勇気を持て
とか、
夢に向かって生きろ

みたいなメッセージがとても多いのです。






月末の講演会が近づくほど、

本当にこの内容で良かったのか?
無事に進められるだろうか?

と不安になります。


人がたくさん来ることが目的ではないにしても
やはり、誰も来なかったらどうしよう。

と不安になります。






そんな時に、
そもそも私のしていることの目的や
大切にしていることを振り返り、
自分の利益を目的にしないことを
確認しています。








迷わず行けよ。
行けばわかるさ!!!


迷わず行くぞ!!!!!



2017616(金)

見栄に負け。反省。


見栄に負け。反省。

2017年6月16日





ここのところ、
なんだか本来の自分を見失っていたと
気が付きました。


自分の書いた電子書籍を
勝毎さんに大きく取り上げていただき、
同時に7/29の講演会の準備を進める日々。






去年の講演会は、
会場に入れないくらいの方に
来ていただきました。

お子さんを連れた方が、
満杯の会場に入るのを諦めて
何人も帰っていったと聞いて、
今年はとても大きな会場にしました。


それは、人込みが苦手な子供を持つ
大変さが分かっているのに、
大きな会場を用意しなかったことへの反省です。






会場の半分は、子供が走り回るスペースを
確保するためなんです。

それなのに、いつからか、
会場にたくさん人を呼びたいという気持ちが
自分の中で優位に立っていました。

口では、
「子供が自由に過ごせて、保護者の方が
気楽に聞けるように」と言いながら。






当日は、市役所の方にご登壇いただきます。

内容を具体的に考えるほど、
参加人数が少ないのでは申し訳ないと思うようになりました。






いや、それより、
ガラガラの会場では、
自分が恥ずかしいと思う気持ちに負けていました。






私がしている活動の目的は、
保護者が親としての力をつけて、
周りに助けていただきながら、
子育てすることです。


一度にたくさんの人を集めて、
派手に優越感を感じることではないのに。






今回の講演会は、
療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・
福祉サービス受給者証について、
日ごろの疑問を気軽に聞く機会を設けるものです。

たくさんの方に興味を持っていただくのは、
難しいのかもしれません。





でも、
たとえ会場に一人しか人が来なくても、
その人が子供の育ちのために
「来てよかった」と思えることが
出来ればいいのだと、思い直すことが出来ました。





自分の見栄や優越感に負けてはいけない。

自分に、
必要のないプレッシャーをかけなくていいんだ。

本当に必要なことだと思って活動しているのだから、
素直に続ければいいのだと。





これまで助けてくれた仲間や、
お茶会に来てくれた仲間の顔を思い出して、
反省しました。







初心に帰ろう。






これからは、
講演会の宣伝活動に入りますが、
この気持ちを忘れずにいきます。



<<
>>




 ABOUT
infant
子育てに不安や疑問、周囲に分かってもらえないと
感じたことはないですか?

障害名が付く、付かないに関わらず、子どもの生きにくさに気が付くことが出来ること。
今なにが必要かを考えること。分からないこと、出来ないことは助けを求めること。

それが子どもの育つ環境を整える力と考えます。
infantは、それを「親力(おやぢから)」と呼び、親力をつけることを目標にしています。

性別
年齢40代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
infant(子育てサークル)
住所帯広市西20条南5丁目36-7 きぼう福祉センター (毎月第3金曜日 お茶会で使用)
TEL090-6217-5529
 2017年8月

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
 2017年9月

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
通常営業
8月お茶会の日 10:00~11:30
9月お茶会の日 10:00~11:30
 カウンター
2015-03-29から
57,446hit
今日:5
昨日:30


戻る