自分のこと(53)


2017514(日)

母の日を忘れており


母の日を忘れており

2017年5月14日





今日仕事から帰ってくると、
とっくに夕食を食べ終わっている時間なのに、
これから食べますよ的な空気。





???
いつもは18:30には食べるのに。





母の日だから待っていてくれたそうで。

きゃ~~~。

ありがとう!!!





娘はケーキまで焼いていてくれました。
とっても、美味しかったです。





残業してきてごめんね。

結婚記念日も忘れるけど、
母の日も忘れるらしい。



201757(日)

電子書籍の目次はこんな感じです


2017年5月7日





本日も引きこもって原稿を書いておりました。

いまは、書き足すというより、
編集担当の旦那から指摘が入った所とか、
読み直して納得いかない所を変えたりしています。





読み返すほどに思い出すことがあり、
親子でよく頑張ってきたと思います。




言葉が出る、出ない以前の問題で、
そもそも世の中に喜怒哀楽があることを
知らなかった息子。

それを知ったときには
とてもショックでしたが、

「かなしいね~」
「たのしいね~」

と、息子と一緒に私も喜怒哀楽を学びました。






本の中では、
文章を書くための関わりを多く書きました。

息子と何年もかけて作文が書けるところまで
たどり着いたのです。

旦那が、算数の概念を教えることも書かれています。
これもまたコツコツと積み重ねる戦いでした。






こだわりのことも、ママ友のことも。
産まれた瞬間から就職するまでの
20年間を語りました。

完成を楽しみにしていただけると嬉しいです。





まだ最終決定ではないですが、
こんな目次になりそうです。





1.全体的な育ち

2.こだわりについて

3.療育へつながる

4.小学校に向けて

5.ママたちとの関わり

6.言葉・算数を教える

7.文章を教える

8.告知することとは

9.自立を考える時期

10.就職までの道






それぞれに、5つくらいのお話が入っているので、
なかなかの量なんでしょうか。

そもそも電子書籍というもの自体が初めてなので。


古いもので、17年くらい前の文章から
最近書いたものまでまとめています。
この1年じわじわと書いてきたので、ワクワクです。






表紙も出来たらお見せしますね。



2017426(水)

NHKあさイチ 見ましたか?


2017年4月26日





いま、NHKのあさイチを見ています。

養子縁組についてです。





私は、実子を産んでいるので
気持ちが分かるなんて言ったら失礼だと思います。


でも。
あまり内容は一致しないかもしれないけど、
父が再婚した2人目の母と私は、
養子縁組をしていないと聞かされたことがあります。







父は、再婚した母の老後の面倒が私の負担にならないために
養子縁組しなかったと言っていたようですが、
(もう亡くなっているので)
そこに関しては、籍が入っていないからといって
関係ないとは言えない感じです。

籍はどうであれ、
親子となった以上は、子供が親の老後を考えることには
変わりはないのだと思っています。







さて、
ちょっと話がずれましたが。

発達障害をもつ子供を育てている
私の立場からすると、
そんな子供にも素敵な保護者が見つかることを願っています。







産まれてから時間が経って分かる障害なので、
引き取ってから分かっても寄り添ってほしい。
と、思います。

けど、それがどれだけ難しいことか・・・
とも思います。






テレビで子供の映像が映ると、会いたくなります。

自閉症スペクトラムを持つ子を育てた経験があれば、
なにかお役に立てないかと思いました。

現時点では、このサークルくらいですが。






もし、これを読んでいる方で、
引き取ったお子さんが自閉症スペクトラムだと
分かったとしたら。

そして、育てる過程で迷うことがあれば
私で良ければご連絡ください。






実際に、養子縁組を考え、行動している方に
敬意を表します。



2017331(金)

奨学金が・・・


2017年3月31日





年度末ですなぁ。

私にとっては、ちょっと特別感のある年度末。





7年前、准看護師を目指して入学した学校で、
奨学金をお借りしました。
(修学金みたいだけど同じようなものらしい)






そして、2年後に准看護師となり、
今日で丸5年。

返済の義務期間を終えました。
ようは、返さなくていいよとなったんです。






もっと感動的かな?とか
もっとキラキラした感じかな?とか
(同じじゃねぇかってな)
思いましたが。


フツーに勤務を終えて帰ってきました。

あ、家族からお疲れ様でしたメールをもらったのと
ご褒美のアイスは食べました。







でも、人さまからお金を借りて、
返さなくていいよってところまで働けたんだから
ちょっと自分を褒めてもいいかなって思います。






私にとってサークルの活動や
文章を書くことは楽しいことで、
もっともっと時間を使いたいと思っています。

けど、仕事に時間と体力を奪われて、
思うように出来ないのがストレスです。






が、

まず、生活が基盤にあって、
その上に楽しいことがあるのよね。





でも、

よく仕事場の方に「頑張り過ぎないでね」
と声をかけていただけます。

とても有り難いこと。
そんな優しい声掛けをして頂ける環境に感謝です。







私の課題はバランス。

サークルや文章書きに暴走してもダメだけど、
明日出来ることを明日に回す勇気を持つこと。

私にとっては、勇気なんですわ。







お茶会ではよく言ってますが、
基本的に私は完璧主義者。

プライドが高くて、嫌われるのが怖い人。

集団でいるのが苦手なくせに、
集団の中でどう思われている気にしてしまう。






その自分を許したりコントロールしながら、
仕事も楽しいことも継続したいと思います。







私って、疲れちゃうと考えが偏るからなぁ。

とてもキラキラしてていい日のはずなのに、
いまいちな感じなのは、疲れてるからだわね。






もっと気楽に楽しいことしようっと。

まずは・・・・。





寝よう。

楽し~~~~~。



201735(日)

風の谷のナウシカ読破


2017年3月5日






昨日、風の谷のナウシカの原作を読破しました。



おいおい。
久しぶりの投稿で何を言ってるんだと思ってます?

すんませんなぁ。







ここのところ、
私の体力的にはきびしいシフトでした。

いつも疲れていると言えば疲れていますが、
疲れの向こう側に行った感じ。

だる~~~~んって感じ。





やっと休みになって
好きなだけ寝たら12時間たっていました。

寝たいだけ寝れるのも、
主夫しててくれる旦那のおかげなんだけどさ。








で、起きたのはいいけど、
文章を書く気持ちの余裕もなく
かといって何かしたい気持ちはあり。


「そうだ!ナウシカ読もう!」って思いまして。


むかし何回も映画を見に行くほど好きだったんだと
話していたら、仕事場の友人が原作を貸してくれたのです。







原作って、マンガだったのね。






読み始めたら、小説のように重たい内容で。
疲れてる体では厳しいかな~と思いつつ、
2巻に入ったころには手放せない程のめり込んでいました。

映画が公開されたのは、33年前。






11歳の私は、内容というより
宮崎駿の描く色数の多さに感動していました。

その後に美大を目指すことになるのですが、
「色を混ぜると、こんな色が出来るんだ」という驚きと、
そして、平面に立体を描く技術にも影響を受けたと思います。







ま、美大は落ちたんだけどさ。







でも、大人になって、
ナウシカの話の奥深さに感動したりして。

そして、また絵を描きたくなりました。






さて。
少しづつ、本来の自分を取り戻そう。

疲れたときは、昔に戻るのもいいかもしれません。



<<
>>




 ABOUT
infant
子育てに不安や疑問、周囲に分かってもらえないと
感じたことはないですか?

障害名が付く、付かないに関わらず、子どもの生きにくさに気が付くことが出来ること。
今なにが必要かを考えること。分からないこと、出来ないことは助けを求めること。

それが子どもの育つ環境を整える力と考えます。
infantは、それを「親力(おやぢから)」と呼び、親力をつけることを目標にしています。

性別
年齢40代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
子育てサークルinfant
住所帯広市西20条南5丁目36-7 きぼう福祉センター (毎月第3金曜日 お茶会で使用)
TEL090-6217-5529
 2017年5月

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
 2017年6月

123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
通常営業
お茶会の日 10:00~11:30
 カウンター
2015-03-29から
48,331hit
今日:21
昨日:37


戻る