自分のこと(55)


2017616(金)

見栄に負け。反省。


見栄に負け。反省。

2017年6月16日





ここのところ、
なんだか本来の自分を見失っていたと
気が付きました。


自分の書いた電子書籍を
勝毎さんに大きく取り上げていただき、
同時に7/29の講演会の準備を進める日々。






去年の講演会は、
会場に入れないくらいの方に
来ていただきました。

お子さんを連れた方が、
満杯の会場に入るのを諦めて
何人も帰っていったと聞いて、
今年はとても大きな会場にしました。


それは、人込みが苦手な子供を持つ
大変さが分かっているのに、
大きな会場を用意しなかったことへの反省です。






会場の半分は、子供が走り回るスペースを
確保するためなんです。

それなのに、いつからか、
会場にたくさん人を呼びたいという気持ちが
自分の中で優位に立っていました。

口では、
「子供が自由に過ごせて、保護者の方が
気楽に聞けるように」と言いながら。






当日は、市役所の方にご登壇いただきます。

内容を具体的に考えるほど、
参加人数が少ないのでは申し訳ないと思うようになりました。






いや、それより、
ガラガラの会場では、
自分が恥ずかしいと思う気持ちに負けていました。






私がしている活動の目的は、
保護者が親としての力をつけて、
周りに助けていただきながら、
子育てすることです。


一度にたくさんの人を集めて、
派手に優越感を感じることではないのに。






今回の講演会は、
療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・
福祉サービス受給者証について、
日ごろの疑問を気軽に聞く機会を設けるものです。

たくさんの方に興味を持っていただくのは、
難しいのかもしれません。





でも、
たとえ会場に一人しか人が来なくても、
その人が子供の育ちのために
「来てよかった」と思えることが
出来ればいいのだと、思い直すことが出来ました。





自分の見栄や優越感に負けてはいけない。

自分に、
必要のないプレッシャーをかけなくていいんだ。

本当に必要なことだと思って活動しているのだから、
素直に続ければいいのだと。





これまで助けてくれた仲間や、
お茶会に来てくれた仲間の顔を思い出して、
反省しました。







初心に帰ろう。






これからは、
講演会の宣伝活動に入りますが、
この気持ちを忘れずにいきます。



201764(日)

はっきりしたぜぇぇぇぇぇ~~~~


2017年6月4日




運動会は、火曜日に順延になりました~~

今朝まではっきりしなかったので、
まさか火曜とは思わなかった。。。




でも、晴れてコンディションも良い方が
子供にはいいだろうしね。




さて、
昼ご飯はオードブルだよぉぉぉぉ!!



201763(土)

はっきりしてくれぇぇぇ


2017年6月3日




明日!
運動会するの???

順延になるの????




はっきりして~~~~~




オードブルがキャンセル出来ないよ~




雨が降ったり止んだ~り。

雨が降ったり止んだ~り。

たまにちょこっと晴れてみた~り。





いい加減にせ~~~~~!!!




大真面目に本のことを書いた次がこれかよ?
って感じだけどさ。

重要なんだよぉ。

子供も、大人も落ち着かないんだよぉ。。。。



2017514(日)

母の日を忘れており


母の日を忘れており

2017年5月14日





今日仕事から帰ってくると、
とっくに夕食を食べ終わっている時間なのに、
これから食べますよ的な空気。





???
いつもは18:30には食べるのに。





母の日だから待っていてくれたそうで。

きゃ~~~。

ありがとう!!!





娘はケーキまで焼いていてくれました。
とっても、美味しかったです。





残業してきてごめんね。

結婚記念日も忘れるけど、
母の日も忘れるらしい。



2017426(水)

NHKあさイチ 見ましたか?


2017年4月26日





いま、NHKのあさイチを見ています。

養子縁組についてです。





私は、実子を産んでいるので
気持ちが分かるなんて言ったら失礼だと思います。


でも。
あまり内容は一致しないかもしれないけど、
父が再婚した2人目の母と私は、
養子縁組をしていないと聞かされたことがあります。







父は、再婚した母の老後の面倒が私の負担にならないために
養子縁組しなかったと言っていたようですが、
(もう亡くなっているので)
そこに関しては、籍が入っていないからといって
関係ないとは言えない感じです。

籍はどうであれ、
親子となった以上は、子供が親の老後を考えることには
変わりはないのだと思っています。







さて、
ちょっと話がずれましたが。

発達障害をもつ子供を育てている
私の立場からすると、
そんな子供にも素敵な保護者が見つかることを願っています。







産まれてから時間が経って分かる障害なので、
引き取ってから分かっても寄り添ってほしい。
と、思います。

けど、それがどれだけ難しいことか・・・
とも思います。






テレビで子供の映像が映ると、会いたくなります。

自閉症スペクトラムを持つ子を育てた経験があれば、
なにかお役に立てないかと思いました。

現時点では、このサークルくらいですが。






もし、これを読んでいる方で、
引き取ったお子さんが自閉症スペクトラムだと
分かったとしたら。

そして、育てる過程で迷うことがあれば
私で良ければご連絡ください。






実際に、養子縁組を考え、行動している方に
敬意を表します。



<<
>>




 ABOUT
infant
子育てに不安や疑問、周囲に分かってもらえないと
感じたことはないですか?

障害名が付く、付かないに関わらず、子どもの生きにくさに気が付くことが出来ること。
今なにが必要かを考えること。分からないこと、出来ないことは助けを求めること。

それが子どもの育つ環境を整える力と考えます。
infantは、それを「親力(おやぢから)」と呼び、親力をつけることを目標にしています。

性別
年齢40代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
子育てサークルinfant
住所帯広市西20条南5丁目36-7 きぼう福祉センター (毎月第3金曜日 お茶会で使用)
TEL090-6217-5529
 2017年6月

123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
 2017年7月

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
通常営業
6/16お茶会の日 10:00~11:30
7月は、お茶会中止です
7/29講演会 13:00~とかちプラザ
 カウンター
2015-03-29から
53,041hit
今日:170
昨日:124


戻る