201851(火)

息子がこわし、先生が直す。そして母焦る。


息子がこわし、先生が直す。そして母焦る。

2018年5月1日





自閉スペクトラム症のお子様たちは、
物を並べるのが好きだと言われますよね。

うちの子も好きでした。

きっちりかっちりとまではいかないけどね。
(どちらかと言えば、本棚の本をぶちまける方が好き)






保育園年少の頃のことです。

~式や、発表会など
「普段と違う時」は、
保育園で一番に行くようにしていました。


普段と違う感じでパニックになるので、
園児が誰もいなくて静かなうちに行きました。






発表会の時、
ホールの舞台に向かって、
ゆるいアーチ状に園児の椅子が並んでいます。

そこに、一番に登園した息子。

子供が誰もいないし、
先生は声をかけてくれるし、ウキウキ。





ただし!!!

そこには、直すべきものが大量に並んでいる!!!





先生がきれいに並べたアーチ状の椅子を、
きっちり直線に並べ直し始めます!!!!

本人は、お手伝いをしているつもりなので、
にこにこしています。


先生は、
「お手伝い、ありがとうね~」
と言いつつ、アーチ状に戻す。





息子こわす➝先生直す➝息子こわす➝先生直す∞





それを、謝りながら右往左往する私。

先生。
仕事増やしてごめんね。






22歳になった彼は、
もう直線にはこだわらないけど、
コロコロクリーナーはきっちり何回もかける。

あんま関係ないか。



2018429(日)

自立を語り合う


自立を語り合う

2018年4月29日
(写真はフリー素材です)





GWですね。
今日はお休みなので、のんびりしています。



infantの活動で話している息子の成長は、
本人に話していいと許可をもらった内容です。

ようは、リアルタイムで悩んでいることは控えています。
誰だって、悩みのさなかのことは公表されたくないですよね。





なので、ふんわりとしか書けないのですが、
先日息子と、自立について語ってきました。



居酒屋で。

酒も飲めない2人組で。

ぷぷぷ。。





息子には、小学4年生の時に障害を告知しました。
そこからは、すべてオープンに話しています。


就職して丸3年経って、4年目。
22歳。
自分の実力の無さにイラつくことがあります。

息子なりに頑張れています。

会社の方はとても良くしてくださっています。






それでも、
親から自立したい、一人前に働きたい
という思いと、
配慮されないと動けない自分に悩みも出てきました。


私としては、いろいろ大変でも
大きな成長だと感じています。

ここを通らないと、大人にはなれないと思うから。






そこで、居酒屋で語り合ったわけです。


家を出て一人暮らしがしたい。

自分のやりかたで問題を解決してみたい。


そう語る息子は、頼もしく見えました。






けれど、定型発達の方のように
とりあえず経験してこい!!
と家を出すわけにはいかない。

親として、自分が動けるうちに
息子なりの自立が出来るように
ベースを作る必要がある。


息子自身も、
自分が出来ることと、力の限界を知る必要がある。
ようは、親がいなくても「他者に助けてもらう」
ことが出来るようにならないと辛い。






あなたなりの自立にむけて応援するよ。

と話ながら、ウーロン茶で乾杯しました。



2018422(日)

シソクケイサンって何?


シソクケイサンって何?

2018年4月22日





最近、真面目なネタが多かったので。
今日はゆるくいきましょう。




さっき娘が
「学校でしそくけいさんしてさ…」
と話していたので、

「シソクケイサンって何?」
と言ったら、

「はい?」
と娘が目を丸くして、
「お父さん…」
と父に助けを求められまして。

旦那にも
「こわっっ」
と言われまして。






シソクケイサン=四則計算

+-×÷

の基本的な計算方法を総称した言い方
なんだそうで。





・・・常識なんですね。





いや、私に常識を求めてはいけません。

だって、私ですもの。

四国に何県があるのかも、
何十回聞いても覚えられない。

っていううか、覚える気がない。






と、ここまで書いて、
「覚える気がないって、
四国の人が読んでたらどうするの?」
と言われました。


四国の人、ごめんなさい。

私は学生の時から地理が苦手。
ただ暗記するだけで、面白くない。


ちなみに娘は暗記ものが大好き。






あ、
長崎があんなに端っこにあるのも、
最近驚いたしだいです。


北方領土も最近娘から習いました。






以上、
地理が苦手自慢

and

私に常識を求めてはいけない
という話でした。



2018420(金)

4月のお茶会が終わりました


4月のお茶会が終わりました

2018年4月20日






今日は、4月のお茶会でした。

7名も参加がありました。
ありがとうございます。

初めてさんも、2名来てくれました。
嬉しい!!!


画像
(これにお茶が付きますよ)



今日は、下は小学1年生から、上は20代後半の
子供を持つ保護者の方が集まってくれまして。




入学する学級を選ぶ大変さもあり。

入学式に参加する大変さもあり。

新学期独特の忙しさの大変さもあり。

そして、大人になって手が届かないけど
一人では心配な我が子への大変さもあり。






自閉傾向が濃いから大変で、
薄いから楽なわけでもなく。

知的の遅れがあるから大変で、
知的に高いから楽なわけでもなく。

また、その逆もしかりです。



誰が楽で、誰が大変なんて、
決められるわけではないのだと、
あらためて思った次第です。





「ここなら、誤解されずに話せる」
と言って下さった方の言葉に、
全員がうなづいてくれたのが、本当に嬉しかったです。


また、ゆっくり話しましょう。
来月もお待ちしています。



2018419(木)

明日はお茶会です


2018年4月19日




明日は、
親の力をはぐくむ会infant
になってから、初めてのお茶会です。


時間や場所が変更になっています。
お気を付け下さいね。

誰でも予約なしに、ふらっと来れることに
変更はございません。





場所
ロゴスホーム帯広エルミナ

時間
10:30~12:00

参加費
300円(お茶・お菓子付き)


詳しくは、ホームページをご覧ください。
右側に、リンクがあります。





お待ちしています~~~



<<
>>




 ABOUT
親の力をはぐくむ会infant
子育てに不安や疑問、周囲に分かってもらえないと
感じたことはないですか?

障害名が付く、付かないに関わらず、子供の生きにくさに気が付くことが出来ること。
今なにが必要かを考えること。分からないこと、出来ないことは助けを求めること。

それが子どもの育つ環境を整える力と考えます。
infantは、それを「親力(おやぢから)」と呼び、親力をつけることを目標にしています。

性別
年齢40代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
親の力をはぐくむ会infant
住所帯広市東3条南13丁目2-1 ロゴスホーム帯広エルミナ(お茶会会場として) 
TEL090-6217-5529
 2018年5月

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
 2018年6月

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
通常営業
5月お茶会 10:30~12:00
6月お茶会 10:30~12:00
 カウンター
2015-03-29から
80,001hit
今日:5
昨日:30


戻る