201927(木)

プラスの発信に生きる時間を使う


プラスの発信に生きる時間を使う

2019年2月7日





連日、本当にいたましい虐待のニュースが
流れています。

幼い子供が苦しみ犠牲になる事実は
目を背けたいと思ってしまうほど悲しい。




けれど、そんな事実が起こっている。

見ないふりをしたって、起こっています。





去年の講演会で私の生い立ちをご紹介しました。
なぜ、私が子育て、親育てに
これほどこだわるのかを説明するためです。

私を産んだ母は、私が物心つく頃から浮気に忙しく、
私の生活は時間も食べるものもむちゃくちゃでした。

そうなるには、彼女なりの理由があったでしょうが、
彼女だって、自分を振り返る機会が
ゼロではなかったはずです。

そして、彼女は突然消えました。







講演会の中で、
私はトラウマの塊ですと宣言もしました。

私だって、正しいことだけを
行ってきたわけではありません。
まわりを傷つけながら、振り返る機会を頂いてきた。






世の中は、正と負が混在しています。

一人の人間の中にも、混在しています。

私の中にも、混在しています。




だから私は、正=プラスを、発信し続ける。






昔は、いい子ぶってると言われるのが嫌でした。

でも、いい年して気にしてる場合じゃない。






子育てに向き合える大人を育てるには、
自分を振り返ることのできる力を育てる必要がある。


大人を育てるのは大変だよ。

これからも発信していくよ。

具体的な時間も設けていくよ。






誰が何と言おうと、ぶれないからね。

負の連鎖を断ち切って、
子供が子供らしく成長していくために。

そのために、生きる時間を使っていきます。



201922(土)

反抗期って…


反抗期って…

2019年2月2日





先ほど終わった「ウワサの保護者会」は
反抗期について話し合っていました。

テレビの中では、みんな反抗的な態度への
対応に悩んでいたわけで。


反抗期と言われると、
私はがぜん不安になります。






わが家には、反抗期らしい反抗期がない。

いわゆる「ババアうぜえんだよ」的な
事を言われたことがなく。

息子は、発達障害があるからなのか?
とか思っていたけれど。

同年代の人達から聞いても
障害があっても反抗期らしき時期があるみたいで。






いろいろ勉強しているなかで、
なぜそういう時期が来るのかは
少し理解していました。

簡単に言うと、
自立に目覚めた脳みそとコントロール出来ない
脳みそで混乱しているって感じでしょうか、

それが、「うぜえ」的な発言になる。





息子に「ババア」と言われたら、
自立のお祝いにケーキでも買ってきちゃいそうな
気分だったんですけどね。ずっと。






そこで、考えてみました。

本当に反抗していないのか??





そういえば、ちょっと旦那にウザイ的な
顔をしていたじゃないか。

ぶっきらぼうな返事をしたことも
あったじゃないか。





娘だって、不機嫌な返事をすることもある
それに対して、イラっとしたこともあった。

でも、感情のぶつかり合いには
ならなかっただけだね。





なんだか、子供たちに「お利口でいてね~」って
強要しちゃっていた気がしていたんですよね。


ま、いつも会話もあるし、
深く考えすぎることはないかな~。



2019131(木)

今だにハッシュタグを勉強中


今だにハッシュタグを勉強中

2019年1月31日
(写真は、先日息子購入のトレーニング器)




今日は、今後のinfantをどう発信していくか
というお話。




Facebookでみなさんのブログを読んでいると、
ほぼアメブロなんですよ。

なんでだろ?と思いましてね。
大きな市場に身を置いた方が、
広がりが期待できるのか?と思いまして。



そこから、infantの活動を
どう広げていくのかを考えております。
(1年くらい前から。。。)







まず、この記事を読んで欲しいのです。


画像

ハッシュタグってなに?(2016年12月7日)



懐かしい。もう2年も前のことです。







この時に、すでにハッシュタグを気にしていましたが、
結局付けたことはありません。

インスタグラムも一時期してみましたが、
私は写真をメインにしていないので、
Facebookで十分だと思いました。
(HPでは毎月旦那の写したフォトギャラリー公開)



自問自答してみたんですが、

ハッシュタグをつける
➝インスタグラムやTwitterで検索した人が見てくれる
➝Facebookやブログ、HPへ繋がる人が増える

ってことかな?と理解。





そっか!


自分がTwitterで何かを検索したことが無いから
価値観が分からないんだ!!


と、理解。





え~と、本日の理解はここまで。

きっと、infantにとってプラスだと思うので、
ハッシュタグをつける日は近いでしょう。

46歳!
世間の常識に興味を持つよう、頑張っております!!



2019126(土)

10万ヒットありがとうございます!


10万ヒットありがとうございます!

2019年1月26日





そろそろだな~と思っていましたが、

10万ヒットを超えていました~~

ありがとうございます!!





4年弱での記録でございます。

世間の人気ブロガーさんからしたら
気にも留められないような数でしょうが。

私にしたら大記録ですよ。




みなさんが、毎日ポチポチと押してくれた
結晶が100000回ですからね。





本当に感謝です。
ありがとうございます。

これからも、こつこつと書いていきますね。



2019125(金)

自分の苦手を受け入れる


自分の苦手を受け入れる

2019年1月25日

(写真は愛しのUFO焼きそば様・本文と関係なし)
(マヨネーズをかけると娘に怒られる)






毎年、雪の降り方は不思議。
大雪の地方の方はとても大変ですね。

一方で、こちらはやっとこ学校の
スケートリンクが出来たみたいですが、
靴の刃に土がつくそうで。

春の大雪を覚悟している私です。






さて、息子の最近です。

11月の発達検査の結果を受けて、
息子なりに「自分の苦手」に対し
対応方法を考ええいるようでした。


車の運転は、
改めて一生しないことになったので。

「通勤の方法だけど、派遣の人が
 乗っているバスに、料金を払って乗れないかな」

「障害者の人の通勤送迎サービスは無いのかな」

と、言ってきました。






息子の凄い所はこういうところ。

自分にストレスがかかっている時は、
障害受容からして否定しますが、
冷静なときは認めたうえで色々と考えます。





残念ながら、
派遣のバスは派遣に登録している方しか
乗れないでしょう。

障害のある方へのサービスも、
余暇活動へのサービスはあっても
毎日の通勤には対応していないと聞いています。
(自宅からの場合)


もう少し、調べた方がいいかもね。






そして、息子と会社の近くで
一人暮らしが出来たらいいね…なんて
話しましたが、
それも給料の面でも、生活力の面でも
すぐには解決しない感じ。

ま、いつものグルグルまわって
たどり着かないパターンです。





諦めずに、解決方法を
探ることで一致しました。

やはり障害の受容って大切だなと
感じました。



<<
>>




 ABOUT
親の力をはぐくむ会infant
子育てに不安や疑問、周囲に分かってもらえないと
感じたことはないですか?

障害名が付く、付かないに関わらず、子供の生きにくさに気が付くことが出来ること。
今なにが必要かを考えること。分からないこと、出来ないことは助けを求めること。

それが子どもの育つ環境を整える力と考えます。
infantは、それを「親力(おやぢから)」と呼び、親力をつけることを目標にしています。

性別
年齢40代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
親の力をはぐくむ会infant
住所帯広市東3条南13丁目2-1 ロゴスホーム帯広エルミナ(お茶会会場として) 
TEL090-6217-5529
 2019年2月

12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728
 2019年3月

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
通常営業
2月お茶会の日 10:30~12:00
3月お茶会の日 10:30~12:00
 カウンター
2015-03-29から
102,151hit
今日:12
昨日:41


戻る