201268(金)

観光地での屋外広告物(看板など)


観光地での屋外広告物(看板など)

H.Tです。
小樽市が街づくりの一環として、来月平成24年7月1日より北海道から権限委譲を受けて広告物条例を施工します。
これは観光地小樽が独自の基準を設けて、歴史的建造物や観光エリアでの屋外広告物(看板など)を管理していこうという動きです。

景観計画に基づいて、市内を「禁止地域」と「許可地域」に分けて、「許可地域」の中でも「小樽歴史景観区域」を制限をつけて管理していくというものです。
特に運河沿いの歴史ある観光にも人気のスポット周辺は、景色を楽しんでいただくために厳しい基準になっています。

許可基準内容は11種に分けてあります。特に広告物の「面積」「光」「色彩」です。
「光」は「動光、点滅、回転照明、映像装置、ネオンサインその他これらに類するものを使用しないこと」となっており、色彩基準は「マンセル表示系」で基準を設けており、「色相」「明度」においては今のところ制限はありませんが「彩度」において地色全体で「彩度10以下」。アクセントカラーとして使用する場合も「表示面積の1/8」としてあります。

「彩度10」以上とは派手な原色に近いカラーなどです。
全国展開している大手企業、コンビニやガソリンスタンドなど良く使う「伝えるのに強い色」です。
この先、制限エリアでは各企業通常カラーとは異なる小樽市適合カラーで看板が作られることになります。

小樽市のホームページのトップには「観光客の皆さんへ」という見出しが一番最初に来ています。
観光地として歩んできた小樽の取り組みの姿勢が強く感じられます。

十勝帯広も観光地としての取り組みがより必要な状況です。
都市景観条例の整備を含む早目の対応を望みます。

小樽市 まちづくり 屋外広告物条例
http://www.city.otaru.lg.jp/simin/sumai/machidukuri/koukokubutu_kisei/外部リンク

十勝総合振興局 まちづくり主査のページ 屋外広告物に関すること
http://www.tokachi.pref.hokkaido.lg.jp/kk/okk/ksd/machi-index.htm外部リンク


看板 広告 ディスプレイ おまかせ 【 ノブ 】
http://no-bu.com
外部リンク






概観
分類タグ看板
住所帯広市大通南4丁目14(東仲通り)
TEL0155-22-6918
  • 当ガイドは一般ユーザーによる投稿情報が元になっています。情報が必ずしも最新・正確とは限りませんのでご了承下さい。
営業時間08:30 - 17:30
定休日日祝日・第2,4土曜(1,2月土曜全休)
URL
 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
(株)ノブ
看板の制作などで商売繁盛のお手伝いをさせていただいています。

ステッカー、名刺、チラシからイベント装飾、大型サインまで広告や宣伝に関することはおまかせ下さい。

十勝管内はもちろん、北海道内サービスエリアです。

(北海道屋外広告業登録番号 第12049号)

エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
(株)ノブ
住所帯広市大通南4丁目14(東仲通り)
TEL0155-22-6918
営業08:30 - 17:30
定休日祝日・第2,4土曜(1,2月土曜全休)
 2022年8月

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
 2022年9月

123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
通常営業
休業日
 カウンター
2004-03-27から
337,019hit
今日:24
昨日:34


戻る