2012727(金)

7月22日 釧路市動物園 シマフクロウ クックとロックの両親


7月22日 釧路市動物園 シマフクロウ クックとロックの両親

こんばんは。
旭山動物園から逃げ出したフラミンゴ、今朝小樽市の銭箱を飛び立ち、その後オホーツクの紋別市で見つかったそうですね。
でも、18時過ぎに再び東の方向へ飛び立ったそうで・・・。

数時間で200km以上移動できるということは、このフラミンゴさん、北方領土やロシアまで行ってもおかしくないですよね。

なんとか国内で捕獲できることを祈っております。



さて、7月22日の釧路市動物園の様子なのですが、釧路市動物園と言えば、数ヶ月前まで「日本で唯一シマフクロウに会える動物園」がうたい文句でした。

しかし今年の冬、分散飼育のためにオスの「クック」が円山動物園へ、メスの「ロック」が旭山動物園へ移動しました。






エゾヒグマ舎から園路を奥の方へと進んでいくと、クマタカとシマフクロウの獣舎があります。


オスの「トカチ」。
画像



メスの「ムム」。
画像

この日はトップの写真のように、並んで木にとまっておりました。
写真の左側はトカチ、右がムムです。




今年冬に円山動物園へ移動した「クック」、と旭山動物園へ移動した「ロック」は、トカチとムムの子どもです。




11:45から北海道ゾーンのワンポイントガイドが行われるため、来園者も数名集まってきました。




時間となり、獣医さんが現れると、2頭とも警戒。
画像
見事な変身ぶりです。




ワンポイントガイドが終わった頃、ムムが何かに警戒するように木の上へと行き遠くを見ていました。
画像




行ったムムの目には何が映っていたのだろうか???
画像






 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
西紋のマツ
道北地方で生まれ育ち、結婚してオホーツク地方へ来ました。

春は芝ざくら、秋には紅葉の写真を撮りながらお散歩しています。
そのほか、滝上町内を中心に旅先の風景の写真もアップします。

ときどき動物園へ行きます。
でも、若い頃のように毎週のように行く体力も気力もありません(笑)

性別
年齢30代
エリア北海道
属性個人
 ブログカテゴリ
 カウンター
2008-07-01から
953,276hit
今日:158
昨日:152


戻る