道楽マンガ―易経編(10)


20161220(火)

道楽マンガ易経編「雷沢帰妹(らいたくきまい)」


道楽マンガ易経編「雷沢帰妹(らいたくきまい)」

随分、ご無沙汰しておりましたが
私が時折、マンガを描いていたことなど
覚えておられる方はいらっしゃるでしょうか?

思いついたときに描き散らす
不定期連載!

易の64卦をモチーフにした道楽マンガ
本日は、64分の……今何個目だったでしょう??


易経の各卦の意味をぼーっと眺めながら
何となく思いついたインスピレーションを
したためるものです。

超能力も、深い造詣も
含蓄も何もありません。

64卦となりますと……
果てしなくて気が遠くなりますが
ボチボチやっていくこととして

「雷沢帰妹(らいたくきまい)」をお届けいたします!!


「『ドクターX』をやっている間に
UPできればいいなぁ」

とウカウカ思っているうちに
もう終盤もイイトコロ!


『ドクターX』のような
痛快感や爽快感を出してみたいものの

さすがに「私、失敗しないので!」とは
どう逆立ちしても豪語できません……。>人間だもの

真似できるのは、永遠の反抗期なので
せいぜい「いたしません!」と抵抗するくらいのことです。



【本日のぶぅも店長】

画像

「やっぱり仕事がないと」だの
「収入」「外見」「甲斐性」だの

高望みばかりで、条件だけで判断し
人をダメンズ扱いする女はいるが
俺様、強く訴えたい!!

「ブスが!
そもそも貴様がどれほどの女か
よくよく省みて言ってみろ!!」と――



2016727(水)

水天需(すいてんじゅ)


水天需(すいてんじゅ)

こんにちは

十勝・帯広一「予約が取れない」
占い師・スイカちゃんです♪

本日の易をモチーフとした
道楽マンガは
「水天需(すいてんじゅ)」


誰かが「冷たい」「優しい」
「好き」「嫌い」などというのは
実は、それぞれの心の中にしかなく、実在しません。

このマンガで言えば、起こっている現象は
「スイカちゃんがグズグズ文句を言っている」
「スイカちゃんが飲み食いしている」
「パパがスイカちゃんに食べ物を与えている」
くらいのこと。


「相手が何をしてくれた」
「何をしてくれなかった」
は、実はそれほど大事ではなく

それを、「優しい」だの判断している自分の主観。

「見えない、食べられない」ものの基準や物差しは
自分の中にしかありません。

同じ事でも、もし食べ物を薦められたのがダイエット中なら
「嫌がらせだ」「パパはスイカが嫌いなんだ」
というジャッジが生まれるかもしれません。


感情の領域は、
あくまで個人の問題。

「あの人酷い!」「冷たい!!」
「被害者」「加害者」というのは
交通事故などではなく感情の領域の場合
自分の心の中にあるだけで、現実には存在しません。

少なくとも、「食べ物を与える」という
現象一発でひっくり返るものが
事実や真実であろうはずがないのです。

「あの人の態度があの時生意気だった」
「あの人のあの態度で、覚めた」

それは、ある現象を口実にしてるだけで、
「元々嫌いだった」「見切りたかった」
というだけの可能性はありませんか?

スイカちゃん、よく馬鹿な上司だとか
馬鹿なスピリチュアリストに
「口の利き方に気を付けろ」と言われてきましたが。

本質は口の利き方などにはなく

「私はあなたの言っていることが気に入らない」
「けれど反論するだけの名目が立たない」
「自分に落ち度があると直視できない」

だけだと理解してきました。

「あの人がこんなに酷い」とか
それらしい名目がついたから
もっともらしく振りかざしているだけで

本当にあなたは、あなただけが
被害者なのでしょうか??

例えば「パパが冷たいー」などと吹聴して
被害者面で風評被害を拡散している子がいたとして

「同情を引いて、構ってほしい」とか
「私はこんな酷いことをされた受難者です」
「可哀想な私を、助けて」
なんて自分の利益になるように「被害」を活用し始めたら
本当に、ただの被害者だと言えるでしょうか?


【本日のぶぅも店長】

画像

俺様、エロだのダメンズだの甲斐性なしだの
おかしなレッテルを貼られ、
大いなる風評被害を受けておるゾ!!!

女子よ!
姪に冷たくされてロンリーハートの俺を
癒してくれ!!



2016725(月)

天沢履(てんたくり)~虎の尾を踏む


天沢履(てんたくり)~虎の尾を踏む

こんにちは、スイカちゃんです。

本日の易をモチーフにした道楽マンガは
「天沢履(てんたくり)」
虎の尾を踏むお話です。

詳しく(?)はアメブロ版「いらっくす」外部リンク
ご覧ください♪



2016721(木)

沢雷随(たくらいずい)


沢雷随(たくらいずい)

こんにちは

十勝・帯広一「予約が取れない」
占い師・スイカちゃんです♪

本日の易をモチーフとした道楽マンガは
「沢雷随(たくらいずい)」

もしかしたら、今までの
易をモチーフにしたマンガの中で
一番「易」の話っぽい仕上がりです。


【本日のぶぅも店長】

画像

惜しい!!
「元(おお)いに食べる!」
「元(おお)いに太る!!」という話なら
うちの馬鹿娘でも合致したものを……。



2016719(火)

坎為水(かんいすい)~落とし穴に落ちる


坎為水(かんいすい)~落とし穴に落ちる

こんにちは

十勝・帯広一「予約が取れない」
占い師・スイカちゃんです♪

本日の易をモチーフにした道楽マンガは
「坎為水(かんいすい)~落とし穴に落ちる」


あくまでモデルになっているだけで
実在の人物・団体には関係ありません。

時々「似てませんね」「○○が、そんなこと言う?」
などと、いい大人なのに
現実とフィクションを混同した人がいて困惑します。


勝手に
「モデルの人物がいたら似せなくてはいけない」
「現実に忠実ではなくてはいけない」とか
自分が制定した脳内ルールを押しつけられてもな……。


そんなふうに、お互い「助ける」の定義が違うと
上記のマンガのような事態に発展します。


●パパの「助ける」→自力脱出をサポート
(長期的:再現性がある方がその人のためになる)

●スイカの「助ける」→他力でのサポート
(即物的:その場限りで再現性のない、目先の視野)


「怪我さえしていなければ自分で上がれるだろうから、
その方法をサポートする」

「どうして、目の前で落ちているのに、
引き上げて助けてくれないのだろう? 冷たい!!」

というふうに、たった2人の登場人物の間でも
「助ける」の定義・価値観が違うわけです。

「助けてくれるのが人道的に正しいのに!冷たい!!」
などというのも、あくまで自分の側の価値観。

他人にとっては当たり前ではありません。

何が「優しい」かって、人それぞれというか
価値観によります。

それを押しつけようとするから
摩擦や、すれ違いが生じ、
時には占い師の出番になってくることも……。

「○○なのに○○してくれない」
「○○って言ったのだから、○○してくれて当然」

という思考様式になっていたら要注意!

それ、あなたにとってだけの当たり前で
相手にとっての当たり前ではない可能性が大きいです!!

「他人は、自分と違う別個の価値観を持っている」
という認識・区別ができたら
もう少し楽になるかもしれませんよ?


【本日のぶぅも店長】

画像

似せようと思ったところで
似せられる画力などスイカにはないわ!!

この俺様を忠実に写実することができれば
もっと女子がメロメロリ~ンと
引っかかっとるに違いない!!



<<
>>




 ABOUT
帯広の週末占い師♪三崎スイカ
十勝・帯広で、週末だけの道楽占い師として活動する、タロット翻訳家(Tarot Compiler)・三崎スイカです♪

言葉の力で、日々の「イラッ」を「クスッ」に変える魔術実践を目的に、2015年3月3日『いらっくす』設立。

店長:三崎ぶぅも(伯父・牛のぬいぐるみ)
代表:三崎スイカ(人間)
副店長:三崎福郎(弟・フクロウのぬいぐるみ)による、三大巨頭体制で運営中。

性別
年齢30代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
三崎スイカ(MISAKI Suika)
住所帯広市
TEL090-2870-8789
営業13:00 - 17:00
時間外・イベント応相談。お問い合わせください
本業中出られないため電話(ガラケー)はショートメールのみ対応
定休随時、適当に需要があれば活動中!
 カウンター
2015-03-01から
169,540hit
今日:24
昨日:24


戻る