道楽雑記(364)


2017322(水)

「目指してないのになっちゃった」~占い師!


「目指してないのになっちゃった」~占い師!

先日、特別なケーキ目当てに
早めにイベント会場に行ったら
期せずして、一番手を取ってしまったスイカちゃんです……。


去年、開始時間頃に行ったらすっごく並んでいて
今年は「なるべく早めに買えたらいいな~」と

イベント開始20分前に会場に着いてプラプラしていたら
お目当てのケーキ店のショーケース前に
「苺いいなー」と張り付いていた坊ちゃんがおりました。


よくよく見たら、坊ちゃんのお母さんが知人で
「あらあら、まあまあ! 久しぶり!!」
と立ち話をしていたら


「何々!? もう並ばなきゃダメなの!?」
「今から並ぶの!!??」
とばかり、後ろに行列ができてしまいまして……。



こちらのケーキお目当てに
先に会場に来て、ベンチに座っていた方とかもいたので

「最近の清楚な美少女は、順序のマナーがなってない!」
という投書が地元紙に載る様が脳裏に浮かび


「いえ、そんなつもりじゃなかったんです!」
「先に来られてた方、どうぞ前へ!!」
とか言ったのですが
日本人ってみんな奥ゆかしくてですね……。


ガツガツ「一番を取りに行くぜ!!」
というタイプでもないので
(「何のために?」と思ってしまいます)

このように(?)
「その気はなかったのに、気づいたらなっていた」
というのは、スイカを象徴するような出来事です。


このスイカ、元々は文化講座のノリで
タロット講座を受けていた人間です。

月に2回・2年弱――だったっけな?

占い師集団「きゃっとてーる」主催の講座で
そのときの講師様が、時々ブログでも触れている
常葉了(ときわ・あきら)外部リンク氏です

最近、「くたびれたハリー・ポッター」というより
「くたびれたスノーデン」に近づいている気がしますが……。

机を並べた同期は、
10人くらいいたはずです。>すばらしき胡乱な記憶力!


「常葉さんファン」という人もいれば
「占い師になりたい」という人もいて動機も様々。

講座終了後、実際に活動している人もいます。

講座の途中で無職になったから
コース半ばで辞めたスイカよりも
同期の方が当然知識があります。

「占い師になりたい/なってもいいかな/興味ある」
という意欲段階は同期の中でも
最下位ではないでしょうか。


先生さまから、
占い師になることを薦められた事もないし

むしろ性格的な問題から、
お客さんの前に出すことを危ぶまれるなど
賛成はされていません。>妥当な判断!
(でも行いも結果も「自己責任」なので、反対もされていません)


もちろん別の期の人もいて

そして「きゃっとてーる」の講座に限らず
タロット占いができる人なんて十勝・帯広に結構いて


「占い師になりたい」なんて奇特な人も結構います。


では、なぜこのスイカが
抜きんでて悪目立ちしていると思われますか?


才能?

適性?(いや、これはないな……)

文章力?

キャラ?

コスプレ?

マンガ?

牛?

そういう特異点もありながら


そもそも副業OKの職場なんて
ほとんどないから――と推測しております。
(自分ではそう思っていますが……異論はあるかもしれません)


講座中退後も
先生さまのいらっしゃるお店には
お喋りに出入りしていて

同じお店で場所を借りていた彩祢さんにある日
「出店者を探しているイベントがあるんだけれど
出ない?」と誘われたのが

占い師になったきっかけです。


職場の上司とか関係者に
「大丈夫? 副業OKとか言ってるけど
占い師とか怪しいことやってイベントに出て本当にいいの?」
と確認したうえで

「じゃあやるー」となりましたが。


主婦ならともかく

仕事に就いている人は
そもそも副業許可が下りない。

ましてや、占い師なんて怪しい仕事をや。


なので、こんなふうにブログ書いたり
大っぴらに宣伝・活動できる人がいないだけ
だと思っております。


近く、契約期限切れで無職になりますが
あくまで「副業占い師」として!
(しばらく本業=無職)

将来的にも自分の軸足やらアイデンティティを
「占い師」に置く気はありません。


というのも、
自分の人生の過程の一つであって
「私は、占い師・ヒーラーになる使命!」
とかいうのは、まったくないからです。

「使命を受けて―」とか言っている
他の職業人いたら、おかしくないですか??


そんなん、すべてのサービス業って
「選ぶのはお客様」で
自分が決めるこっちゃないじゃなん。

結果として20年、30年続いたら
そう思ってもいいかもしれませんが
(まあ、自分で思っていればいいことで)


スタート時とか、
専業ビジネスとして成り立っていない人が
そういうことを言っていたら
「変!!」と思います。


ビジネスが成り立つようになってから
「専業」「独立」するのではなく

いきなり「使命を受けるなり何だり」で
「独立」しちゃうのは、自己満でしかないじゃん。


どうして、自分が「やりたい」だけのことを
そういういやらしい言い方で正当化しようとするのでしょうか?


そういう「使命」を受けた人達って
よく人から借りてきた言葉を使って
「エゴを手放しなさい」とか言っていますが

どう取り繕っても「使命」を持ち出して
「私は○○です」「○○でありたい」と言ってるのは

「エゴ」「我執」「固執」以外の何ものでもない
と感じます。


選ばれなかったら、いつ辞めたっていい。


一見、無責任に聞こえるかもしれませんが
そちらの方が健全だし自然なことのように思うのです。

「人のせいにするな」というのとは別に
資本主義社会の中で
ビジネスとして需要がないのなら
消えてもよいし、消えるべきものなのでは?


ともかく、
軸足を全部占い師側に置く気はありませんが
それと仕事に対する誠実さは別物かと。

当初「なる気」はなくても
自分が選んでやってるんだから。

「三崎スイカ」が求められている間は
できる範囲で、できる限りのことを
誠心誠意お応えしたいと思っております。


4/9 【新生活スタート!5月病その前に】なんでも鑑定会外部リンク

4/20 「スイカフェ~帯広タラレバ女子会」外部リンク

などなど、展開してまいりますので
ご縁がありましたら、どこかでお会いいたしましょう♪


【本日のぶぅも店長】

画像

俺様、AV男優になる使命を感じておる!

だがいかんせん、この器量と容姿。
アイドルとしての天賦の才能も有していてな。

どちらかの道を選ばねばならん……。

イケメンでモテる男は辛いな~。



2017320(月)

実は不条理な目に遭っても現場で反論できない人間です


実は不条理な目に遭っても現場で反論できない人間です

実は、かなり鈍い子なので
「モヤッ」とする不条理な目だとか、嫌な目に遭っても
その現場では結構、反論することができないスイカです。

おかしなことが起こっても
割と、その場では「???」とモヤるか

あるいは、その場では「モヤッ」とも思わず
「後からよくよく考えると、あれって変じゃない??」
という思い出し「モヤッと!」がよくあります。



ですが、ブログのイメージからか

実生活でも舌鋒鋭く、
理論的で才気煥発、利発で
清楚な美少女で
尖がって反発ばかりしている
怖い人のように思われがちです。

(一部、チョイチョイぶっこんでおいたら
誰かが信じるかもしれない、と虚偽があります)


実際、その場で言い返せる人種だったら
何もこんなところでウニウニ書いてはおりません……。


だからこそ、捨て台詞を吐かれて、
「こちらが言い返す前に相手がさっさと行ってしまった」
「相手が上の立場だので言い返せる状況にない」
といった目に遭いがちな人達の味方でありたい
と思っております。


もし自分が、その場で言い返せる人種だったら、
悶々としている人たちの気持ちが理解できず

「後からウネウネ言い出すとか、卑怯じゃない?」
といった強者の理論を振りかざしているような気がします。


そんなわけですので

「思っていてもその場で言い返せない」
(その場で反論が浮かんでいるけれど、諸事情で言えない)
というよりも

「反論を思いついた時には、時機を逃している」
(鈍くて、後から頭に通じる)
というのが、実情に近いかと。


先週末も、職場のお別れ会がありまして、
名残惜しくて3次会まで参加していたのですが

呪いに丁度よいとされる(?)丑三つ時。
午前2時を優に過ぎていたころ
「便所、便所」と席を立ったスイカちゃん。


トイレが「使用中」だったため
扉の前から少し離れて並んでいたところ

後ろから来た
酔っぱらいの若いおねいさんに軽く抜かれて
トイレの真ん前に、堂々と立たれてしまったのです!

「何だコイツ」と内心
軽くムッとしながら

よくよくその女性を見ると
おなかの大きい妊婦さん!!

「そういえば妹が妊娠してた時も
赤ちゃんに膀胱が圧迫されるからトイレ近かったよなー」

「まぁ、そんなに差し迫ってないし、いっかー」

「飲み方『勉強中』の若人が、吐くまで飲んだり
気分悪い時に周囲に配慮できないのは仕方がない」

と、優先権を主張するでもなく
酔っぱらって足元も危なくなった妊婦さんに
先にトイレを使っていただき

中でゲーゲー吐いているのを
大人しく並んで待っていたところ。


かなり後から男子トイレにやってきた同僚に
「まだ入れてないんですか?」と見つかり
 
「抜かされたんですー。
酔っぱらって吐いてるから余計時間かかってて。
でも、妊婦だったし」と説明すると


「……妊婦って言っても、夜中の2時半に
吐くまで酒飲んだくれてるような妊婦に
順番譲ってやるとか、そんな配慮する必要あります……??」


的なことを言われまして


「ああ! そういう見方もあったか!!」
と、蒙を啓かれました。


このスイカ、リアルタイムに非常に弱いので
実生活では「のん気なアホの子」ぶぅも店長に近い
と思っております。>結構鈍い



「マナーとか、人に対する配慮って何よ?」
という問題に正解はありませんので
各個人の判断と裁量にお任せしたしますが。


実はこの「盲点」に対する気付きが
「占い師の存在意義」の一つかと思っております。

「本来分かっている(分かる)はずのこと
あるいは冷静になったら考えうる第三者的な視点を
タロットカードに準じて提供する」ものです。

「停滞していて動かせない」と思っていることも
別の視点から見ると、
何か「気づき」や「迂回路」「活路」が
見いだせるかもしれません。


ええ……、特に
自分の盲点は自分では気づきにくいので……。


それが自分で見えるようになったら
プロとして一人前を自称してよいか
と思っておりますが、なかなか難しいことです。


【本日のぶぅも店長】

画像

盲点は誰にでもある!!

俺様、姉ちゃんにモテないのは
金がないせいかと思っておったが

「もしかして皆、財産や仕事がないことを抜いても
なお完璧な俺に釣り合わないと
気後れしているのではないか?」

――ということに気づいた!!

そんな遠慮や心配は無用であるゾ!!!



2017319(日)

ブログ読んだけど結局スイカさんって何の高額商品売ってる人なの?


ブログ読んだけど結局スイカさんって何の高額商品売ってる人なの?

本人に聞けない質問というのは
周囲にいる人に投げかけられる傾向が散見されます。

本人、変な世界にイッちゃってて
「あの人大丈夫なの???」と
腫物みたいに本人に聞けない場合もありますが
(写真の人とか。到底正気とは思えません)


スイカの場合、「こんなこと聞かれたよー」
と寄せられるのは、なかなかアッチョンブリケな質問です。


「ブログ読んだんですが、結局スイカさんって
何の高額商品売ってる人なんですか?」

「スイカさんの悪口を言っている人がいるんですが
スイカさんって何のネットワークビジネスの人なんですか??」



バカーーーー!!!(涙)



幸い、このスイカ

「あのね、スイカさんは、過剰に高額だったり
人間関係を使って物を売ることを批判している人なの」

「だから、スイカさんのことを悪く言ってる人って
その人こそが、痛いことや心当たりがある人なんじゃないのかな?」

と返してくださったうえ
笑いごととして教えてくださる
冷静なお姉さま方に恵まれているので
非常に心強いのですが……。

そんな真面目なお話の中で
「スイカ」なんてふざけた単語を言わせることになって
非常に申し訳ないのですが……。



スイカの行動原理は
「裸の王様」に出てくる正直な子供!!


ただ気に食わなかったり、
おかしいと思うことがあったら
指を差して、言葉にするだけです。


言葉の力で「イラッ」を「クスッ」へを目指す
「いらっくす」なので

「モヤッ」とした思いを、
少しでも「スカッ」としてほしいし

ただ娯楽として、
馬鹿馬鹿しさを提供するときもあります。


だって、別に占い師だのヒーラーだの
世の中に必要ないじゃないですか?


さも自分たちがたいそうな存在で
世の中に必要であるかのように言い募る人はいるけれど

それって、それを収入源とする(したい)
自分たちの都合でしょう??


「あー、占い師・ヒーラー・カウンセラーにかかりたい!」
なんて、人の本来の目的でも、
望みでも何でもないはず。

本当のあなたの目的って、
「幸せになりたい!」「満たされたい!」
「楽しく生きたい!」ではないのでしょうか?


みんなが楽しく
自分らしく生きられるようになったら
ハッピッピじゃん。


じゃあ、占い師だのヒーラーに権威づけて
依存させるより

楽しくなることだったり
自分らしく生きられるようにサポートすることの方が
大事なんじゃないの??


と、スイカは思うものであります。


だからブログは、
エンターテインメントとしての娯楽性だとか
気分転換になるかとか、

「ここがおかしい!」と
モヤットしたことがスキっとするとか

「考える力を促すとか」
そういった点を基準に書いておりまます。


「お客様の自立をサポートします」
「愛を」「幸せを祈ります」とか言っているなら

どうして、エセスピおばさんたちの論調って
「辛い事があったら、自分たちのトコに来なさい」
「私の所に来れば、魂の成長ができる」って
結局、お客さんのお金使わせることに行き着くの??


どうして占い師・ヒーラーに頼る必要なく
生きていけるように仕向けないの?


お客さんに自立を促したり、
「私には○○さんが必要なんです」って思わせて
手放す努力をしないなら

単に、自分に金が落ちるビジネスのお題目として
「愛」だの「自立」だの言ってるだけじゃん。



そうはいっても、有史以来
「占い師」だとか「それを必要とする人」が
なくなったことはない、ということは知っています。


専業で長く続けてきたプロの占い師達が
スイカの存在を知っていて

それでもなお、部分肯定でも
放っておいてくれたり
時にブログをシェアしたり応援してくれるのは

自省がないと業界が腐る
といった危機感であったり

そもそも、スイカごときが
自分たちの脅威になり得ないことを
知っているからだと思っています。


だから、「不都合な事実」を喋られて
ゴチャゴチャ騒いだり、揺らいだり
反応したり、嫌がらせしてくるのは


自分に自信もなければ自省意識もない
しょーもない連中、としか思っていません。


どうして、

他人を騙すようなやり方で
他人を脅すようなやり方で
過剰に見栄を張らなくては
生きていけないと思うのでしょうか?

そんなことをしないと物も売れないなんて
おかしくないですか?


このスイカ
高額商品も扱っていないし
幸福の壺も売っていないし

個人が考え出しただけの
民間療法も売っていません。

この商品・サービスを買えば、入信すれば
あなたの障害は治るだとか
障害者を騙してもいません。

ネットワークビジネスもやっておりません。


もし需要があれば
「幸せになれる○○」を高額で売るだとか

エロ牛大明神などを教祖とする
宗教法人を設立してもいいですけど。

今の所、そのような取り扱いはございません。


過度な営利目的ではない以上

特に、下心があって
「人から、いかにお金を引き出すか」
しか考えていない人には
理解できない行動様式かと。

「何が目当てなの??」
と思われるのは当然かもしれません。


それこそあなた達の言う、
「愛だよ、愛」――というには非常に抵抗がありますが。


「嫌なものは、嫌じゃ!!」
「気に食わないヤツは、とりあえず叩く」
という喧嘩屋としての魂が

どうしてここまでさせるのか
自分でもよう分らんです。


一部の人にとってスイカはたいへんな脅威らしく

「話だけでも聞くって、結局お金取る気なんでしょう!?」
という反応になるのですが


裏返して言うと

「自分達がそういうことをやっている」

「自分こそ、あわよくば人から
お金をムシっている(ムシりたいと思っている)」

ということを示しているにすぎないように感じます。

このスイカ、通常鑑定時
20分2000円といったら
20分しか見ないし
2000円以上は頂いていません。

ただ、鑑定外のお話を含め
60分までならお話を伺います。


トータル60分になっても
よその占い師のトコ行ったら
当然ながらお喋り含めて

10分1000円の人なら6000円だし。

30分2000円の人なら4000円だし。


よその占い師・ヒーラーと話す時に
そーゆーところを意識して使ってほしくて
鑑定とお喋りを切り分けて
ストップウオッチを止めています。


実は、
占い師から質問された時以外のあなたのお喋り
鑑定と切り分けて削減できるところかもよ?

という点、伝わっておりますでしょうか?


そういうことやってるから
「ボランティア」とか言われるのですが……。


自分も休みというものが必要な
副業占い師なので
あまり鑑定に出られる時間もないですが

できれば鑑定以前に、
疑問に答えたりする機会を増やしたいと思っています。

占い師・ヒーラーに
鑑定の際に「素朴な質問」したら
それもまたお金がかかりますからね!!


お茶と3種のスイーツをいただきながら
占い師(といってもスイカ一人ですが)を囲んで
お喋りする

◆「スイカフェ~帯広タラレバ女子会」外部リンク

3月21日(火)11時~16時開催です。(入退場自由)
場所は、雑貨とcafe「PAO」さん

料金:1000円(1ドリンク&スイーツ付)

ドリンクのおかわりは、1杯300円で
お代りからは普段350円~500円のドリンク
どれでもお選びいただけます♪

隣接の理容室「Mock」さんが定休日のため
そちらの駐車場にもお停めいただけます。

だいたいの人数を把握できたため
特製スイーツの用意も
多めにお願いできました!

予約なしで、当日ふらっとお越しいただいても
何人かまではスイーツ当たりますよ!

「占い師に聞いてみたいことがある人」

「ここが変だよ占い師・スピリチュアル」

「あの人のこんなところが変に感じるのどうしてだと思う?」


などなど、個人的な相談以外のことであれば
日頃の疑問を解消ください!

もちろん、女子会なので
女子だけでお喋りをしたいという人も大歓迎です♪


占い師・ヒ―ラー・カウンセラーに
ズルズルお金を使うのではなく
賢い使い方をしてほしいと思います。


皆様のお越しをお待ちしておりま~す。


【本日のぶぅも店長】

画像

「家族の幸せな顔が見たいから起業しました」
と抜かす奴が、時々おる。

「忙しい忙しい」と家事もおろそかに家族を顧みず
外を出歩いては、交際費だセミナーだムダ金ばらまいて
結局、労多くして益少ない燦々たる有り様であれば
俺様、こう言おう。


家族を幸せにしたいなら
大人しく家にいろ!!――と。


あるいは
「私はお金が大好きです!!」

「家にいたくないし、他に口実がないから
家族持ち出してでも金儲けがしたいんです」

と綺麗事ではなく、素直に己の欲望を
忠実に認めんかい!!!

例え周囲の顰蹙を買っても、
俺だけは応援するゾ。



2017318(土)

英国旅行の危機!?~確定申告は免除でも住民税はお忘れなく♪


英国旅行の危機!?~確定申告は免除でも住民税はお忘れなく♪

堂々と、副業OKの職場もレアなので
あまり参考にはならない特殊ケースと思うのですが
本日は、税務(?)関係のお話です。


サラリーマンは年末調整を済ませれば
雑所得20万円までならば
税務署に行って確定申告をする義務はありません。

副業で、占い師を始めたころから
専業化は特に目指していないけれど

「できれば確定申告はしたくない!」
ことは目標としていた、このスイカ。



ただし、お金とか、法的な問題は
いつ突っつかれても大丈夫なよう
クリアにしておかなければ――と
当初から、いちおう気を使っておりました。


何せ、自分が
腹いせに他の同業者から嫌がらせを受けたり
「密告」「タレこみ」されやすい芸風なのは
分かっていたからです!!


ですので初年度、
書類を出すか出さないかはともかく検討のため
「開業届だか、青色申告の申請書くーださい」
と税務署に相談に行ったら

「あなたの働き方だったら
むしろ開業届出さない方がいいですよ」
と言われて、すごすご帰ってきました。


今の税務署って、親切ですね!!
(昔の実体は知りませんが、イメージです)



ですので、このスイカ。

経費を差し引いた「利益」が
20万円以下となることを
第一命題として活動しております。


そもそも、特に気を付けていなくても
月2回程度の活動で、そこまでには至りませんが
念には念を入れ、です。


ですが、ここで注意していただきたいのは
あくまでこれは、税務署が相手の
「所得税」のお話しだということです!!



年末調整を済ませたサラリーマンでも
何かしらで儲けを出している人は
市町村役場に
「住民税」の申告に行かなくてはなりません!!


収入が増えると当然、それに応じてスライドする
住民税の額が増えます。

こちらは「20万以下だからいいんだも~ん」
という余地はありません。


ですのでスイカは、人にはお薦めできませんが
「副業での収益以上に、経費を使って赤字を出す」
という方式を採用しています!!



本業収入+副業収入(赤字)の合計値は
当然、年末調整値よりも下がるので

住民税は、上がるどころか、下がるはず。

ただ、税金を取る方は煩くても
戻ってくる場合、申告義務はありません。


ですので、還付を受ける権利はあるけれど
「ちょぴっとだし、手間の方がかかるし
めんどいから行かな~い」
と、「権利を行使しない」方式を採用しております。


本当にこれでいいのか?

そっちの方が、素直に申告に行くより
面倒なことになっていないか??


――等々、疑問の余地はありますが。


最も重視すべきは
「できる限り申告に行きたくない」
という点です!!



ともかく、そういう事情ですので
何ら後ろ暗いことなく(?)

過少申告やら税金逃れをしている方達を
堂々と叩くことができるわけです。


いえ、本当の所は知りませんけれど。


生活保護やら障害年金貰いながら、
あるいは旦那さんの扶養に入りながら

「たくさんのお客様に活用いただいています」
「こんなに儲かってます」
「おかげさまで、お店を維持できています」
などとフカしている人達が

「保険」がありながらそれを隠して
嘘をついているような人達が、ですよ?


しかも占い師だヒーラーだ、ネットワークビジネスだ
取引記録が流通ルートで管理されている類のものではない
「自分達以外に、本当の数字が分かりえない」類のお金で

特にその人の「保険」が、
「儲けた分は国に返さなくてはいけない」類の
社会保障なら、なおのこと。



正直に、人数やら数字を
申告しているとは思えない。



絶対、同人誌みたいに
売上数(額)過少申告してる人達いるって!!


と、推測しております。


ちなみにスイカの場合、安全を期して
コスプレだとか、観光旅行費だとか
経費計上できるか怪しいところは省いているので



副業収入を経費として消化し切ろうと思っても
結構、本業収入からも持ち出しが生じています。


つまり、副業収入が増えると
占い師として使える額は増えるけれど
本業収入の持ちだしも増えるという!


痛し痒し!!


いえ、使えるお金は増えるので
いいことなんですよ!



ただ用途限定という!!
(時々、儲かってるんだか儲かってないんだか
いまいちよく分からなくなります)


そんなに魔術オタクでもないので
ふと我に返った時、「ボランティアか!?」と
モチベーションが下がるときはあります。
(嫌なら、黒字のままにして、きちんと申告しましょう!)



ですが私、「英国旅行」を志した際

「なぜ自分は、手元に現金を残さず
儲からないようにしているのか」

自らの指針を綺麗さっぱり忘れておりまして
最近になって思い出しました!!


最終、赤字にするんだから
あんまり稼いじゃダメじゃん!!


どちらにせよ
本業収入&貯金からの持ち出しになるなら

(経費扱いになるとは思えない)イギリス目指して、
副業でいっぱい稼ぐことを目指してはあかんのです!!!


補填額、ハンパなくなる!!!!


今の仕事が終わったら、パスポート取って
情報調べようと思って、まだ何も手を付けていませんが
イギリス……今回は諦めた方がいいのかしら?

と、悩み中です。


「来年の申告から、副業収入赤字にしないで
素直に住民税だけでも申告したらいのに」

というのがベターなのは分かっていても
やりたくはありません……!!

あくまで合法的な
いい「逃げ道」募集中でーす☆



【本日のぶぅも店長】

画像

税金だの、俺にはよう分からん話だのぅ。

何せ、貰うことに興味はあっても
払うことに一切興味はないからな!!!

貢物、鋭意募集中だゾ。



2017316(木)

変な人達が儲かって、自分が報われていないように感じる方へ


変な人達が儲かって、自分が報われていないように感じる方へ

安心してください!

あなたの周りの「儲かっている」をアピールをしている人
たいして儲かってませんから!!!


(写真はイメイジです)

昨今のSNS社会。
一生懸命、
「こんなにイベント盛況でした」
「こんなリッチなご飯食べてます」
「こんなに講義が好評でした」アピール!!


――目にも、鼻にもつきませんか?


このスイカ、社会人になるまで外食経験があまりないため
外食時は嬉しくて、ほとんど写真撮って見せびらかしていますが。

「典型的な、成金的所業だなー」という自覚があります。


「私、こんな素敵な服を着て、こんな良い物を食べています」が
「自然に、にじみ出る」んじゃなくて
「人に見せるために」「背伸び」してやっているなら
どうあっても、「poor」ではないでしょうか。


本当に人気だったり
お金を持ってたりする人が
いちいち背伸びアピールしたり、
見せびらかす必要、ないねん。


ともかく、言いたいことは
変に浮き足立った、周囲の「まやかし」にくらまされて
あなたが足取りを乱すことはない、ということです!!


あなたが真面目にコツコツ
自分のやるべきことをやっているなら、なおのこと。



「独立したのに、お客様が来ない?」


――当り前じゃないですか!!??


お客様(予備群)に
あなたがやっていることを知ってもらえて

興味を持って頂けて

買ってもらえるようになる――って


独立目的で同種の仕事をしていたならともかく

異業種で、1からスタートするなら、
どれだけ時間がかかると思ってるんですか??
(かく言う私、牛を抱えて3年目です……)


初めて1年、2年目で、やすやすと
暮らしていけるほどお客さんがついてます――とか


そっちの方が異常だし、
本気でそう言っている人がいるなら
どこかに「嘘」がありますよ!!??
(生活保護だとか障害者年金受給している、とか)
 

そうしたイカサマなしの真っ当な社会では

お客様予備軍を育てることなしに
いきなり専業・独立で生計を立てるとか
ありえません!!!



あなたのお客様(予備群)は
現時点でどれだけいて

どれだけの周期でご利用いただければ
自営として成り立つか。

独立前に、計算しましたか?



単価2000円の占い師の場合

独立する前に1000人見たとしても

リピータになってくださるのを仮に1割とすると
助走分で、その年期待できるのは
100人のお客様(2000円×100=20万円)。

一部、年に2、3回利用してくださったとしても
せいぜい40、50万円。


で――何年かかったか知らないけれど
助走段階で1000人しか見れてない占い師が

それに加えて、生計立てられるほどのご新規さん
1年、2年で、どうやってつかむ気なのでしょうか??


そんな助走もしていない人の所ならば、なおさら
ゼロに等しい集客力と見通しで、
いきなり「お客殺到!」とか
常識的に考えれば、ありえないことです。


それなのに、自身の見栄やらPRのために、
そういう嘘を平気でついている人達が多数いるのが
占い師・ヒーラー・スピリチュアル業界と言えます。

「他者のため」だの「愛」だの語って、
悟りすましたフリをしていますが

そういうとこ、正直に言わないあたり、
「後進のこととか、どうでもいい」
「自分の見栄」「利己の心」しか感じられんです。


「スピリチュアルとか言っておけば、
根拠なくても、テキトーに言っておけばいい」
「まともに働きたくないから」「簡単にできそう」
で、この業界に関わる人もいますが


それで独立自営ぶられると
(自分、特に占い師目指してないのに)


自分の市場(足元)も把握できない奴が
人様の「現状把握」とか「未来予測」とか、ふざけるな


と思っちゃいます。


みなさんにお願いしたいのは、そうした
「言行不一致の嘘を見抜ける目を養ってください」
ということです。


そうして、創業を目指す方にお願いしたいのは

「安定収入を得る傍らで、ファンを増やしたり
やりたいことを、できる形から始めるなり
地道に根を生やしてください」

ということです。


植えてもいない種が根を生やし
成長して実を結ぶなんて考えているとしたら

変な「セミナー」だの「引き寄せ」だの
「スピリチュアル」に毒されて
現実見ないで、夢見すぎ!!!

と言えましょう。



同業者がたくさんいる業界ならなおのこと。

既存の、経験値の高いプロフェッショナルを差し置いて
ポッと出の、訳の分からない新人を選ぶ理由が
お客様にはありません。


でも、精神疾患だとか社会保障を受けているとは思えないのに
1年目で儲かっている(って言っている)人だっているじゃない??

と思われるかもしれません。


まやかしの手法はいろいろありますが。


ネットワークビジネスだとか
マルチ商法だとか新興宗教に手を出している方には
強固な「お友達」がいらっしゃいます。

仲間の結束で、商品買い合って
「儲かっているように見せかけることは可能」
ということだけ、申し上げておきましょう。

根っこは「ネットワークビジネス」だとか「宗教仲間」
「マルチ商法」の友だとしても


表で見えている顔が
「ヒーラー・セラピスト」だ「クラフト作り」だ
「コーチング」だ「整体・マッサージ」だ
多種多様なせいで

裏に隠されている「共通テーマ」が
見えにくいだけです。


そういう人達のイベントを、注意深く見てみると

いつも同じようなメンバーしか参加していなくて。

同じ人達の間でしか、お金を回していない

(あるいは回すこともなく、一方向に吸い上げている)

ことが観察されるかもしれません。


また、狭いサークルの間でお金のやりとりをして
「商売ごっこ」が回らなくなったら、

別の同様のサークルと協調して
お互いのサークル間で
お金等のやり取りをすることも可能です。


あなたの周りの景気のいいお話は
そうして作り出された
「繁盛PR」という可能性はありませんか?


そういう「お友達」を持っている人達に
頭を下げたり、おもねったり、
そこの商品を買ってあげたりすれば
短期的には売上は上がるでしょう。


でも、あなたが目指すのは
狭いサークル間でお金を回す(あるいは吸い上げられる)
「商売ごっこ」ですか?


そうではないなら、
誠実にやっているけれど儲かっていない今の自分を
もっと誇りに思ってください。


少なくとも、あなたは
目先の小遣い稼ぎと引き換えに、
お金で買えない周囲の「信用」を売り払ってはいません。



上記に書きましたが、十分な準備もないのに
たかが1年2年で稼げないのは当然のことです。


逆を言うと
「こんなに儲からないなら、やめようかな」
「みんなが変な人ばかり選ぶなら、やめようかな」


そんなふうに主権を他人において、人のせいにして
下手な恋愛の駆け引きみたいなことを考えているなら
やめてもよいのではないか、と思います。
(スイカ自身だって、時々そう思いますよ!)


ですが、仮にお客様が来なくても
自分がやりたくて
勝手にやっていることではないのでしょうか?


ビジネス化を目指す方は、当然
ビジネスとして成立しなければ困りましょうが

それを理由にやめたくなるなら
「その程度のこと」だったのではないのでしょうか?


諦めるタイミングが来ている
とは考えられませんか??


ですが、それでも「やりたい」だとか
「続けたい」と思うのなら

そうした「覚悟」を問われている
踏ん張り時ではないかと思います。


「やるだけやって、、もう打つ手がない」
「何を頑張ったらいいのか分からない」という方には
占い師として活路を模索するお手伝いをさせていただきます。


このスイカ、「まやかし」の手法を教えている人達の
会合やらパーチーに行ったこともありますし
その手法を目の当たりにしてきました。


恐らく、あなたの周りで
「鼻につく」「何か違和感がある」人の
その行動に潜む「からくり」には

そういうセミナーだったり、マルチだったり
宗教で教え込まれる手法が混じっているからかもしれません。


「あの人、悪い人じゃないし嫌いじゃないのに
○○なトコロが、ウザイんだよね」

「それは恐らく、○○セミナーの教えです」

などなど、モヤッとすることがあっても
理由が分かれば少しはスッキリしませんか?


「その人を嫌いではないし、嫌いになりたくないけれど
何かしらモヤっとする箇所がある」

「変テコセミナーにはどんな種類・手法があるのか?」

スイカの知っている範囲ではありますが
お答えできることがあるかもしれません。


3月21日(火)の占い師カフェでは
占いにまつわる話だけではなく、そうした
「ビジネス・スピリチュアル」業界に対する
「モヤッと!」にも、答えさせていただきます。

本人が「モヤッと」疑問に思われていることを
質問いただければ答えますが。


誹謗中傷だとか
まだ疑問に思ってもいないことに
わざわざ忠告するのは過干渉になるので
こちらからは、積極的に言えやしません。


「核心を問われなければ答えられない」
「スルーしたからといって肯定ではない」
とご了承の上でご参加ください。


◆「スイカフェ~帯広タラレバ女子会外部リンク
日時:3月21日(火)11時~16時 (入退場自由)
会場:雑貨とcafe PAO (帯広市自由が丘2丁目1-11)
会費:1000円 (PAOさん特製3種のスイーツ & ドリンク付き)
対象:女子だったら誰でも!!

申込み方法:
以下の①~③のいずれかで事前連絡いただけるとありがたいです♪
(参加することを人に知られたくない方は、②、③推奨!)

 →①FBイベントページ外部リンクの「参加予定」を押す
 →②三崎スイカ外部リンクまで、FBメッセージを送る(こちらから友達申請等は一切いたしません)
 →③三崎スイカに電話・ショートメールする(090-2870ー8789)

※申し込みなしでもご参加いただけますが
特製ケーキは通常メニュー外のため、当日急に増量できません!!
皆さんにスイーツが行き渡るよう、事前に一言表明くださり
数量把握にご協力くださいますよう、お願い申し上げます


【本日のぶぅも店長】

画像

やぁやぁ、我こそが
頑張っている割に一切報われない
天才霊能者・三崎ぶぅも様である!!

日々、不甲斐ない姪っ子の面倒を見
奮闘しておるというのに、一向に評価されん!!

「やりたい」のでも「好き」なのでもないのに
あのボケナスに、三崎家の繁栄がかかっているのだから
仕方がないわ!!



<<
>>




 ABOUT
帯広の週末占い師♪三崎スイカ
十勝・帯広で、週末だけの道楽占い師として活動する、タロット翻訳家(Tarot Compiler)・三崎スイカです♪

言葉の力で、日々の「イラッ」を「クスッ」に変える魔術実践を目的に、2015年3月3日『いらっくす』設立。

店長:三崎ぶぅも(伯父・牛のぬいぐるみ)
代表:三崎スイカ(人間)
副店長:三崎福郎(弟・フクロウのぬいぐるみ)による、三大巨頭体制で運営中。

性別
年齢30代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
三崎スイカ(MISAKI Suika)
住所帯広市
TEL090-2870-8789
営業13:00 - 17:00
時間外・イベント応相談。お問い合わせください
本業中出られないため電話(ガラケー)はショートメールのみ対応
定休随時、適当に需要があれば活動中!
 2017年3月

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
 2017年4月

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
休業日
11時~15時 なんでも鑑定会 in PAO
札幌出張
13時~18時 なんでも鑑定会 in PAO
11時~16時 タラレバ女子会 in PAO
なんでも鑑定会inPAO 13時~17時
お守り作りWSinPAO 11時~17時
占い師カフェinPAO 11時~16時
雑貨ギャザリング 11時~17時
雑貨ギャザリング 10時~16時
 カウンター
2015-03-01から
150,022hit
今日:124
昨日:303


戻る