20171016(月)

ダメダメウォーキング


風がだいぶ冷たくなってきましたが、晴れた日のお散歩にはちょうどよい季節になってきました

病院の数値やら、運動不足やらで手っ取り早く始めようとするウォーキング

体のためと言いながら、意外にウォーキングで体を痛める方多し

ウォーキングは足だけを使う運動のように思いますが、体は全身連動して動きます
つま先だけを上げて歩くのではなく、お尻の筋肉を使いつま先で地面を蹴るように歩くのが理想なのですが、まずこのフォームがなかなか難しい

運動も体のバランスを整えて、効率よく体を動かせるようなってからはじめることが大切なのですが、体のバランスが崩れた状態でつらい箇所をかばうようなフォームでは思うように歩けず…
歩くほどに腰痛がひどくなったり、膝にまで負担が掛かって歩けなくなったり、かえって運動不足になるという事態も珍しくありません
こんな状態では体も重く、精神的にも無理矢理動かすような状態になるので、ウォーキングを習慣づけるのも難しいはずです

そして歩いたことに満足して意外におろそかにしているウォーキング後のクールダウン
歩いた後は必ずストレッチやお風呂に浸かるなどして、疲労を残さないようにすることも大切
筋肉をつけるということは意図的に負荷を与えて疲労させるということでもあるので、しっかり疲れを取らなければ血流が悪くなりかえって逆効果
筋力がついてかたくなったと思っている筋肉は、実は疲労によってかたくなっているだけの場合も多く、こういった柔軟性のない筋肉は、疲れやすく怪我しやすいというリスクもあります

たくさん歩くと足のすねが痛くなるという方はしっかり地面を蹴って歩けていない証拠
お尻の筋肉を意識して歩くとヒップアップにもつながりますし、何より歩き方がキレイになります
体を前に押し出すように歩けるようになると速度も自然とアップ
ウォーキングの時だけでなく、歩く度に意識することで消費カロリーも増えますね
階段もお尻を意識して上がるようにしてみましょう

よくつまづく方は足先さえも上げられていない可能性があるのでもも上げも一緒に始めるとよいでしょう
もも上げは腹筋の運動にもなるので、お通じなどにも影響してきます

しっかりとした下半身とバランスのとれた体は怪我や転倒のリスク回避にも
仮に怪我しても骨折するような状況が軽い捻挫で済んだり、バランスがよいということは血液の流れもよいということなので、治癒力の高さから回復も早いようです
これから冬に向けて、滑って転ばないためにも強い足腰でいたいものですね

「こんな体ではまだ歩いてはいけませんよ~」と言っていた方が体が整って歩けるようになり、ウォーキングでは物足りなく走り出すようになるのは微笑ましいですね
バランスが整って体が軽くなると自然と心も前向きに
ココロとカラダのつながりを感じますね

そして今年もあっという間にフードバレーマラソンがやってきますね~
皆さんの健闘をお祈りしています

★★はじめての方におすすめ★★

運動をはじめるにもまずは体を整えてから

おためし3回コース 12,000円






概観
分類タグてあて
住所帯広西2条南24丁目13
TEL090-5327-5294
  • 当ガイドは一般ユーザーによる投稿情報が元になっています。情報が必ずしも最新・正確とは限りませんのでご了承下さい。
営業時間10:00 - 18:00
定休日不定休
URL
 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
てあてやさん
女性ホルモンにふりまわされない体づくりを提案する整体院。
アラフォーてあて師のあれこれ。
ココロ豊かであれば人生どうにかなる!!

性別
年齢30代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
 ブログカテゴリ
 カウンター
2017-03-13から
3,114hit
今日:4
昨日:3


戻る