2018122(月)

キャンパーさんも中休み?

キャンパーさんも中休み?

【メイン画像】
病院に向かう途中 思わず撮った剣岳 (へたくそだ~!)


先週はキャンパーさんの予約が無いまま 週末山作業をするが、妻が喉の調子が悪いと 個人病院から 総合病院に転院 そのまま検査入院・・。
10時半頃 コニファーを出て病院に向かうが、本当についている。
昨年6月からず~っとキャンパーさんがいたので 本来であれば、病院に駆けつける事すら出来なかったはずなのに・・!

ノンストップで病院に行くと検査中  病室に戻り 幸い数日で退院できると聞いて一安心する。

病院にいると、リピーターの田○さん(日高管内)から今日行くと予約電話!♪

その旨を伝えお好きなサイトに設営してと伝える。勝手知ってるリピーターさんで良かったと思う。

2時半頃戻ると 田○さん設営を終えたところ。
画像
田○さん「週末に一組だけなんて」と驚くが、こう言うときもありますよ!

画像

画像
貸し切りの贅沢キャンプを楽しんで♪・・と。


画像
翌朝は 煙突の煙で安否確認(^_^)v

この冬は 冬キャンパーさんが全体的に増えているのか、各メディア数社から情報収集の電話がある。
通年キャンプ場も増加傾向にあるようだ。
私自身 流行ものは好まないがキャンプ人口が増えるに越したことはないと思っている。
いずれにしても苫小牧アルテン・ニセコサヒナ以外、殆どが自治体の管理するキャンプ場ですので、コニファーでしか出来ない事を これからも続けていきたいと考えていますので、ご利用下さいね!



2018118(木)

鹿肉ステーキパーティー♪

鹿肉ステーキパーティー♪

週初めに所用足しに山を下りる。
基本的には週に一度、身体を休める時かもしれない。 とは言え その行動はのんびりとしたものでは無い!
自分でも思うが、目的をもって目まぐるしいほど動きまわり時間があっという間に過ぎる。
その間、キャンパーさんからの電話!
聞くと リピーターさんなので先ずはホッとする。

15時前にコニファーに戻ると 時折降る雪の中設営を終え 落ち着いた様子のサイトにご挨拶
画像
Esaさん(札幌:3泊) 昨年10月以来のキャンパーさん。

薪スト用の薪を沢山持参し3連泊に備える。


翌朝 除雪に外に出ると ブラックボックスの新雪が足跡だらけ!
画像
中には 先日仲間が持ってきてくれた鹿肉が入っている。
臭いを嗅ぎつけやって来たクロテンに違いない!・・と罠を見に行く。

案の定 掛かっていた!
画像
可愛い顔をしながらも 近寄ると威嚇する。 この間の「正吉」とは違うようだ。

午後に 罠ごとトラックに積んで 放しに行く。
面倒くさいがしょうがない!

Esaさんは温泉等にお出かけ♪


画像
翌々日には 釧路からのリピーターさん SaさんとKonさんが冬キャンに初挑戦!でやって来る。
なんと!テントはワカサギテント一張り
到着するなり 嬉しさ?で感嘆の声を上げる!  私の方が驚く。

画像
何やら SaさんがKonさんにプレゼント♪  以前、持っていない物らしくKonさんサプライズに満面の笑み(^o^)  良いお仲間だ!

夕方には 連泊キャンパーさんのEsaさんとキャンプ談義♪
画像


画像
午後に到着した YaさんとSakaさん(札幌)の女子二人♪
早速 山小屋前の焚き火でパエリヤとスープ作り♪
たまたま来ていたOさんのお母さん ご指導・ご鞭撻(笑!)
(Oさんファミリーは10年前にコニファーをオープンしたときの第1号キャンパーさん。)未だにおつきあいをさせてもらっている。

先週 T氏が持ってきた鹿肉・・2日前にやっとブロックに切り分けた。
15kg以上はある。 中には最高のステーキが出来そうな部位も。
とりあえず2パックを解凍し シートにくるんで寝かせておく。

折角なので キャンパーさんに食べてもらおうと19時にログにて鹿肉の試食会をしようとお誘いする。
画像

画像
インスタ用?の撮影会?

出来映えは 最高!!
画像
皆さん お食事を食べてきたにも関わらず箸が止まらない! 「旨~!」
「美味しい!」を連発!  肉は柔らかく癖もなく 2kgの鹿肉は完食!
良かったー!
あれだけの重たい鹿肉を持ってきてくれたT氏に感謝<(_ _)>


画像

画像
翌朝の サイト風景   安否確認!異常なし。



2018115(月)

十勝晴れ~♪の キャンピング♪

十勝晴れ~♪の キャンピング♪

【メイン画像】
北を見渡すと 珍しく大雪山山系がくっきり 良いカメラと良い技術があれば凄い写真が撮れるのだが・・。 残念


今年の冬は 例年時期に比べると降雪量が多い。
それも、ドカ雪ではなく20cm前後の降雪日が頻繁(-_-)

でも、週末は まさに十勝晴れ~!♪ これ以上無いと言うくらいの青い空が眩しい!


画像
数年前から年に数回やって来るSaさんファミリー(地元)

画像
平日に帰った3人の野生児が掘ったかまくらにスコップを持って修正
画像
穴があったら入る。
画像
山があったら登る。

先週来ていた3人の野生児君達と一緒であれば どうなっているのだろう?か。


画像
親は お隣さん大○さん(地元)のテントサイトに表敬訪問 冬キャンの情報交換


画像
気温の変化(アップダウン)も激しい。 朝はマイナス20度!
此処コニファーは個人で営むキャンプ場としては 間違いなく「日本一寒いキャンプ場」と言える。

金曜日に出没していたクロテンの「正吉」 (例年やって来るクロテンの名前は正吉と決めている)  罠にかかっていた!
画像
罠にかかった野生動物に餌を与えて バクバク食うのはクロテンくらいだ!

画像
初めて見るクロテンに興味津々  でも、今年の正吉は目茶苦茶おとなしく可愛い♪
でも、油断するとサイトに来てクーラーをこじ開けたり 生ゴミ等を荒らすので要注意!


罠にかかった「正吉」を数km離れた場所に連れて行き放す。
今年の冬もそれを何回来る返すのだろう?



2018112(金)

野生児達の3日間♪

野生児達の3日間♪

火曜日の平日(9日)から3泊した母子ファミリーキャンパーさん(釧路)♪
お友達2家族で冬キャンが初めて! 到着後から時間が経つにつれ子供達の逞しさに驚く。

到着して間もなく 斜面を見つけてはソリ遊びに興ずる子供達!
画像

画像

画像
ここまでは普通の子供のように思われた。


画像
食事はBBQハウスで・・。


翌朝も 朝から雪遊び♪
画像

画像
雪を紙コップに入れて しゃれたドリンク(カルピスウォーター)を楽しむ子供達♪
つららを食べたりしては お母さんに叱られる。

画像
そこにお母さん達も加わり 雪遊び? 実はお母さん達も野生母??


画像
薪割り体験♪

画像
事前に仕込んだ豚バラ肉をスモークし簡単ベーコン作り♪
画像
まだ残っている煙を上手に活かしスモークする♪

画像
夜は焚き火~♪

画像
最終日の朝は雪~! お構いなしで雪遊びを楽しむ♪

私は基本的に キャンパーさんの子供達の名前を記憶し 声かけを心がけている。 でも、お盆とか夏場は覚えきれないので最初から諦めている。

野生児のTake・Syow・Kou君!


画像
帰る前にはご近所訪問 礼儀もしっかりし私自身の子供の頃を思い出しながら今日日珍しい子供達と接し微笑ましく思った。



3日間 クロテンの罠を仕掛けていたのに・・ 野生児達が帰り安心したのか?(笑!) クロテンが今季初めてログデッキに顔を出す。
画像

これからクロテンとの戦いが始まる・・。 可愛い顔に誘惑されないように・・。



201819(火)

年明けの1週間♪ その②

年明けの1週間♪ その②

その①からの続き


【メイン画像】
4日に来られた石○さん(埼玉県)のドローンから写したコニファー北西地域(あいにくの天候で大雪山系が見えない)


やっとの思いでやって来た 自称:「コニファーの札幌広報支部長」 哲さん。
画像
仕事のせいか? 多少お疲れ気味の表情?

事実札幌のキャンパーさんからの予約電話の中で「支部長から聞いたのですが・・。」という問い合わせは数件ある(^o^)

早速山小屋前で焚き火をすると 哲さん本来の満面の笑みが・・。
画像

夜遅くまで Sakaさん(山形県:2泊)と山小屋前で焚き火を囲みながら一献傾けていた様子



画像
川沿い北の隠れ家サイトには Kusaさん(北広島)がテンティピを張る。

画像
反対にある川沿い南サイトには斉○さん(管内)が設営


画像
ログ東にはSugaさん御夫妻(室蘭:2泊)が・・Sugaさん御夫妻ご存じかと思いますが、年越しをして3日に帰ったばかり(驚!)
なので、必要な物を山小屋に残置
画像
間もなく山○さんも合流!


画像
雪の少ない苫小牧から久しぶりでやって来たTakaさんファミリー♪
以前来たときも 子供達は雪まみれになりながら雪遊び♪
画像
ha君 早速雪まみれ まるで本州から来た子のよう(^_^;)

夕方に姉弟で差し入れのピザを持ってくる。
画像
夜 チームコニファーの皆さんと完全完食! 美味しかったですよ♪


画像
千○さん(地元)は到着するなり 勝手知ったる薪割機で薪を割り焚き火を楽しむ♪ 

以上 年明けの1週間の様子でしたが、今日も釧路からキャンパーさんが来る予定なので、後日アップしたいと思います。



<<
>>




 ABOUT
森の遊び人
平成10年当地の森林を開拓 現場の木と廃材を利用し山小屋等を建築 同19年7月に隠れ家的オートキャンプ場 「遊び小屋 コニファー」(通年)をオープン
現在、ログコテージの建築をしながらキャンプ場を整備 簡単木工製品作り・予約でのパン焼き&燻製作り等が体験出来ます。
焚き火で暖をとりながら心を癒やし小川のせせらぐ音、風の音と鳥のさえずり、晴れの日には満天の星空の中で至福の時間を体験しませんか?


性別
年齢60代以上
エリア清水町
属性事業者
 GUIDE
隠れ家的オートキャンプ場 「遊び小屋コニファー」
住所清水町旭山2番地56
TEL090-1642-6418
期間1月上旬-12月下旬
(予約制)
定休年中無休
 ブログカテゴリ
 カウンター
2007-09-19から
715,900hit
今日:32
昨日:212


戻る