2018920(木)

修学旅行生ホームスティ♪

修学旅行生ホームスティ♪

数年前に たまたま見た新聞・・大阪池田市 池田高校のホームスティ受け入れ家庭の募集!  私の3女が池田市に嫁いでいるので連絡をしてみる。 確か4年前位だろうか?  それがきっかけで関西方面の高校生を かれこれ20名以上の高校生を受け入れている。 基本的には畑作・酪農・漁業関係者が主なのだが、此所コニファーはキャンプ場!

高校生と対面するまでキャンプ場での作業体験は誰も分からないと思う。

ましてキャンプ場の個人オーナーで通年となると 道内でも僅か。

引き受けた以上 作業の体験メニューを考えなくてはいけない。
もちろん安全管理が一番!


今回は大阪府立市岡高校の男子生徒4名
学校紹介を見るとユニバーサルスタジオ・ジャパンのすぐ近く。
文武両道の歴史ある高校で 過去にスポーツでは硬式・軟式どちらも甲子園出場や全国大会に何度も出場し 文化系においては吹奏楽部の活躍が目覚ましい事にあらためて驚く。



【メイン画像】
翌日 ハードな作業後に 「きこりスタイル」でワンショット!
かっこつけてはいるが、かなり疲れている。笑!



本来であれば町文化センターの入村式にお迎えに行かなくてはならないが、常時キャンパーさんもいるので、 今回は役場の方で送迎をしてくれる。
16時頃到着 個人プロフィールを見ながら宿泊場所・これから明日にかけての作業内容を伝える。

夕食まで時間があるので、先ずは焚き火用の薪運搬と薪割り!
画像

画像
聞いてみると 薪割りはしたことが無いと・・でも時間が経つにつれ上手になって夜の焚き火用の薪は確保できたよう。

シャワー後の夕食♪ 順番はジャンケン!
画像
夕食はログデッキにて 定番のジンギスカン♪
昼食は千歳空港近くの某所だったみたいだが、量が少なかったみたいでお腹がペコペコだったと・・皆さんドンブリ2杯おかわりしていました~!

炭の熾きが残っていいるので、ついでに明日のメインメニュー 特大サンマを焼くことにした!
画像
手が回らないので 子供達に交代でサンマ焼きー♪


その後 薪割りした薪で焚き火を楽しむ♪
画像

画像
熾きさえしっかりしておけば生木でも燃える!


フリータイム後23時消灯
画像
ベッドあるのに、みんなで川の字 (^o^)

明日の起床は6時半 7時半朝食を伝える。


前日にジャンケンで決めた 大根の摺り下ろし担当
画像
めちゃくちゃ早く摺り下ろしが完成!

画像
特大サンマ・野菜具だくさんの味噌汁・選択メニューの温玉&目玉焼き
納豆・たらこ等 完食!!


休憩後 8時半過ぎから作業を始める。
材木の整理とサイディングの移動がメイン

裏山の分厚い板 重さは80kgはあるだろうか?
画像

所要の場所に移動し 次はサイディングの移動作業
画像

スポーツでの運動筋肉とは違った作業に 中にはすぐにギブアップする子もいるので、要所に休憩しながらの作業

画像

画像
時間と共に 作業要領を覚えてスムーズな作業に・・やれば出来るものです。 でも、安全第一!
私はやんちゃな性格もあり、このコニファーを開拓しログ建築作業中 足場から転落し肋骨3本骨折、スライド丸鋸で左手中指切断、斜面転倒で肩鍵盤切断等々キリが無いほどの怪我をしているので怪我をさせない事に注意を払う。


過去 子供達の昼食は焼きたてパンとパスタだったが、今回はご当地メニュー「豚丼♪」 フライパン焼きと炭焼きどっちが良いか聞いてみると皆さん炭焼き~♪
でも、折角焚き火があるのでその火を利用しようと 焚き火での「炙り焼き~♪」   なにも、炭火でなくても調理は出来る!

画像

画像
炙り焼きの肉に山椒を振り掛け 「旨い!旨い♪」とこれまた完食~!♪

昼食後は 2時過ぎのお迎えまではフリータイム♪
にも関わらず 薪割りを始める子供達

短い期間 初めての体験ばかりだったかもしれませんが、少しでも心の中に刻まれ、これから将来の長い人生の中 何某か活かしてくれれば最高~ですね!
また、予てから気がかりだった 作業を終えることが出来 子供達には感謝しています。



2018917(月)

去りゆく夏を楽しむ♪ その②

去りゆく夏を楽しむ♪ その②

去りゆく夏を楽しむ♪ その①からの続き。

【メイン画像】
イージーライダー?軍団のバンガロー脇での焚き火~~♪


当キャンプ場 遊び小屋コニファーは 観光地のキャンプ場でもなく、国道からも数キロ南に入ったキャンプ場であり、受付名簿を見ると「当キャンプ場を利用した理由欄」の殆どがインターネットだというのが特徴でもあるのかなぁ?と感じている。
従って 地元の方よりも管外のキャンパーさんが多い。


そんな中 友人の紹介でやって来たKuさん(帯広)は焚き火とソロキャンを満喫♪ していた様子
画像


画像
いつしか Koさんファミリー 母子キャン早○さんのテントサイトにて交流♪ しばらくご一緒していたみたい(^^)




画像
2泊目のKoさんファミリーの元へ地元のお友達ファミリーが表敬
やはり、コニファーの存在を知らなかったみたい。



画像
コニファー流 焚き火♪ 

画像
旬を食らう!



画像
夕方に イージーライダー軍団 到着!!
2年ほど前から 来たかった!と。
あまり期待感をもって来られると外れます(笑!)

4輪でのキャンプもするようで、今度は冬キャンに挑戦するとも・・。

画像
バンガロー脇のタープ下で食事中♪



画像
翌朝は 出発前に写真撮りまくり

画像
Koさんの男の子 バイクに興味津々で バイクに乗ってのワンショット!


画像
Koさん御夫妻 コニファーの歴史って言ったら大袈裟ですが・・20年前のの開拓写真を見ることに。 若いママが「涙が出そう」と感動していた様子にこちらが感動!

チームコニファー軍団は今週の3連休にも来ると。・・嬉しいですね!



2018917(月)

去りゆく夏を楽しむ♪ その①

去りゆく夏を楽しむ♪ その①

未だ余震が続く道内  少しづつではあるが日常を取り戻しつつある力強さに驚く。 特に、今3連休道央圏から来られるキャンパーさんは震度5~6を目の当たりにして身辺が落ち着かない中にも関わらず、コニファーに来てくれた事に感謝の気持ちで一杯! 恐縮する気持ちの方が強いかもしれない。


【メイン画像】
週末3連休♪ Konさんファミリー(札幌:2泊)のカラフルなソーラーランタン♪



画像
地元の田○さんペア♪  周辺から集めた木で焚き火を楽しむ♪
結局 焚き火用の薪2箱を使い焚き火を堪能していた様子

画像
以前 下見に来られた地元のMiさんも焚き火三昧♪




画像
金曜日の夜には「金張り軍団 チームコニファー」のSugaさん御夫妻
(室蘭:2.5泊)が到着設営!  翌日 仲間の先遣になる。


画像
翌日の午後には、いつものようにログ東に陣取る(旭川・札幌・石狩管内:2泊)


画像
Satoさん3名(旭川)のお仲間も 川沿いにテントを張る。


画像
松○さん御夫妻(函館)は工房南サイトの川沿いに設営するが、遠くからお疲れのせいか 早い就寝に驚く。


画像
その西隣には、いつもの母子キャンパーさん(地元)早○さんが大きなテントを設営!


画像
以前、下見に来られたItoさん御夫妻(札幌:2泊)サイト
翌日は奥さんが仕事のため 新得駅まで送っていく事に・・。
画像
合間に、ハンモックでまったりと過ごしていた様子



画像
ワンちゃん連れの田○さん御夫妻サイト(倶知安)


画像
昨年からすでに10回近く来ているSidoさん(旭川:2泊)はいつものようにマイペースでキャンプを楽しむ♪


画像
原さん御夫妻(中標津:2泊) 私の元職と同じ方で かれこれ二桁以上はリピートしていますが、 来る度 話す度に人生の生きていく方向が似たような気がしてならない。


画像
山小屋前を陣取るkonさんファミリー(札幌:2泊)は焚き火場を拠点にまったりキャンプ♪

画像
バンガロー・川沿い南サイト周辺


画像
チームコニファー Sugaさんの奥さんは 粉からパン生地作り♪



その②に続く。



2018910(月)

台風!! 地震!! コニファーの7日間 その②

台風!! 地震!! コニファーの7日間 その②

その ①からの続き。

地震による全道規模の停電に、あらためて電気の重要性を再認識させられるとともに遮断したときの適応力の弱さを痛感した。
また、これからも起こりえる 様々な自然災害に対応できるような力を養う必要があることも実感する。
キャンパーさんはアウトドアーが基本だから、まだ良いが・・・。



【メイン画像】
丁度 2年前の台風でこの小さな川の水量が5倍位に溢れ川沿いサイトの半分以上を押し流し流木と岩石だらけになった事を忘れないようにしよう。




画像
土曜日の朝 ライダーのMiさんに 朝食は食べたの?  ライダーさん定番メニューのカップ麺かレトルトだろうと思い聞いてみる。

食べたとは言いつつも、昨日パン焼き体験希望の山○さんのパン生地・・
発酵してもったいないのでガスを使って ダッチオーブンで焼き上げたパン♪  食べてもらうことにした。

画像
さすが若いだけある。 パンとクリームシチュー・ウインナー等を美味しいと言って食べてくれた。
沢山の食材を持ってくる4輪のキャンパーさんと違いライダーさんの食事は簡単な物が多い。

彼曰く 2日ほど前に釧路で「1週間ぶりで豚丼(米の飯)を食べたとき涙が出そうになった・・。」 それを聞くと私の胸に込み上げるものが。

今日の夕には苫小牧から離道するらしい。



地震の影響で 週末予約のあった 道央圏のキャンパーさん5組の方は全てキャンセル。 当然ですよね!



週末は 地元のキャンパーさんが来られる。

画像
リピーターのSaさんファミリー(帯広) 今回 コニファーお初の幕を張る。 生地はコットンだ! 冬でもいけそう!


画像
勝手知った コニファーサイトで 子供達はハンモックに興ずる♪

画像
石を組み 裏山から拾ってきた枝を燃やし ワイルドな野外料理♪
肉を炙り焼き~~♪


帰りにはSaさん いろんなキャンプ場に行くけど子供達は「コニファーに行こう!」と一番のお気に入り?みたい?  嬉しいコメント♪



画像
初めてご利用いただいたIsiさんと山○さんGP(帯広)
焚き火をしながら 持参した薪の残りをケースごと置いていってくれました。<(_ _)>ありがとうございます。


地震後に 沢山のキャンパーさんから「影響無かったですか?」「連休は営業してますか?」と問い合わせがございましたが、全く通常通り営業していますので、どうぞ御安心下さい。 私が生きている間は営業しています(^_^)



201899(日)

台風!! 地震!! コニファーの7日間 その①

台風!! 地震!! コニファーの7日間 その①

週末キャンパーさんが帰られ 静けさの戻ったコニファーサイト
月曜日からは道内を行脚する本州からの旅人キャンパーさんがやって来る。
でも、心配なのは 台風21号の接近! 経路がそれ影響が無いことを願う。


【メイン画像】
埼玉からやって来た山○さんサイト 焚き火の火熾しに四苦八苦しながらも遅くまで焚き火を楽しむ♪ 
この日の夜半3時7分に地震!停電になるとは誰も予測はしてない。 停電になると汲み上げポンプも駄目で 当然断水
ラジオを聞くと 復旧の見通しは不明



月曜日にやって来たTakaさん(東京)以下 男性3人衆は炊事場で野菜たっぷりのヘルシーメニューに腕をふるう。
画像

画像



同じ場所に入れ替わるように Kokuさん(埼玉)がテントを張る。
画像
今年1月3日にご利用いただいた石○さん(埼玉)からの紹介だと・・。
口伝えはうれしいですよね♪

台風の影響が出始め 少しずつ雨が降る中 焚き火を強行!
画像

画像

雨が本格的に降り出す中 ライダーさん(千葉)

3名到着!
緊急避難的にバンビバンガローに・・。
画像
濡れた衣類を干し 快適空間に大喜び♪

夜半の雨風を想定し Kokuさんのテントペグ等を再確認 備えを万全にして休む。


翌朝 以外や以外 台風の影響は何も無いどころか 晴れ間が~!♪

画像

画像
テントを乾かすKokuさん



またまた入れ替わるように山○さん(埼玉)がテントを張る。
【メイン画像】
炊事場で夕食作り♪
画像


画像
キャンカーは東京からのHoさん御夫妻が隠れ家サイトに進入 コードリール電源を接続
皆さん まったりと過ごしていた様子

この日の夜半に結構大きい地震とともに携帯警報アラームが・・。
でも、収まったのでそのまま休むことに、停電は起床後に気がつく。

テレビつかない! 水でない! ラジオを探す! こんな時ラジオはありがたい! 携帯はライン・メールが次々と・・。
長期に亘ると腹を決める。

山○さんからのパン焼き体験はやむなく中止
洗い物は 大きなタライを川に持って行き 川水を利用する。

T氏から電話 頼んだ訳ではないのに「これから水を持って行きます!」と。 ありがたい!

画像
電源が切れたキャンカー内で休むHoさん御夫妻 寝不足に違いない。

道内全域での停電 キャンパーさんは情報収集しながら次の予定地に向かうが どう過ごされたのだろうか?


さすがに6日当日からのキャンパーさんはいない。

6日の日中は 水を持ってきてくれたT氏とお仲間 ランタンまでもメンテしてくれ 夜に備える。

翌7日の未明 電気がきた~~!!(^^)/
でも、所々みたいだ。 先ずは一安心するが、未だに復旧していないところがあるので手放しでは喜べないところもある。


7日には 今年の夏場から3回目の石○さん(帯広)が来られる。
画像
いつもなら焚き火を楽しむはずが・・夕べの勤務疲れか お休み中でした。

画像
隠れ家サイトで 自然を満喫していたMuraさん(横浜)御夫妻


画像
ライダーのMiさん(東京) 到着後に買い出し・温泉にと言っていましたが、温泉も遠くまで行かなければやっていないと。

ログの風呂に入ってもらうことに決めた! しばらく風呂に入っていないMiさん大喜び♪  ケースバイケース (^_^)



台風!! 地震!! コニファーの7日間 その②に続く。

※地震の際には、多くの皆様からの安否確認メール・電話等頂き感謝申し上げます。 ありがとうございました。



<<
>>
  • プライバシーポリシー

お客様からお預かりした大切な個人情報(ご住所・電話番号・E-Mailアドレス等)は、商品発送などの通常業務以外には使用しません。
  • その他





 ABOUT
森の遊び人
平成10年当地の森林を開拓 現場の木と廃材を利用し山小屋等を建築 同19年7月に隠れ家的オートキャンプ場 「遊び小屋 コニファー」(通年)をオープン
現在、ログコテージの建築をしながらキャンプ場を整備 簡単木工製品作り・予約でのパン焼き&燻製作り等が体験出来ます。
焚き火で暖をとりながら心を癒やし小川のせせらぐ音、風の音と鳥のさえずり、晴れの日には満天の星空の中で至福の時間を体験しませんか?


性別
年齢60代以上
エリア清水町
属性事業者
 GUIDE
隠れ家的オートキャンプ場 「遊び小屋コニファー」
住所清水町旭山2番地56
TEL090-1642-6418
期間1月上旬-12月下旬
(予約制)
定休年中無休
 ブログカテゴリ
 カウンター
2007-09-19から
765,389hit
今日:116
昨日:149


戻る