2018218(日)

3連休後の冬キャンパーさん達♪

3連休後の冬キャンパーさん達♪

早いもので もう2月半ば、あと1ヶ月辛抱すれば気温が上がり雪解けを期待しながらいるところ。
今年は雪が多く、あちこちに雪山が・・。
まして、天候(寒暖差等)の変化が激しい感じがする。

3連休は荒天にも関わらず、大勢のキャンパーさんが来てくれた事に感謝

嬉しいことに 連休後の平日にもパラパラとキャンパーさんが訪れ まるで夏場と変わらない感じがする。

【メイン画像】
連休明けの火曜日は Komiさん(道南:2泊)がやって来る。
聞くと 私の元職と同じだと、どうやらネットで私の元職を知っていた様子
画像
風よけに タープで周りを囲い 薪ストを設置したこのスタイルは初めて見る。


画像
翌日、お隣にはSetoさん・Nanさん(札幌)の女子キャンパーさん♪ ワンちゃん3匹も同行
画像
快適空間作りを見ると、薪ストはテンティピストーブ 沢山の薪を用意し暖とりと調理に大活躍! 煙突もしっかり固定された構造にさすがテンティピ!♪
画像



翌朝、何となく気になっていたお二人のジャケットとキャップ♪
画像
なんと!!  北の国からの五郎さんスタイルでした~♪
画像
私が ここを開拓していた時期に 北の国からのオリジナルソング♪をかけその曲に浸りながら山作業した時期もあった。

それは あくまでドラマの話  私はそれを実行した!
現場の木、捨てられる多くの建築用廃品(殆ど新品) 実にもったいない話だ。 世の中の仕組みがそうだからしょうがない。 でも、それだから実現できたのかもしれないし多くの協力者のおかげだとつくづく思う。


横道にそれましたが、お二人のスタイルを見て微笑ましく思いました♪


画像
リピーターのWataさん(地元)はログ東サイトにテントを設営
画像
遅くまで ソロキャンを楽しんでいた様子


画像
雪が激しく降る中やって来た Gunさん御夫妻  雪が降る中テントを張り、緊急避難場所は車中へと・・。 でも、未明には雪もやみ ホッと一安心♪
夕方のまったりタイム♪
画像


尚 今更ですが、コニファーにおいてはテントと車は極力 同じ場所と考えています。
従って、立派なオートキャンプ場のようにきちっとした区画割りはしていません。 あくまでも テント・タープ・車のサイズを考慮し設営して頂く事を心がけていますので、ご承知下さい。



2018213(火)

激混みだった3連休♪ その②

激混みだった3連休♪ その②

その②からの続き。

時折降る雪にも関わらず 隠れ家的なキャンプ場 遊び小屋「コニファー」も今時期にしては珍しい賑わい。

来てくれる事は嬉しいものの、何かと忙しさが増す。
除雪はもちろん コードリール電源の用意 焚き火用の薪・トイレ&洗い場のチェック等々・・当たり前かも知れないが個人で営むキャンプ場を運営することは容易ではない。

そろそろ後継者を探さなくてはいけないと思いつついるところです。


画像
雪の降りしきる中 やって来た安○さん(札幌:1泊) 冬期間は設営しない場所にテントを張る。昨年はバイクでご利用頂いたリピーターさんだ。


画像
Lull会の皆さんは ロッジでの大宴会♪
5年前以前は ここが拠点でよくキャンパーさんはじめ 仲間と飲食をしたものだ。



画像
翌朝 Mizoさんご夫妻と山○さんは 裏山にスノーシューでお出かけするが、何か分からないが 野生動物の巣を発見! 写真を見ても分からずじまい。


画像
10日 遅くに到着した 三○さんファミリーは ジュエリーアイスを見に観光にお出かけしたり 久しぶりのコニファーキャンプを満喫した様子で「楽しかった~♪」と嬉しいコメント

画像
11日遅くに到着したYosiさんファミリー。
網走で釣ってきたワカサギを生きたまま連れて来ました。
画像


最終日の夜 BBQハウスに集まった「チームコニファー」の皆さん!
1次会は BBQハウスで・・。
画像
2次会はログに集まり鹿肉パーティー♪
画像

今回はビーフシチューならぬディアシチューとディアステーキに舌鼓♪
数年前から年に何十泊もするスーパーリピーターさんならでは・・。

画像
翌朝の「チームコニファー」サイト


連休明けの 今日・明日以降の冬キャンパーさんの様子は後日アップしたいと思います。



2018213(火)

激混みだった3連休♪ その①

激混みだった3連休♪ その①

3連休間の気になる天気予報は、降雪予報。
前日の9日だけは まずまずの十勝晴れ♪


【メイン画像】
Lull会(地元・札幌圏)の面々 冬遊びを満喫~~♪


9日には冬キャン初めてのSidoさん(旭川:2泊)がバンガロー脇の除雪跡に車を進入
画像
後方にテントを設営 コードリールと銀マット・もう一つのシュラフ等を貸し出す。 やっぱり初めてとなると不安だと思う。

夜になって仕掛けたクロテンの罠にクロテンが~! とSidoさん知らせにやって来る。 Sidoさんの撮った写真を見ると もう1匹いた様子  明日からやって来る子供達に見せてあげようと、餌をやり山小屋に入れておくことにした。
画像


9日夜には年に数回 神戸から飛行機でやって来るMizoさん御夫妻(3泊)も無事到着
間もなく、山○さん(石狩郡:3泊)も到着!
しばし、ログにて歓談♪

画像
翌朝は オリーブ御夫妻(札幌:2泊)も到着!


画像
お昼頃からあいにくの雪模様 地元の坂○さんのお仲間Lull会の面々が逐次集結! 設営を済ませる。
画像

画像

皆さん揃ったところで ソリ引き大会(タイムレース?)が始まる。
画像
なにやら 優勝者には豪華景品が・・。

画像
クロテンの「正吉4」に餌を与える子供達


画像
山小屋(ロッジ)はLull会の夜宴会場 食事の準備中♪

画像
子供達はロフトではしゃぐ♪  食事が始まったら 静かにしてね~。


画像
BBQハウスでBBQを楽しむ 横○さんGP(札幌:1泊)


画像
初日はSugaさん御夫妻(室蘭:2泊)のテント内にて チームコニファー軍団がMizoさん御夫妻を交え夜宴で盛り上がる♪


画像
川沿いのテントグロウ♪

20時頃に 久しぶりでやって来た三○さんファミリー(旭川:2泊)がやって来る。
嬉しい再会だ。 Tai君も大きくなっていた(^_^)
ログにてしばし歓談♪

その②に続く。



201826(火)

二日続いた除排雪(-_-)

二日続いた除排雪(-_-)

週末から日曜日にかけて雪が降り続く。

日曜日は一切の除雪をあきらめ外に出ることもせずログ内で事務作業をすることにした。
たまには こういう日があっても良いものだ。

夕方になっても雪が止むことはなく、降雪量は50cm位

月曜日は気合いを入れて外に出る、膝まである雪をかき分けてドーザーを始動 先ずは町道までの私道から除雪開始!
今年になって まとまった雪は今回が初めてだが、今まで20cm前後の雪が何度も降って 降雪量は例年以上ある。

排雪場所は何カ所かあるが、雪解けの事を考えると一番良いのが川 距離があるけど徹底して川に雪を押しつける。
画像
川の流れが見えなくなるほど雪が・・でも、危険な作業だ。 間違えるとドーザーごと転落しないようにと注意を払う。

画像
メインであるテントサイトとログ前広場の雪は殆ど川に持って行く。

画像
除雪を終えた 川沿いサイトからバンガロー方向を写す。

画像
BBQハウスと山小屋は 手前(バラの植え込み)の雪山で全く見えない!

画像
炊事場と物置ショップの屋根は一度も雪を下ろしていない。というか下ろす暇がない(>_<)


画像
キャンパーさんが直してくれたドーザーと除雪機 この二日間はフル稼働! なんとか3連休には車の進入とテントを設営出来るようになりほっとする。
後は細かな部分を除雪する考えでいます。

3連休ご予約頂いているキャンパーさん、どうか道中には充分気をつけて来ていただきたいと思います。




    



2018130(火)

今年の冬作業!♪

丁度10年前、丸太を伐採し運搬・集積・養生した唐松材を段階的に建築してきたコニファー場内の建造物  一つの物置だけは購入したもので、殆どが廃材と現場周辺の立木を利用したものだ。
ログ建築作業をする季節はキャンパーさんの少ない冬に集中している。

過去の写真データを見るとつい見入ってしまい 時間がいくらあっても足らない。


ログコテージはご存じの方もいらっしゃいますが完全完成しているわけではない。
昨年冬には2階 南部屋の腰板を取り付けをする。
画像


今年の冬は北部屋の腰板を取り付ける作業の準備!

画像

画像
先週、フロアー材を雪の中から掻き出し工房内に移動 必要な部材をカンナがけ・面取り加工をする。

今年の冬はこの部屋の腰板を取り付ける。
画像


そんな作業の合間にもキャンパーさんは来る。
画像
リピーターのアグリキャンパーさん 竹○さん。

クロテンもやって来る。
画像
今季 3頭目の「正吉」だ。

捕まえては放しに行くのは毎年の冬行事
放すと 雪原をいちもくさん走って逃げる!
画像
昨年は9頭 これを繰り返す。 餌を与えたのが大失敗!
見た目 可愛いあまり 猫餌を買って与え ログデッキに来るクロテンだったが・・あまりにも悪さをするため 今年は一切 やめた。
寝静まったキャンパーさんのクーラーをこじあけ中の肉を食べられたりもした。


横道それましたが、用意した腰板部材 サンダー(ヤスリがけ)をし塗装・寸法切り・取り付け・・意外と時間がかかる。

少しずつではあるが、やると決めたら絶対にやる!! というのが信条と思いつつも 年々やる気が失われて来てます~~(-_-)(悲)



<<
>>
  • プライバシーポリシー

お客様からお預かりした大切な個人情報(ご住所・電話番号・E-Mailアドレス等)は、商品発送などの通常業務以外には使用しません。
  • その他





 ABOUT
森の遊び人
平成10年当地の森林を開拓 現場の木と廃材を利用し山小屋等を建築 同19年7月に隠れ家的オートキャンプ場 「遊び小屋 コニファー」(通年)をオープン
現在、ログコテージの建築をしながらキャンプ場を整備 簡単木工製品作り・予約でのパン焼き&燻製作り等が体験出来ます。
焚き火で暖をとりながら心を癒やし小川のせせらぐ音、風の音と鳥のさえずり、晴れの日には満天の星空の中で至福の時間を体験しませんか?


性別
年齢60代以上
エリア清水町
属性事業者
 GUIDE
隠れ家的オートキャンプ場 「遊び小屋コニファー」
住所清水町旭山2番地56
TEL090-1642-6418
期間1月上旬-12月下旬
(予約制)
定休年中無休
 ブログカテゴリ
 カウンター
2007-09-19から
716,062hit
今日:194
昨日:212


戻る