。どらこのお薦めブログ(15)


201529(月)

 十勝川で感動の風景


 十勝川で感動の風景

①メイン画像
 7日に撮影していた十勝川の風景です
 私が感動しても見ていただいた皆さんが
 感動するかどうかは疑問なので
 感動とか素晴らしいとか美しいなどの表現は
 ブログの中でほとんど使わないのですが

 今回だけは澄み切った青空が映り込む十勝川
 蓮の葉氷が流れ、真っ白な霧氷と美しい冬の花
 フロストフラワーの光景は
 誰が見ても感動すると思いました


②一面がお花畑のよう
 この日はどら夫とエルも一緒に行きましたが
 そのブログは これです
 同じ日の白鳥ブログはここで見られます
 そして次の日の早朝散歩

画像


③今年はテレビで阿寒湖のフロストフラワーが
 放映される事がとても多くて
 ネットで「フロストフラワー」で検索すると
 阿寒湖の画像がばかり出てきます
 一度行きたいと思っていました

 でも阿寒湖まで行かなくても
 身近な十勝川でこんな光景を見られて嬉しかったです
 去年は、しぶき氷を写すために
 何度となくここへ行っていましたが
 フロストフラワーは一度も見た事がありませんでした
画像


④氷点下15度以下の気温で
 深夜の12時頃から7時間かけて咲く霜の花
 日中気温が上がると消えるらしいので
 朝に咲いてる事が確認できたら
 午後にエルの散歩で行って確かめようと思っていたのに
 昨日の雪で見られなくなったでしょうから
 7日に写しておいて本当に良かったです 
画像



画像



画像


⑦この日の画像はまだ後日続けます
画像


⑧今日の積雪は14センチだったようですが
 あまり降らなくて良かったですね
画像


この記事のURL2015-02-09 08:39:10

201524(水)

 丹頂が何十羽も見られた川


 丹頂が何十羽も見られた川

 今朝はいつものように尺別の海で日の出を見て
 音別の山に入る予定だったのですが
 国道38号線が浦幌トンネルの釧路側で大型車の事故で
 通行止めになっていて厚内周りで行ったので
 いつもより遅い時間にこの川を通りました

①メイン画像
 この川で丹頂は見た事なかったので
 通り過ぎてから丹頂と気付き
 車の窓からは写せず慌てて
 どら夫に望遠レンズ装着を手伝ってもらい
 車から降りて戻りました


②あまりの数に興奮してしまい
 右手だけで望遠レンズを操作するのが難しくて
 連写も設定する間もなく飛び立ってしまいました
画像



画像


④全部が丹頂なのかも分からず
 夢中で写しましたが全部は写してないと思います
画像


⑤これはカメラ操作してる時に
 また別な所から飛んできたように思ういますが
 丹頂ではないようですね
画像


⑥カメラ操作と川を交互に見ていたし
 片手で不安定な状態で写しているので
 ピントが合いません
画像


⑦遠かったので拡大しても良く分かりませんでした
画像


⑧最後に残っていた2羽
画像


⑨丹頂は帰りも写したのでここで見てください
画像


この記事のURL2015-02-04 16:58:37

2014226(水)

 大津で感動の変形太陽


 大津で感動の変形太陽

 今年は行かないつもりしていた大津に
 家族でドライブに行ってきました

①メイン画像 6時07分
 とってもきれいな太陽と思いながら見ていると


②6時08分
 それが変形しているのでこれは写しておかなければと思い
 夢中でシャッターを切りました
画像


③6時09分
画像


④6時09分
画像


⑤6時10分
 毎日のように日の出を見ている私だけど
 今日の日の出ほど感動した日の出はなかったです
画像
 変形太陽で検索するとこのように書かれていました
変形太陽とは空気の気温差によって光が屈折して起こる蜃気楼の一種です、出現が「厳冬期(2月頃)」と解説される事が多くありますが必ずしも厳冬期に限りません、気温が急激に下がると、10月頃から見られる事があります
 このように説明されていました


画像



画像


⑧もっと早くに写していたのはこれで 
 5時37分
画像


この記事のURL2014-02-26 13:14:44

2013226(火)

 ヘラジカの角のような造形と今朝のダイアモンドダスト


 ヘラジカの角のような造形と今朝のダイアモンドダスト

①メイン画像
 昨日の糠平でヘラジカの角を思わせる
 面白い乳白色の氷の造形に出会いました

 歩いていて見える場所ではなく
 洞穴のようになってる奥にこれが見えました

②メイン画像の更に奥にあり
 どうしてこんな造形が作られるのか
 人間には考えも及ばない事が多いですね
★この造形に対して情報をいただきましたので
 追加しておきます
 『ヘラジカ氷、想像だけれどあの不思議な形状は、
 岩間から噴出する地熱の蒸気のせいではないだろうか?
 熱い蒸気と極寒の空気の、せめぎあいで
 あんな形状になると予想したが』
 たぶんそうでしょうね
画像


②数少なかったフロストフラワー
画像


④所々、雪のかぶった氷の間から
 白く湯気が上がるのが見えて
 そのような場所にフロストフラワーが見える事が多い
 そこの隙間にあったので写していると
 突然レンズが曇り-20度の気温では
 元に戻らずマクロレンズは使えなくなった(ノ_σ)クスン
画像


⑤マシュマロのような雪
画像



⑥朝日に光る氷
画像


⑦今朝、すずらん大橋に行くと
 createさんが先に来ていて撮影していました
 少し話しをした後、私は河川敷に・・

 写したくなるような被写体もなく
 帰ろうとすずらん大橋に戻った時
 少しの時間ダイアモンドダストが見られたけど
 やはり肉眼で見るようにきれいには写らないです
画像


この記事のURL2013-02-26 10:17:05

201122(水)

 幻日とダイアモンドダスト


 幻日とダイアモンドダスト

①メイン画像7時25分
 一昨日写した幻日とダイヤモンドダストと
 同じような現象が今朝も見られました

②ダイヤモンドダストが見え始めたのは
 太陽が昇って間もなくの7時過ぎからなのですが
 一番きれいに見えたのは7時半頃でしょうか
 これは7時29分に写していました
画像


③目の前をダイヤモンドダストが浮遊していて
 写した写真にシミのように入っていました
画像

サンピラーについて検索してみると
このように書かれていました
空気中の水分が凍ってできるダイヤモンドダストに太陽の光が反射することで起こります。太陽光と大気・水滴・氷の結晶によって空は様々に彩られます。
「大気光学現象」と言われるようですね


この記事のURL2011-02-02 12:23:39

<<
>>




 ABOUT
どらこ
十勝の自然が大好きで、
早朝の風景を写していますが
ブログの数が多くなったため
ブログカテゴリのトップに
「どらこのお薦めブログ」として
特に見ていただきたいブログを
まとめました、
時々入れ替えています、

★間違った事を書いてる事が
ありましたらどなたでも
問い合わせメールから
教えて下さるようにお願いします

性別
エリア十勝
属性個人
 カウンター
2008-02-24から
1,502,981hit
今日:204
昨日:446


戻る