円山ユキヒョウ(301)


2020117(金)

アクバル・シジム・コハク


アクバル・シジム・コハク

サブの高いところからあたりを眺めていたアクバルでしたが、コハクを外に出す前に寝室収容となりました。



画像
メインのシジムはニューフェイスが気になる様子♪



画像
サブの更に奥のマスに出てきたコハク。
写真を撮るには厳しい場所です。



画像
あちこちの臭いをチェックしていました。


この記事のURL2020-01-17 18:05:13

2020111(土)

アクバル・シジム


アクバル・シジム

サブのアクバル。
昨日はコハクは外に出ていませんでしたが、オス同士お互いの存在は気になっているはず。



画像
おやつ(トレーニング)待ちをするシジム。
シジムも窓からコハクの寝室を覗くくらいですからとても気になる…



画像
寒帯館に立派なベンチが3つも置かれました。
担当さんの作品でしょうか。センスいいですね!

(1月10日)


この記事のURL2020-01-11 10:35:41

202012(木)

もう一人は…


もう一人は…

「今日はあのひとは出てこないのかな…」



画像
「あいつは今日は休みか…」

とシジムとアクバルが思っていたかどうかわかりませんが、コハク用のサブエリアを時々気にしているようにも見えました。
コハクの屋外馴致は今日はなかったようです。



画像
テンション高めか、シジムはこんな場所にも上がっていました。


この記事のURL2020-01-02 17:18:41

20191227(金)

アクバル・シジム・(コハク)


アクバル・シジム・(コハク)

新しい仲間(コハク)が増えたユキヒョウ舎。
アクバルは通り過ぎる飼育員さんをガン見していました。


画像
シジムも高い場所から周囲を見渡していました。



画像
サブ放飼場の一部は木材で覆われています。
コハクの屋外馴致の準備でしょう。

コハクは来園してまだ10日。日々少しずつ新しい環境を受け入れていってくれると思います。


この記事のURL2019-12-27 16:41:32

20191215(日)

着々と準備


着々と準備

岩山の上からシジムがじっと観察しているのは担当さんの動き。



画像
おやつのお肉(トレーニング)を待ちきれず岩山から走り下りて屋内展示室までやってきました。
でも担当さんは忙しそうでなかなかお肉タイムにはなりません。



画像
屋内展示室には前回シジムが使った産箱が置いてありました。
この先、シジムが出産するようなときには寝室ではなくこの展示室をシートで覆って産室にするようです。その際は寒帯館は立ち入り禁止に。



画像
サブにいたアクバル。
コハクが来たらどんな反応を示すのか。。。


今日はコハクの浜松展示最終日。
たくさんのコハクファンが会いに行かれたのではと思います。
まずは無事の移動を祈っています。


この記事のURL2019-12-15 19:48:10

<<
>>




 ABOUT
チネ
ホッキョクグマを通して動物の素晴しさを認識しました。
主に円山動物園の動物たちの日常をご紹介します。

当ブログ内容の無断転載を禁じます。

エリア北海道
属性個人
 ブログカテゴリ
 カウンター
2010-09-08から
2,163,161hit
今日:217
昨日:905


戻る