円山アムールトラ(509)


2019420(土)

気温低めの晴天


気温低めの晴天

今朝は最低気温が氷点下まで下がった地域もありました。
最高気温もあまり上がらない予報ですが日差しがあるだけで気分が違いますね。



画像
昨日のアイは放飼場と展示室を歩き回っては疲れたら休憩といういつものパターン。
プールには水が入れられていましたが昨日も気温が低めだったので入った形跡はありませんでした。



画像
消灯された寝室に飼育員さんがやって来るのを待っていました。
展示室の床に一切れ馬肉が置いてありましたがそれには見向きもせず、違うお肉を期待していたようです。



画像
園内は春めいてきましたが寒帯館手前の木の下には残雪がまだあります。

(4月19日)


この記事のURL2019-04-20 09:08:08

201948(月)

アイ


アイ

放飼場の雪も消え、これからは草や木の芽が伸びてくる季節になります。



画像
昨日のアイはいつも開放されている寝室への扉が閉まっていたので開くのを待っている様子でした。



画像
後姿を見ても今のところ程良い肉付きを保っています。
今年も安定した体調で暮らせますように!
タツオのことが大好きだったアイ。タツオはきっと遠くから見守っていてくれると思います。

(4月7日)


この記事のURL2019-04-08 13:34:33

201948(月)

4月8日


4月8日

今日4月8日は22年前、東山動植物園でタツオが生まれた日です。

人懐こさと愛らしさと賢さで全国各地の多くの人たちを魅了した19年間のトラ生でした。タツオはこれからもタツオを愛した人たちの心の中に生き続けるでしょう。
合掌



職員の異動がありしばらくは落ち着かない新年度。

昨年実施された現職飼育員から動物専門員への最後の転任試験に合格できなかった人たちは3月で他の職場へ異動しました。
合格できなかった人は園から出すと従来管理職が言っていましたが、ふたを開けてみると一人だけ残留した人がいました。

別な係に園内異動はしていますがそんな例外的扱いに唖然としました。
複数の職員からも驚きの声が聞かれたまさかの人事。
本人の希望で園に残したようですが、他の人たちも残りたいと言っていたらどうしたのでしょう。

草刈りも除雪も藁の交換も上司が見かねてやっていた有名職員です。代番にも負担をかけていました。
係を変えてまで残留させた意味がわかりません。
しかもこの春から親子で園職員。それ自体は札幌市の人事規程に反しないそうですが違和感は拭えません。


この記事のURL2019-04-08 10:28:53

2019329(金)

朝から雪


朝から雪

今日も朝から雪です。
季節が逆戻りしているような寒さ。



画像
昨日午後のアイはいつものように歩き続けていました。
アイは雪が降ればテンションが上がるでしょう。

(3月28日)


この記事のURL2019-03-29 10:17:40

2019319(火)

早春へ


早春へ

「雪がなくなってしまったわ…」
と思っているかどうかわかりませんが、今日のアイ。



画像
寒帯館のあちこちには円山画伯のイラストがそのまま残っています。
他の飼育員に頼まれて描いたものは残していったようです。



画像
アイの放飼場にふきのとうが顔を出しました。


この記事のURL2019-03-19 17:42:53

<<
>>




 ABOUT
チネ
ホッキョクグマを通して動物の素晴しさを認識しました。
主に円山動物園の動物たちの日常をご紹介します。

当ブログ内容の無断転載を禁じます。

エリア北海道
属性個人
 ブログカテゴリ
 カウンター
2010-09-08から
2,021,099hit
今日:93
昨日:353


戻る