円山アムールトラ(573)


2021117(日)

お花続々と


お花続々と

道外の方からこんな立派なスタンドフラワーが届いていました。
献花台もお花が増えるのに合わせてスペースを広げています。

心のこもったお花を見るにつけ涙腺が緩みます…



画像
全国のたくさんの方々が貴女のトラ生を最後まで見守ってくれましたよ。
ねぎらいや感謝のメッセージが嬉しいですね。


この記事のURL2021-01-17 16:04:09

2021115(金)

アイ 初七日


アイ 初七日

今日の寒帯館の献花台です。
東京の方からの大きなお花がありました。
タツオのときもそうでしたが、道外の方からのお花が複数届いています。
地元の者として本当にありがたい気持ちがします。


画像
アイの散歩コースも雪で覆われています。


画像
主がいなくなった場所を見るのは寂しい限りです。
タツオとアイの時代が終わったことを実感します。



画像
12月28日のアイ。
ついこの間までここにいたのが嘘のようです。

明日は初七日。
アイを偲んでまたお花が届くでしょう。


この記事のURL2021-01-15 16:58:45

2021111(月)

アイの献花台


アイの献花台

一夜明けてアイの献花台は賑やかになっていました。
これは動物園センターの献花台。



画像
こちらは寒帯館の献花台。
直接寒帯館に献花に来られる方々も多いので、ここにも献花台があります。その日一日ここに供えられた花々は動物園センターの献花台へ移動となります。



画像
まだアイのプレートを残してくれているのが嬉しいです。



画像
今頃はタツオと再会して、いつものようにタツオにちょっかいを出しているかもしれません。



画像
アイの体はあちこちにガンの転移が見られ大変な状況になっていたようです。そんな体でぎりぎりまで歩く姿を見せてくれました。

献花台に、凛々しいアイの写真を備えてくださった方がいましたので撮らせていただきました。12月28日、降りしきる雪の中を歩くアイです。末期ガンを抱えたトラとは思えない目力。こんな病気にならなければまだまだ生きられたと思います。


アイ、18年間お疲れ様でした。安らかに。


この記事のURL2021-01-11 17:51:46

2021110(日)

アイ 旅立つ


アイ 旅立つ

年明けから体調は日々悪化していましたので厳しいとは思っていましたが想像を超える急な訃報でした。



画像
ドイツからタツオのパートナーとして円山へやってきたアイ。
長い間本当にありがとう。



画像
私が外を歩くアイを見た最後は12月28日でした。
年明けは体調が一気に下降線となり、あっという間でした。
アイが長く苦しむことなく楽になれたのは良かったと思います。



画像
北大へ解剖に向かうアイの亡骸を載せたトラック。
見送ることができました(涙)



画像
今はまだ頭の中の整理ができていませんので、タツオとアイの十数年間がぼんやりとしか浮かびません。


この記事のURL2021-01-10 17:36:37

202115(火)

アイ ずっと寝室で過ごす


アイ ずっと寝室で過ごす

今日のアイは展示室に出てくることなく、ずっと寝室にいました。
何度かゆっくり歩いて水飲みに行きました。
右側の寝室で水を飲んでいるときに見えたしっぽ部分です。
かなり長く水を飲んでいました。



画像
水を飲み終えて左側の寝室へ戻るところです。
薄暗いのでボケボケ…



画像
この日から五日たっているので、今の体重はもっと減っているはずです。


この記事のURL2021-01-05 17:43:53

<<
>>




 ABOUT
チネ
ホッキョクグマを通して動物の素晴しさを認識しました。
主に円山動物園の動物たちの日常をご紹介します。

当ブログ内容の無断転載を禁じます。

エリア北海道
属性個人
 ブログカテゴリ
 カウンター
2010-09-08から
2,324,259hit
今日:42
昨日:261


戻る