誕生から保育園(56)


2020422(水)

もう24年経っていました


もう24年経っていました

2020年4月22日




いまホームページの編集をしていて
プロフィールの息子の年齢が間違っていることに
気が付きました。


息子は、24歳になりました。




写真は、息子を産んだ翌日のもの。
若い割には、疲れた様子の私。
当たり前か。。。




息子を産んで、生活が一変し、
主人との関係も変わって悩んだり。

育ちも人並みに行かず、
沢山悩んだり。




いろいろあったけど、
家族が崩壊しないでいられたことを
奇跡にように感じました。感謝しています。





いま振り返ると、気持ちのどこかでは、
我が子は自分の人生を追いかけているような
気持ちがあったように思います。


でも、
実家で夕食を食べて、
あっさりアパートに帰る息子を見ていると、
別に人生を歩いているな…とつくづく思うのです。

それで良いと思うのです。





産まれてくれてありがとう。
母親にしてくれて、ありがとう。

そして、
手を離せそうな息子に育ってくれてありがとう。





もうすぐ、娘の誕生日。
15年前を振り返る日が近づいています。



2020225(火)

子供に薬を飲ませること


子供に薬を飲ませること

2020年2月25日




2月のお茶会で、
かなり話し込んだことがあります。


子供に薬を飲ませるのか?

というお話。





風邪薬とかじゃないですよ。

いわゆる落ち着きのない行動が続いている時、
病院で勧められるお薬です。

漢方を含めて、数種類のお薬の名前が出ました。





私が驚いたのは、
病院を受診して初回など回数の浅いうちに
お薬を勧められたということ。

なかなかの確率で、そんな感じでした。





去年9月の主催講演会に、
講師としてお呼びした田中康雄先生は、
まず環境調整、家族と本人のフォロー、
それでも本人が辛い時には薬も考える。

と、お考えの方だと思います。


私は、20年前からこの考え方を
伺ってきたので、当たり前だと思っています。





ところが、
「これ(薬)を飲んでもダメなら
 環境調整だな」

と医師に言われたという話を聞いてショックでした。

診察のすべての会話を聞いていない私が
先生の意図を理解しているようなことは
書けないのですが。。。





あと、学校の方からも
「お母さん、薬飲ませれば?」
と軽く言われるという話。

これも、耳を疑いました。

これだって、その時の会話をすべて聞いている
わけではないので、先生の意図は分からない。


親としては、対応が大変だから飲ませたいんでしょ?
と思ってしまいますよね。

これでは、先生と協力して進むのは難しくなります。






もちろん、どちらの先生も、
子供が辛そうであること、
そして保護者も辛そうであることから、
本来の力を引き出すために必要と考えているのでしょう。
(そう思いたい)






たとえば、抗生物質も飲まない方が良いという
考え方の方がいます。

予防接種もしない方が良いという考え方もあります。

それらすべては、個人が自分の主義を
決めればよいと思います。



なので、我が子に薬を飲ませるのかは、
それぞれの家庭で考えていくことだと思います。

副作用のこと、依存性のこと。

それがどのくらい心配なのか、
世の中にはいろんな説がある。

だからこそ、病院はそこを正しく理解して、
分かることを伝えた上で、保護者に選択肢を
与えて欲しい。






このことを話しながら、書きながら、
看護師のくせにふんわりとした理解しか
していない自分を恥じています。
勉強しようと思います。

infantでは、保護者と医療機関の間に入るような
会話はしません。

でも、もっと理解していないと力になれない。

そう思って反省しています。





なので、今日のところは、

一に、環境調整!

と思っていることをお伝えします。





子供が落ち着かないと環境調整が出来ないのではなく、
本来の力を引き出すために、環境調整。

そう思います。

現場からは、そんなこと言ってられない!
という声が聞こえてきそうですが。




私も違う現場の人間ですが、現場の辛さは分かります。

でもね。
心のどこかに、この思いを持っていないと、
ご本人の辛さ、ご本人らしい生活を
理解しない現場になってしまうと思うのです。


一緒に、頑張ろうよって思っています。

もちろん、保護者も一緒にね!



202014(土)

食べることの難しさ


食べることの難しさ

2020年1月4日
(写真は本文と関係なし
 美味しかった今年のお雑煮)




あけましたね。
おめでとうございます!

今年もお世話になります。
よろしくお願いいたします。




クリスマス、年末、お正月と、
何かと「~を食べた」ということが
話題になりがち。

そんな中で、
息子が2~4歳頃に同じものばかり食べていたことを
思い出していました。




良く話していますが、
「ローソンの炊き込みご飯おにぎり」
「チャーハン」
「納豆ご飯」
「マックのポテト」

これで、息子の体は出来上がっていきました。




保育園で先生方が巧みな技を使い
バランスよい食事を食べさせてくれていたかも…
でも、ほぼ食べていなかったような。

私も、お菓子じゃないからいいか!!
と、無理して食育はしませんでした。
(私も凄い偏食の子供だったので)


今は、私より好き嫌いの無い男になりましたよ。






さて、infantでも食の偏りは話題になります。

量の偏りも。





個人的には、無理して食べさせても
食事が恐怖になるだけかな?と思います。

生命・身体の発達に影響がある量なら
多いにしても少ないにしても、
専門家(保健師さんや支援センター)や、
病院へ相談する必要があると思います。

そこまでじゃなくても、
お母さんが心配なら、相談したらいいと思う。





そもそも、なんで食へのこだわりや
量の難しさが出るのでしょうね。





私は今けっこう難しい本にチャレンジ中。
人間の精神発達について、お勉強しています。


ここでハッキリとした見解を述べられるほど
理解はしていないのですが、
発達障害をもつ子供は物の概念(意味づけ)の
発達が遅いために、
食べても安全なもの・食べるものとして許可出来る物
の理解がとても狭い(遅い)のかなと思います。





なので、食べることも、とても緊張感が強い。

少し形や香りが違うだけで、
「なんじゃこれ!こんなもの口いれるの?」
と大混乱するのかなと。


たとえば、
「カルビの焼き肉だよ~」
と言われて食卓へ行くと、
コオロギの佃煮がのっているみたいな。

でも、周りはカルビだと言う!!!
みたいな。


そんな緊張感の中で暮らしているのかな?
と、思った本日です。





食事を作っている方からすると、
「さっさと食べてよ!」と言いたくなりますよね。
(私も言っていました…)

でも、ワガママではないんですよ。
理由があるんです。





子供が、コオロギじゃなくてカルビだと
わかるまで、
安心を積み重ねて、最初から安心できる時まで、
不安に寄り添ってあげたいものです。
(とか言う私も、イラついたことアリ)





食べすぎ、食べなさすぎは、まだ紐解けておりません。
(満腹中枢の一言で終わらせるのが悔しい)

お勉強しま~す。



20191217(火)

子供に包丁を持たせる


子供に包丁を持たせる

2019年12月17日





Facebookの方で、
よく旦那さんや息子が作った料理の写真を
出していますが。

自分の想像より、反響があります。
いいねとかコメントが多いわけです。


息子が一人暮らしを始めた話をしても、
「ご飯はどうしているんですか?」
と質問されることが多くて。


そうだ。料理を作るということで、
ブログを書いてみようと思った次第です。






息子に包丁を持たせたのは、いつだっただろう??
保育園の年少かな?年長かな?

とにかく、バリバリ発達障害のこだわりなどが
満載の時期だったけど、
「子供には早期から料理を経験させるべし」
という考え方だったので、
息子が興味を持とうが持つまいが始めていました。






興味を持ったことを伸ばしていこうと
話している私ですが、それは今になって思うこと。

育児のさなかには、真逆のことが多かったのよ。

刃物の危なさと、作る楽しさを教えたかった
わけですが、動きが止まらない時期には
無理しすぎないほうが良いでしょう。






画像

これは、療育でのひと場面。
年長さんの時です。

家では、ソーセージとか
棒状に切った人参や大根をサイコロにするとか、
息子の出来る実力に合わせて切らせていました。

それを炒めて卵でとじるのですが、
火が通らなくてね。
下茹ですることも、教えたりしていました。






そこからは、継続していくことで、
現在の「料理好き男子」が完成したように思います。

旦那が主夫になり、男子が厨房に入る家に
なったのも大きいです。


中学では、たまに部活で弁当が必要になるので、
「たまになんだから、自分で作れ」
と自分で作らせていました。
(誰ですか?たまになんだから、
 母が作れと思っているのは???)






他にも、小学校の頃。

学校に持っていく雑巾は自分で縫わせました。
これは、手先の不器用さで戦いのように大変。

お互いに汗だく、イライラしまくり。
大人になってもボタン付けは出来る男にしたかったけど、
諦めました。


ボタンが取れたら、買いなおす!

ボタンの無い服を着ればいいのだ!





画像

他にも顕微鏡をのぞかせてみたり。



画像

障害のある方向けのスキー教室に行ってみたり。






娘より、経験値が高いことも多い。
親の意思で、経験させる機会が多いからかな。

今も続いていることは少ないけれど、
いろいろ経験することは、お勧めです。



2019313(水)

13年前の勝毎の子育て相談


13年前の勝毎の子育て相談

2019年3月13日




写真は、
13年前に十勝毎日新聞社さんから依頼を頂いて、
紙面上で子育て相談に回答していたものです。


13年前…33歳。。。

息子は10歳くらい
娘は0~1歳くらいの頃。。。





子育て真っ最中のリアルな回答ではありますが、
今読むと、若いのに偉そうに言っちゃって~
と自分にツッコミを入れたくもなりますが。


写真の左側。
ある日の内容を載せたいと思います。

(注意)
文章の最後に
「帯広市の子育て支援センターを通じて連絡してください」
とありますが、現在は子育て支援センターへは
登録しておりませんので、
お問い合わせはブログ内・HPにある連絡先へどうぞ





********************


子育て何でも相談
教えて先輩ママ!!


<質問>

2歳半の男の子です。
公園などでみんなとうまく遊べずに困っています。
自分の物を貸してあげられず、すぐにたたいたり
かじったり何度教えても分かってくれずイライラします。

下の子供(5か月)にもたたいたりかじったり。
一度、市の機関にも相談したのですが
「そういう時期だから」と終わらされてしまいました。

最近は、人のいない時を見計らって公園や広場に行きます。
「このままでは協調性が育たないのでは?」と心配です。




<アドバイス>


息子さんの様子をよくみていて、
子ども想いの素敵なお母さんですね。

私も娘がほかの子のものを取り上げると、
慌ててしまいます。

そのたびに貸し借りというのは、
大人が言葉で何回教えても子どもには
理解しにくいことだと実感します。


息子さんがたたいたりするのは、
言葉でいえないことを行動で表現して
いるのではないでしょうか。

だとすれば、
お母さんが“気持ちを代弁する”のはどうでしょう?
貸してほしいときは、そばで「かして」を代弁する。

取られてしまったときは
「お友達が使ったら返してもらおうね」と伝え、
待てたら「お友達におもちゃを貸せておりこうだね」
と言ってあげるとか。

もしかしたら相手の子に「いま使っていたから待ってて」
と言ってほしいかもしれません。

現実には、下のお子さんもいて丁寧に対応する時間は
ないかもしれませんが、出来る範囲で試してみてください。


ただ私が一番大切に思うのは、
コミュニケーションをとるということは、
その子なりのステップを踏んで
ゆっくりと育つものだということです。

そう思えば、誰もいない公園で遊ぶことも、
とても素敵な選択だと思います。
それで子どもが楽しいなら、
協調性を育てるステップになるじゃないですか。


いちどサークルに遊びに来ませんか?
同じように悩んだ親ばかりです。
おもちゃの取り合いが起きても大丈夫。
子育て支援センターを通じて連絡してくださいね。



**********************





小さな子供を抱えながら、
コミュニケーションが上手ではない子供の
フォローをするというのは、
想像以上に大変です。

忍耐力というか、パニックというか…。


この頃に自分が言っていることは、
現在も同じように思います。





コミュニケーションのステップとして、
誰もいない所でママとのやり取りを学ぶ。

それって素敵なことですよ。

でも、それでママが孤独に苦しまないように、
自分の気持ちを満たすところを見つけて欲しい。





現在も、お母さんの心のよりどころは沢山あります。
infantじゃなくても、相性の合うところへ
繋がって欲しいと思います。

ご紹介も出来ますので、連絡して下さいね。



<<
>>




 ABOUT
親の力をはぐくむ会infant
子育てに不安や疑問、周囲に分かってもらえないと
感じたことはないですか?

障害名が付く、付かないに関わらず、子供の生きにくさに気が付くことが出来ること。
今なにが必要かを考えること。分からないこと、出来ないことは助けを求めること。

それが子どもの育つ環境を整える力と考えます。
infantは、それを「親力(おやぢから)」と呼び、親力をつけることを目標にしています。

性別
年齢40代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
親の力をはぐくむ会infant
住所お茶会会場として、放課後等デイサービス十勝きずなの森さんをお借りしています
TEL090-6217-5529
 2020年5月

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
 2020年6月

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
通常営業
5月 みんなのお茶会お休み
5月 オンラインお茶会の日
6月 電話で話そうの日
6月 みんなのお茶会お休み
 カウンター
2015-03-29から
139,387hit
今日:1
昨日:31


戻る