2020824(月)

発泡スチロール回収産業の現状を本当に知っていますか


発泡スチロール業界の現状と、廃棄発泡体を処理するための発泡スチロロル減容機などの市場の変化と傾向、およびリサイクル発泡体ブロックの市場価格を正確に知っていますか?

本やリサイクルに関する知識だけでなく、発泡スチロールは100%リサイクル可能で、ついに新しい便利な製品に生まれ変わることができると私たちに言っているだけではありませんか。はい、それは発泡スチロロル減容機であり、廃泡を圧縮して押し出すために発明された機械であり、また泡リサイクルプロセスの最初のステップが必要です。

どの発泡スチロロル減容機が最適か知りたいですか?または、発泡スチロールだけでなく、PEフォーム、EPEフィルム、EPP、XPSなどの他のフォーム材料を処分するフォームリサイクルマシンを見つけたい場合は、https://www.greenmax.jp/reuse/advantage02.htmlを閲覧することで答えが得られると信じてください

発砲スチロロルインゴットの需要が高まっているため、リサイクルされた発泡スチロールは不足しています。実際、発泡スチロールのバルク包装から圧縮発泡材料、そしてPSペレットの再生まで、発泡スチロールのリサイクル率は非常に低くなっています。多くの国や地域で特殊な設備が不足しているため、発泡スチロールのリサイクル率は20%未満です。

広範な市場調査の結果、発泡スロチールゴルトットサプライヤーとの長期的かつ安定した協力関係を維持するために、多くの企業が発泡体リサイクル用の発泡スチロール高密度化装置の開発を開始しました。発泡スチロールの減容化により、あらゆる発泡スチロ-ル減容機のコアテクノロジーであり、機種の違いを生かした特徴です。






 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
INTCO

性別
属性事業者
 カウンター
2020-03-31から
1,093hit
今日:1
昨日:1


戻る