202071(水)

廃棄物フォーム#6リサイクルガイド-基本


廃フォーム#6を再生可能な有用な製品に変える方法は?フォーム#6リサイクルの具体的な手順は何ですか?https://www.greenmax.jp/recovery/多くの人々はこれについて混乱を表明しました。まず最初に、具体的な手順の前提である、フォーム#6リサイクルの導入知識を最初に理解する必要があります。

プラスチックのリサイクルシンボルには、プラスチックの種類を表す1〜7個の数字があります。番号#6は、ポリスチレン/フォーム#6を表します。これは、白いフォームボックス/パッキングフィラーによく見られます。

泡をリサイクルする場所#6

私たちが最初に知る必要があるのは、近くのフォームのリサイクルをどこで実行できるかです。 「リサイクルセンター+郵便番号」をググると、多くの情報を取得できます。通常、廃棄物処理会社にはフォーム#6のリサイクルサービスがありますが、追加料金が必要になる場合があります。利点は、分別する必要がなく、道端に直接置くだけで、廃棄物会社が収集することです。

追加料金を払いたくない場合、または近くにフォーム6のリサイクルサービスがない場合は、廃棄物処理会社に持ち込むことができます。一部の大学にはリサイクルセンターがあり、学生にとっては、外部の廃棄物処理会社に行くよりも大学のリサイクルセンターに行くほうが便利な場合があります。

フォーム#6の取り扱いに関する重要なヒント

廃フォーム#6を地元のリサイクルセンターに持って行くときは、必ずきれいにしてラベルまたはテープをはがしてください。これにより、お互いの時間を節約し、フォーム#6リサイクルの効果を高めることができます。

一部の日用品には毒性があり、乾電池、リチウムなどの泡#6廃棄物と混ぜて捨てることができないことに注意してください

バッテリー、各種スーパー接着剤、古い電子機器/古い携帯電話/古いコンピューターなど。

また、リサイクルできると思うが実際にはできないフォームの種類もあります。たとえば、一部の泡パック飲料には、リサイクルできないフィルムの層が内部にあります。



2020622(月)

INTCOが提供するサービスは、単なる泡密度器ではありません


6月16日、米国下院の議員は、「プラスチック廃棄物削減とリサイクル法」を推進することを提案しましたhttps://www.greenmax.jp/reuse/advantage02.html。Waste Recycling Industry AssociationとAmerican Chemistry Councilは、この法案の導入を支持しています。

「米国は私たちの廃棄物管理システムの脆弱な窮状を認識しています。」 「プラスチック廃棄物を国際市場に出荷することはもはや不可能であり、アメリカの都市は長期的なリサイクル計画を削減することを余儀なくされています。」米国のスティーブンス下院議員はプレスリリースで次のように述べています。 」



ますます多くの人々がリサイクル技術の導入が廃棄物管理システムを改善するだけでなく、地域のリサイクル経済、雇用、環境を改善することを理解していることをとても嬉しく思います。ベテランのリサイクル会社であるINTCO Recyclingは、この点を認識し、サービスをフォームリサイクル機器の販売から完全なフォームリサイクルプロジェクトの提供に変更しました。




リサイクルセンターがINTCOのフォームリサイクルプロジェクトを導入すると、どうなりますか? INTCOはまず、リサイクルセンター内の廃棄廃棄物の量に応じて、フォームデンシファイアM-C50などのフォームリサイクル機器を推奨します。発泡廃棄物は、発泡緻密化機で圧縮された後、体積が90倍に減少した発泡インゴットになります。



フォームインゴットは、リサイクルセンターのリサイクル効率を大幅に向上させ、保管と輸送のコストを大幅に節約できます。最も重要なことは、フォームインゴットがINTCOから買い戻すことを約束されたため、リサイクルセンターが利益を上げることができるということです。

この法案は、リサイクル技術のサポートを示しています。 「米国のプラスチックリサイクル産業のグローバルな競争力を向上させる」ことを目的としています。この法案の提案は、今年不安定なリサイクル業界に新たな希望を与えた。



2020620(土)

縦型デンシファイアのさまざまなメリット


縦型デンシファイアのさまざまなメリット
運用を効率化することは、長年にわたって企業にとって最優先事項の1つでしたhttps://www.greenmax.jp/reuse/advantage02.html。プロセスとしてのリサイクルは常に複雑で困難であると認識されてきました。しかし、技術と発泡スチロール圧縮機などの新しい機械の出現により、シナリオ全体が変化しました。そのような機器の1つに、圧縮プロセスに革命を起こした縦型高密度化装置があります。

縦型高密度化機


縦型デンシファイアマシンとは

これは、廃棄物を扱いやすいブロックに圧縮するために使用される商用リサイクル装置です。デンシファイアは、垂直だけでなく水平にもでき、さまざまな環境に対応し、さまざまなリサイクル要求に対応できます。

縦型フォームデンシファイアマシンを使用する利点

処理のための廃棄物の量が少ないビジネスのための効果的な代替手段
水平型デンシファイヤに代わる費用対効果の高いもの。
コストの削減に役立ち、タスクの実行に必要な総人員も削減できるため、中小企業に最適なオプションです。
縦型デンシファイアマシンは、廃棄物の総量を管理可能なブロックに削減することにより、企業の輸送コストを節約するのに役立ちます。
ベールは、環境に深刻な悪影響を与えるプラスチックのリサイクルに役立ち、全体的な二酸化炭素排出量の削減に役立ちます。
発泡スチロールのコンパクターのような専用のリサイクル機械を備えた中小企業は、長期的に見て全体的なブランド価値に役立つ前向きな公共イメージを提供します。

したがって、縦型デンシファイアマシンは商業スペースでの便利な追加機能です。ビジネスの成長に役立つさまざまなメリットがあります。中小企業に経済的な優位性をもたらし、成長の初期段階で非常に役立ちます。すべての利点の中で最も重要なのは、デンシファイアが環境に与えるプラスの影響です。

リサイクルプロセス全体を簡単にすることで、高密度化装置はプラスチック廃棄物の効果的な処理に貢献します。地球温暖化は現在の世代の問題であり、企業やその他の正式な組織は、状況に簡単かつ効率的に取り組むための措置を講じなければなりません。

企業は、その技術を理解している会社からのみ商業用リサイクル機械を購入する必要があります。 Vita Recyclesは、企業が可能な限り最高のレートで高品質の製品を入手するのに役立ちます。



202064(木)

自動保釈機はそれだけの価値がありますか?


現代のテクノロジーは、市場に無数の廃棄物管理機器(EPSリサイクルマシンなど)の登場をもたらしました。地球温暖化の懸念の高まりにより、廃棄物管理は現在の世界シナリオの中心的なステージを占めています。プラスチックベースの材料とその結果としてのプラスチック廃棄物の需要の高まりは、企業が廃棄物管理とリサイクルを真剣なプロセスとして行うことをさらに不可欠にしていますhttps://www.greenmax.jp。

横型


プラスチック廃棄物は、埋立地だけでなく、水資源にもたどり着き、10億年近く生き残ることができます。動物が摂取および死亡するリスクは、大量のプラスチック廃棄物が環境内で未処理のままになると増大します。

ベーラーは、設備が大量のスペースを必要としないビジネスにとって、効果的な廃棄物管理に対する最も効率的なソリューションの1つです。自動横型梱包機は、リサイクル作業スペースに最適です。これは、以下の理由で企業を支援します。

時間:ベーラーは非常に効率的な機械であり、大規模なリサイクルタスクを最大の容易さと短い時間で完了するのに役立ちます。
コスト:ベーラーは、企業の一連のコストの節約に貢献します。廃棄コストを約80%節約します
スペース:企業は、使用状況を評価し、垂直型または自動水平型ベールマシンのいずれかを選択できます。彼らは会社の要件に従って床面積の節約に貢献します
バラエティ:ベーラーを使用する企業は、プラスチック、段ボール、乾燥した産業廃棄物、紙、繊維などの一連の廃棄物をリサイクルできます。
したがって、EPSリサイクルマシンについて話すとき、ベーラーはあらゆる産業環境で価格に見合う価値があることは明らかです。会社が事業の主要部分としてリサイクルを行っているという事実に関係なく、彼らは深刻な廃棄物管理プロトコルを採用する必要があります。

ベーラーは、企業にニーズ固有の投資のメリットを提供するという意味で完璧です。ベーラーは垂直型と水平型の両方で利用できるため、運用の規模と予算に応じた最適な選択肢を選ぶことができます。

ベーラーを重要な投資と見なし、廃棄物管理ソリューションの大手サプライヤーと連絡を取り、投資を最大限に活用することを常にお勧めします。



202062(火)

ポリスチレンコンパクターはどのくらい効果的ですか?


ポリスチレンコンパクターはどのくらい効果的ですか?
ポリスチレンの需要は、それがパッケージングの主要なコンポーネントになっている程度まで、時間の経過とともに増加しています。空気成分が98%であるポリスチレンは、未処理のまま放置すると危険な可能性がある軽量の材料です。気候変動に対する世界的な関心の高まりから、プラスチックは主要な貢献者の1つと見なされています<a href="">https://www.greenmax.jp/recovery/</a>。

ポリスチレンコンパクター

したがって、ポリスチレンのリサイクルは単なるプロセスよりも必要不可欠です。テクノロジーの出現により、リサイクルプロセス全体が簡単になったポリスチレンリサイクルコンパクターなどの機械の開発に貢献しています。

フォーム高密度化装置のような機械は、リサイクルに関する産業全体の展望に革命をもたらしました。かつて骨の折れる作業は、最小限の人間の労力と最大の効率で完了することができると考えられていましたか?

しかし、ポリスチレンリサイクルコンパクターはどのくらい効果的ですか?その有効性について詳しく説明するいくつかの指針を以下に示します。

コンパクターは、廃棄物の輸送をさらに容易にするポリスチレンの圧縮プロセスに役立ちます。ほぼ50:1の圧縮比は、ポリスチレン廃棄物をブロックに変換します。
最新のフォームデンシファイアは技術的に高度であり、非常に使いやすく、あらゆる環境に理想的です。人間の関与を最小限に抑え、アウトプットに妥協することなく、広範なリサイクルタスクを処理できます。
リサイクルコンパクターを効果的に使用できる最も顕著な機能の1つは、輸送コストを節約できることです。圧縮プロセスは廃棄物を扱いやすいブロックに変換し、バルクでの輸送をさらに支援します。

ポリスチレンリサイクルコンパクターは、さまざまな環境で非常に効果的です。以前は不可能とされていた大量の廃棄物を一度に処理できます。
企業は、リサイクル業務に沿ったコンパクターの購入を決定できます。精巧な製品ラインナップにより、コンパクターは最大の効率でさまざまな要件に対応できます。

したがって、言及された指針は、ポリスチレンリサイクルコンパクターの全体的な効果を確実にします。リサイクルを真剣に考えている、さまざまな規模の企業に最適です。プラスチック廃棄物を最大限の効率で管理し、複数のコストを節約するのに役立ちます。



<<
>>




 ABOUT
INTCO

性別
属性事業者
 カウンター
2020-03-31から
796hit
今日:1
昨日:1


戻る