2021/5(23)


2021522(土)

関門海峡めかり

2021/5×23

関門海峡めかり

雨ですが、関門橋の下までドライブ。

画像

門司港レトロ観光線の、関門海峡めかり駅に静態保存されているEF30-1。
昔はこのステンレスの車体が、門司の普通の風景だったんだろうな~。

画像

門司港レトロ観光線の列車。
ディーゼル機関車を前後に挟む、プッシュプル。

画像

さぁ、いよいよ九州を離れます。
九州はほとんど、橋か船でしたが、超久々にトンネルを通ってみます !

しかし、車で窓ちょっとだけ開けてて感じるものすごい湿気。
ステンレス車体にした方がいいか ? (笑)



2021521(金)

JR貨物 門司機関区

2021/5×23

JR貨物 門司機関区

翌朝、5/5。
本降りの雨です。
JR貨物、門司機関区を外の公道から見学。
おぉ、あれは稲沢からテスト運用で送り込まれたDD200-11だ !

画像

EF81-303。
関門トンネルの高い湿度に対応した、ステンレスの車体が特徴。
この仕様の機関車は、これだけしか現役ではないようだ。

画像

茶色のDE10。

画像

ED76。
大型連休で運休が多く、レアな機関車がここでみんな休んでた(笑)

画像

近くの鉄道博物館は行かなくてもいいや、ってなりました(笑)



2021520(木)

門司 ふく(フグ)の唐揚げ

2021/5×23

門司 ふく(フグ)の唐揚げ

とりあえず、鹿児島空港インターから九州道に入ります。
しかし、今までずっと頭の隅に引っかかってた関門橋のたもと、門司が気になり、ビジホの空室検索かけると空きあり。

予約して、門司で下ります。
対岸に見えるのは本州です。

画像

宿の駐車場から九州色の115系っぽい電車が見えたので、時刻表見ながら待ってみるも、現れず(*´∀`)

画像

今日は1Fにレストランある(笑)
メニュー見たら、対岸ではあるけど山口県名物、ふく(フグ)の唐揚げが850円。
2000円もすると考えちゃうけど、この値段ならと注文。
ちょっと骨っぽいけど、身はぷっくりしてうまい !

画像

あと、焼きカレーがご当地ということで注文。
大満足です !



2021519(水)

登った山をバックに列車を見るツアー 高千穂峰編

2021/5×23

登った山をバックに列車を見るツアー 高千穂峰編

温泉から山道を行き、見えてきました高千穂峰 !

画像

こちら側に向かってくる特急きりしまは、まだだいぶ先。
天気予報は下り坂。
お天気もって !

画像

だんだん空がうっすら白くなってきました・・。
とはいえ、山が隠れてなければよしとします。

画像

鹿児島方向へ走り去るきりしま。
西からすでに、黒い雲。

画像

高千穂峰ズーム。
またあの頂に行くことはあるのだろうか ? とか考えながらも、このあとどうするかを全く考えてなかった !

う~ん、どうしよ ?



2021518(火)

妙見温泉 秀水湯

2021/5×23

妙見温泉 秀水湯

ツーリングマップルを見ていて、鉄道路線図と高千穂峰の位置が、もしかして ? と思って急遽、高千穂峰をバックに、を立案。
ポイントから高千穂峰は東にあるので、太陽がある程度高い位置に来る昼前まで温泉に立ち寄ることにします。

画像

妙見温泉をはじめ、日当山温泉もそうですが、どこもハズレはないと思われます。
昔は1日に9湯とかハシゴして歩くのをライフワークにしていましたが、そんな気力はもはやなく(*´∀`)

画像

湯小屋が離れにあるようで、案内していただきました。
ネットで鹿児島の温泉を検索してると、けっこう県外者お断りの施設も多いようですが、快く受付していただきました !
ここも友達のお勧めだったのが動機です。

画像

女湯の入口前を横切って行く、打たせ湯の湯小屋。
あとから来た人に「みんな裸で移動してるんですかね ? 」って聞いたら、「みんなそうしてる」とのことで(笑)



<<
>>




 ABOUT
くまじろぅ
祖父が元道民の北海道ファン。
元みつばち族からの日本一周。
元数泉志向の温泉マニア、入湯数全国1000オーバー。
元百名山ピークハンター、2014年8月に利尻山で完座!



性別
エリア全国
属性個人
 カウンター
2014-09-01から
497,830hit
今日:1
昨日:23


戻る