2016226(金)

来年度の企画展情報とご協力のお願い


来年度の企画展情報とご協力のお願い

残すところ、明日・明後日の2日でおびひろ動物園の今年度の営業が終了となります。
おびひろ動物園の飼育展示係7です。
おばんです。
入園者数はどこまで伸びたでしょうか。
はたまた伸びなかったんでしょうか。
楽しみでもあり、怖くもあります。

と、今年度も残りわずかございますが、来年度のお知らせをいたします。


平成28年度は夏期開園初日となる4月29日から6月30日までの間、企画展示を開催いたします。

タイトルは
「象のうんこが生まれ変わる?!象×UNKO=Artあ~と展」

この展示は象のUNKO★elephant paperとして活動している中村亜矢子さんが2015年の宇都宮動物園での開催を皮切りにこれまでに6ヶ所で展示を行ってきた巡回展です。
ついに北海道に上陸します。

象のUNKO★elephant paperは、日本で唯一独立して象糞紙作りを行っている作家であり、アートと環境保護の融合を目指したこのアート展では、複数のアーティストの象糞紙 を使った作品を展示し、「NPOアフリカゾウの涙」の協力のもと、絶滅の危機にある象の現状についても展示を行っています。今、象牙目的の密猟が主な理由でアフリカゾウが15分に1頭のペースで殺されています。象牙は象を殺さなければ取ることができず、日本は象牙の消費国です。このアート展の狙いは、アートの力で象牙や密猟に興味がない人にも象の現状を伝え、気軽に楽しみながら象が現在置かれている状況を知ってもらうことです。

みなさん、どうぞお楽しみに!!

5月にはワークショップも開催予定です。

あ・・・現段階ではあくまでも予定ですよ、みなさん。

確定情報が出ましたらまたお知らせいたします。

なぜ、新年度を迎える前に、未確定で情報公開したかといえば…

コチラ外部リンクをご覧ください。


今回はおびひろ動物園と象のUNKO★elephant paperとのダブル主催とし、展示作品の輸送費用等を互いに協力する形を取っております。
(凄いぶっちゃけトークです)

そこで、象のUNKO★elephant paperさんがクラウドファンディングを利用した資金集めを開始されました。

是非皆さんも
コチラ外部リンクのページをご覧いただき、趣旨に賛同される方におかれましてはご支援のご協力を賜りますようお願い申し上げます。

画像

おびひろ動物園にいるのはアジアゾウではありますが、動物園が発信すべきは、飼育している動物種のみにあらず。
アフリカの象に起きている現状を、知っていただく機会として、多くの方にご覧いただきたいと思っております。
宜しくお願いいたします。


飼育展示係が動物園のあれこれをお届けします
現在8ブログが参加中





 コメント 
このブログはコメントを受け付けていません




 ABOUT
飼育展示係7
H30.7.7から中の人が変更になりました。

性別
エリア帯広市
属性事業者
 ブログカテゴリ
 カウンター
2010-01-13から
627,196hit
今日:4
昨日:10

戻る