薬膳・漢方養生(68)


2014613(金)

雨が降ると頭痛が?


雨が降ると頭痛が?

雨が続いております。
お散歩に行けないモコ隊長は、フテ寝の日々。

たしか少し前までは、雨を恋焦がれていたはず。
このままでは庭の花が枯れてしまうわー!と。

でもそろそろおなかいっぱいです。
人間のわがままだとは重々承知しておりますけれども、それでもやっぱりそろそろ晴れてほしいのです。

さて。

雨の日が続くと、なんとなーく体がだるくなったり、重く感じたり。
頭痛が起きるんですよ、というかたもめずらしくありません。

これ、「天気が悪いからなんとなく気分が上がらない・・・」みたいなただの「気分の問題」というものでもなかったりするんですってね。

天気が身体に作用している、ということもあったりするようです。
自律神経の乱れが起きちゃったり、なんてことも。

「雨だからって体調が悪く感じる私って…」なんて自分を責めたりすることはぜんぜんなくって、むしろそう感じるときこそ自分をいたわってあげたりすることが必要なんじゃないのかなって、私は思うんです。

雨が上がって、お天気が回復したら、スッキリと元気に活動できるように。
雨降りでなんとなくだるい今だからこそ、パウゼでリラックス&リフレッシュなんていうのはいかがでしょう?

リラクゼーション効果で自律神経の乱れを整えてみようかしら、フットマッサージ効果でどんよりと重たく感じるむくみを改善してみようかしら、とか。
雨だなー、だるいなー、ちょっと時間ができたなー、という時にはぜひともパウゼを思い出していただけたら、と思いまして。

さてさて。

湿気が多い天気が続くと身体の不調を感じるという方を、漢方では「水滞」という体質ではないかと考えます。
身体の中の水を巡らせる力が下がっており、水分代謝が乱れている状態なのでは、と。

水分の摂りすぎに注意して、飲み物はなるべくあたたかいものを、ゆっくりと少しずつ。
さらにこだわるならば、トウモロコシ茶がおすすめ。
利尿作用があるので余分な水をさばいてくれるうえに、疲れた体に元気を補ってくれるような、そんなお茶ですので。

身体の水はけを良くしてくれそうな食材はほかにもハトムギ、小豆、黒豆、アサリ、シジミ、昆布、海苔、わかめ、キュウリ、冬瓜、生姜、スイカ・・・などなど。

ただし、身体を冷やす食材もありますので、くれぐれも「ばっかり食べ」になりませんよう。
自分の身体の変化を感じ取りながら、自分の身体が喜ぶ食生活・食養生を。

まずは、今の自分が「おいしい!」と心から感じられるものはなにかな、というところからスタートするのがいいかもしれませんね。


この記事のURL2014-06-13 12:25:31

201465(木)

むくんでます・・・


むくんでます・・・

あ、これではなんだかモコ隊長が「むくんでます・・・」みたいな感じになっちゃうか!

パウゼ宣伝隊長はむくんでません、たぶん。
ていうか、むくんでるかどうか私にはわかりません、ネコなので。

むくんでます・・・なのはワタクシ、人間のほうです。

身体のサイクル的にむくみやすい時期というのを考慮しても、このむくみはちょっとひどい。
靴はきついし、正座をするとふくらはぎがミシミシいいそうだし、なんとな~くまぶたは重いし、頭皮はぶよんとしてるし。

全身に、よけいなお水がタプタプしてるようなそんなイメージ。

いきなりの猛暑、ふだんあまり水分を摂らない(これがすでにあまりよろしくないのですが…)私が、暑さにつられて水分摂りまくり。
いや、もちろんのどが渇くからなので、それなら水分はとらなきゃダメなんですが、とにかくもともとむくみやすい私がいきなり水分たっぷり生活をしたものだから、取り込んだお水を上手に全身にめぐらせて排出、というシステムがうまく稼働していないらしい。
慣れないことをいきなりしてしまった、といった感じでしょうか。

というわけでふくらはぎと足のむくみが特にしんどいのです。
フットケアサロンの店主が、なんてことでしょう。

でももしかしたら私と同じようにむくみを感じている方がいらっしゃるのでは?なんて思いまして。

ここ数日、暑くて汗をかいてるはずなのに、なんだかむくんでる気がするのよねというかたはいらっしゃいませんか?



そこで宣伝隊長がひと仕事。
さぁおねがいしますよ。




画像
「足がむくんでつらいときはパウゼへどうぞです!」






というわけで、私はひとまずオイルマッサージとむくみ改善食材を取り入れる生活を始めております。



画像
小豆もむくんだときのお助け食材のひとつ。
身体の中の水の巡りをよくして、どんどん排出してくれます。
水分補給の際にお水ではなくてあずき茶をという手もありますが、私は味をつけずに圧力鍋でだーっと煮て、食べるときに練りゴマ(黒)とハチミツを混ぜ込んでちょっとしたおやつがわりに。
めんどくさがりなのでね、このほうが味の調節がしやすくて好きなんです。
しかも黒ゴマのコクがとてもいいんですよ。
さらに黒ゴマはアンチエイジング食材!
なんだか美容と健康にいいもの食べてるなぁ私、という満足感に浸れます(笑)

ただし食べているときには口の中が黒ゴマ色になりますので、くれぐれも来客などの予定がない時間に。


この記事のURL2014-06-05 12:17:15

2013126(金)

あったかいものを。


あったかいものを。

冷えが気になる季節です。
いや、冷え体質の方にとっては季節を問わずなんとかしたい案件ではありますが、寒くなってくると特につらいですし、それにこの季節だけはやっぱり冷えを感じてしまうという方も増えてまいります。

かくいう私も、うっかりしてると足首からつま先にかけてつめたーくなってることも多く(しかも色もちょっと変になってたり…)ですのでやっぱり冷え対策は必要なのです。

まずは昔の人の知恵「『首』とつくところは冷やすもんじゃない」との教えを守ります。
手首・足首、そしてもちろん首。

カゼの予防のためにはもちろん、なんとなくぞくぞくするなぁという時やカゼのひきはじめで寒気がするときには、首の後ろを冷やさないようにマフラーやスカーフなどでしっかりと守ってあげてくださいね。

足が冷たい時にはつま先を温めるのと同時に足首まで温めてあげるのがおすすめです。
というわけで、パウゼでもこのシーズンは足の冷えが強いお客様には足首を温めるサービスを導入いたしました。

ただ、寒い時期だからといって誰でもどんな時でも温めればいいというものでもありません。
そこはやっぱり、見極めが必要。
もちろん寒い時期には温めたほうがいい場合がほとんどですが、ただ、ほてりを感じている時に温めるのはやはり不快なものですし、そもそも熱を冷まさなければいけない状態なら温めない方がいい。
とくにイライラしがちだったり怒りっぽくなってる状態の時には、より慎重に見極めてあげた方がいいこともありますから。




たとえばこの方の場合。
毛布の上にいるのは暖かくて好きだけれど、毛布を掛けられるのはお嫌い。
画像
「おふとんはかけないでくださいね」





自分が心地良いと感じる方法を生活に取り入れるのがいちばんですね。
でないと、どんなに身体にいいことでもその不快さがストレスになってしまうこともありますから。

さて、このような仕事をしておりますので、カゼをひくわけには絶対にいかないワタクシは、そろそろ本格的にいろんな対策を。

その中のひとつ、この時期になると「そうだ!」と思い出すのがこれ。
なんだかわかります?
画像





くず粉です。(あ、キリンには特に意味はなく…)

この時期、スーパーなどではお湯を注いで手軽に飲めるくず湯が売られておりますが、私にはちょっと甘さが強すぎるものが多い。
しかも残念なことに、くず粉が入っていない「くず湯風」な商品だったり、入っていたとしてもほんの少し、といった感じ。
もちろんそれはそれでいいんです、とろみのついた温かい飲み物ですから、ちゃんとお腹から温まりますし、何より手軽。
手軽に作れるということは、こまめに飲むことができますから、こまめに身体を温めることができますよね。
だから、それはそれでとてもいいこと。

ただ私、漢方スタイリストとしましては、せめて自分の管理にはできるだけ薬効のあるものを選んで手間ひまかけて漢方養生しなくてはと思いまして。

そこで本葛粉を調達。

くず湯でしっかり体を温めて、風邪などよせつけないコンディションをキープしようと思います。

あ、やけどには気をつけなくちゃ、なにしろ猫舌だから。


この記事のURL2013-12-06 12:32:08

2013111(金)

のどのカサカサに梨はいかが?


のどのカサカサに梨はいかが?

そういえば私、この夏に試験を突破しまして「漢方スタイリスト」という称号をいただくことができたのです。

漢方スタイリスト。

なんだかぜんぜんわけがわからないけどちょっとすごい感じでしょ?なんて(笑)

「なんだかよくわからないけど漢方や薬膳に詳しいパウゼさん」から「漢方スタイリストのパウゼさん」になったわけなのです。
ま、なんとなく趣味で漢方に詳しい人(もちろんずいぶん前に漢方養生指導士の最初の試験は突破してはおりましたけれどもね)というわけではなく、きちんと漢方の試験を突破しているので信頼していただけると嬉しいなぁ、ということなのですが。

合格の嬉しさのあまり、名刺まで新しくしちゃったりして(笑)
個人事業だからと個人的な趣味全開で選んでしまいました。
フットケアサロンなのに猫…ま、いいか。


画像





さて、本題。
フットケア職人としましては足裏のカサカサはもちろんこの時期は目が離せないお悩み事ではありますが、乾燥するシーズン、なんだかのどが乾燥してイガイガしたり空咳が出ちゃったり、なんてことはございませんか?
そんな時におすすめなのが、秋の果物の梨。
薬膳の世界では、梨はのどを潤してくれる効果があるので発熱後ののどの渇きや空咳、痰の切れが良くない時やのどの炎症にいいなんて言われてるんです。

とはいえ、ワタクシ的にはそんなふうに大いなる期待を食材に込めて食べるよりは、旬のおいしいものをおいしく食べて、そういえばこの時期特有の不調にもいいんだなぁ、なんだか得しちゃった、みたいなかる~い気持ちで食を楽しんでいただけたらいいなぁなんて思います。
ちなみにお写真では洋梨ですけれども、もちろんシャキシャキした丸い梨も同様です。
たまたま私がシャキシャキしたのが苦手でぼんやりした洋梨の方が好みだから、というだけのお話ですので。






こんなふうに、お外でめいっぱい遊んだりして、のどがカサカサになったりした時に。
画像
「おさんぽサイコー!」






明日から三連休の方も多いと思います。
外でたくさん遊んで、とか、たくさんしゃべって笑って、とか、大きな声でうたって、とか。
なんだか喉がカサカサするなぁ、なんてときのおやつに梨はいかがでしょう?
ただ、身体の熱を冷ます作用もあるので、冷えが気になる方は身体を冷やさないように食べすぎに注意して暖かい場所で召し上がってくださいね。



そうそう、梨は「酒毒をとりのぞく」食材のひとつで、つまり、お酒を飲みすぎた時なんかにもいいらしいと言われるのです。あ、もちろんお酒を飲むときにも。
でもねぇ、こればっかりはねぇ…梨を食べたくらいじゃねぇ…(笑)



あ、そうだ、一つお知らせです。
営業カレンダーには載せていないのですが、3日(日)と4日(祝・月)は、営業時間内に数時間ほどお休みが入ります。
詳しい時間帯は下記の通りです。

3日(日)・・・午後1時半~4時頃まで施術の受付をいったんお休みします

4日(祝・月)・・・午前11時~午後1時半頃まで施術の受付をいったんお休みいたします


この時間帯はお電話もつながりにくくなりますのでご連絡はメールか、または上記の時間をさけてお電話していただくとよろしいかと思います。
また、この時間帯以外はいつもどおり営業しております。

ちなみに明日の土曜日は通常営業で、まだまだご予約をお取りできますよ。

みなさまのご予約を心よりお待ちしております。


この記事のURL2013-11-01 14:18:57

2013930(月)

季節外れでごめんなさい


季節外れでごめんなさい

先日、いつもお世話になっている方からにがうりをたくさんいただきました。
にがうりといえば夏野菜のイメージ、または南国野菜。
まぁとにかく、暑い時に食べるもの、みたいな感覚だったりするので、パウゼさんたら今ごろ何言っちゃってるの?と思う方もいるかもしれないのですが…

でもとにかくいただいたものはおいしく食べたい。
体の熱を冷ましてくれる効果のあるゴーヤは、やっぱり夏バテ対策にいい野菜ではありますが、だからといってこの時期に食べてはいけないなんてことはまったくありませんし、ビタミンCが豊富なお野菜ですからお肌が気になるお年頃の私には季節を問わずありがたい食材。
薬膳的にも夏バテ予防のほかに目の充血や口内炎、吹き出物などにも有効と言われる食材ですのでね。
せっかく手元にあるなら、嫌わずに食べておいた方がいい。

ただ、この苦味が私どうもニガテでして…





画像
「ゴーヤちゃんですか?」





そうです、ゴーヤちゃんです。




画像
「パウゼさん、苦いのダメでしょ?」





うん、でもね、去年いい情報を調達してからね、おいしく食べられるようになったのよ。





画像
「苦手こくふくデスか?」





そうです、苦手克服です。




と申しますのは。
たまたま去年、雑誌の記事か何かで入手したレシピ。
いや、レシピというほどのモノでもないですね。
生のゴーヤにアツアツの漬け汁をかけるだけ、ざっくり言うとそんな感じなので。

白いわたの部分を取って薄くスライスした生のゴーヤに、市販の濃縮タイプのめんつゆと酢を合わせて煮立たせたものをアツアツのままざーっとかけてしまいます。
そのまましばらくおいて、漬け汁が冷めたらもういちど汁だけ鍋にあけて、また煮立たせてゴーヤにざざーっとかけちゃう。
汁だけ沸かし直してゴーヤにかける、というのを2~3回繰り返すだけ。
あとは粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やして保存。

漬物感覚というか、サラダ感覚というか、ほんの少しだけ残ったゴーヤの苦味と漬け汁の酸味の相性がとてもいいんです。
めんつゆと酢の割合はお好み次第ですけれども、私は1:1くらいの割合が好きかな。
この食べ方を知ってから、ゴーヤの苦味がぜんぜん怖くなくなりました!

季節外れでごめんなさい。
これ、たぶん夏の暑い時に食べたらもっともっとおいしいかもしれないのですが…

でもこの肌寒い時期に食べてもじゅうぶんおいしいですので。
もしお手元にゴーヤがあって、炒めものなんかにするのはもう飽きちゃったなぁ、なんてときにはぜひお試しくださいませ。


この記事のURL2013-09-30 12:37:10

<<
>>




 ABOUT
フットケアハウス・パウゼ
お客様ごとに貸切となるちいさなちいさなリラクゼーションサロン「foot care house PAUSE」
ブログを通して当店の雰囲気が伝わればなぁ、そして、サロン選びの時の参考にしていただけたらなぁ、そんなふうに思っております。
ご予約やお問い合わせは、メールまたはお電話にてお気軽にどうぞ。

また、LINEでのご予約・お問い合わせも可能です。
詳しくは当店HPをご覧くださいませ。


性別
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
フットケアハウス・パウゼ
住所帯広市西14条北6丁目1-22
TEL0155-34-2557
営業09:00 - 21:00
予約受付は8:00~19:00
定休不定休(HPにてお知らせ)
 カウンター
2007-09-26から
91,260hit
今日:1


戻る