2014119(日)

2014年8月10日 私が最後に会ったエゾヒグマのくまぞう


2014年8月10日 私が最後に会ったエゾヒグマのくまぞう

こんにちは。
まだワイパーを換えていないマツです。

今週はまだ暖かいようですが、そろそろ冬ワイパーに換えても良いですよね。
それより、夫の車のタイヤ交換もまだしてないじゃん!





さて、先月16日に推定32歳で亡くなったエゾヒグマのくまぞうです。


1984年に推定2歳の時に来園し、1998年から約16年間もうじゅう館で過ごしてきました。
またもうじゅう館の初代メンバーのひとりがこの世を去りました。





私が最後にくまぞうに会ったのは8月10日の夜の動物園の時でした。
画像
このとき19時ということで、まだ空は薄明るい時間でしたが、エゾヒグマの展示場は壁に囲まれているためほぼ真っ暗。

この写真も、トップの写真も補正していますが、それでもくまぞうの表情はほとんど分かりませんね(^^;




動画ならいくらか分かるかな?
やっぱり、シルエットくらいしか分かりませんね(X_X;




私が見る限りでは、くまぞうは数年前(少なくともとんこが出産をした約4年前)からヨボヨボと歩くようになり、毛並みも悪くなってきていました。
この日が来ることはそう遠くはないだろうな・・・とずっと思っていました。

でも、そんな私の心配もよそに、くまぞうは長生きをしてくれました。



くまぞうって32歳まで長生きしたことも素晴らしいと思いますが、28歳で三つ子を繁殖したことがすごいことだと思うんです。

もちろん、とんこがまだ若いからこそなのですが、それにしても28歳でもまだ生殖能力があり、それだけの体力もあったということに驚くばかりです。




残念ながら、三つ子のうち生存しているのは円山動物園へ婿入りした「大(ダイ)」だけですが、数年後にはダイが新たな命を繋いでくれることでしょう。

その日が楽しみですね!




くまぞう、長い間ありがとう。






 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
西紋のマツ
道北地方で生まれ育ち、結婚してオホーツク地方へ来ました。

春は芝ざくら、秋には紅葉の写真を撮りながらお散歩しています。
そのほか、滝上町内を中心に旅先の風景の写真もアップします。

ときどき動物園へ行きます。
でも、若い頃のように毎週のように行く体力も気力もありません(笑)

性別
年齢30代
エリア北海道
属性個人
 ブログカテゴリ
 カウンター
2008-07-01から
936,288hit
今日:61
昨日:70


戻る