旭山動物園 ライオン(13)


20171221(木)

懐かしい写真・・・6月6日 旭山動物園 トラからライオン夫婦へ


懐かしい写真・・・6月6日 旭山動物園 トラからライオン夫婦へ

こんにちは。
お腹が空いてきたマツです。

「パンを焼いている」とか「大みそかに何かを作って夫の実家へ・・・」なんて話をしていたら、お腹が空いてきました。




さて、6月6日の旭山動物園もこれが最後です。




13時過ぎにもうじゅう館へ行くと、まだライオン展示場にはアムールトラの「キリル」が出ていました。




隣のトラ展示場では「のん」から親子へと交代をしていたので、こちらも交代するはず・・・と思って動画撮影しました。

キリルは寝室へ帰るのを少し渋りましたが、無事にライオン夫婦へと交代しました。
体をスリスリとしたり、20歳を超える高齢ライオンになっても仲良しな「ライラ」と「レイラ」でした。




それぞれ腰を下ろしたところで、続けてまだ動画撮影しました。

最初は奥にライラ、手前にレイラがいましたが、隣の芝生はキレイに見えたのか、場所を交換していました。
交換と言うより、ライラがレイラに場所を譲り、ライラはしょうがなく手前側に移動しただけのようにも見えますが・・・




ライラです。
画像




レイラです。
画像




少しトラ親子を見てから再びライオン夫婦を見ると、ライラはへそ天になっていました。
画像




気持ち良さそうに寝ています。
画像




レイラも太陽の光を全身に受け、気持ち良さそうでした。
画像





ライラはこの約5ヶ月後に亡くなったわけですが、この時は飛び出すように外にも出てきましたし、元気そうだったんですけどね。
死んでしまったことは事実ですが、この時の動画を見るかぎりでは信じられません。
不思議な気持ちです。



20171211(月)

懐かしい写真・・・4月2日 旭山動物園 ライオン


懐かしい写真・・・4月2日 旭山動物園 ライオン

こんばんは。
気が付けば18時を過ぎていたマツです。

晩御飯作らなきゃ!
そして、夫が帰ってきたら謝らないと、、、
お昼休みを終えて出勤するとき、ちょっと私が不機嫌だったのです。
タブレットを見ているとき、エラーがどうにも解除できなくて悪戦苦闘しているときに話しかけられまして、「何さ!?」って怒っちゃったんです。
夫は何も悪いことはしていないのに。
温厚な夫も怒ってしまったかもしれない。。。




さて、4月2日の旭山動物園も今回が最後の予定。
でもって、今回もブログアップするほどの写真ではありません。



トップの写真はライオンの「ライラ」です。




今は亡きライラ。
晩年は舌をしまい忘れていることが多かったかもしれない。
画像




他の動物を見て、30分後にもう一度見に行くとスノコの上には「レイラ」がいました。
画像




奥様に場所を譲って、ライラは土の上へ移動していました。
画像


この小さいスノコでは2頭が一緒に乗ることができませんので仕方がないですよね。



20171113(月)

懐かしい写真・・・2月14日 旭山動物園 ライオン夫婦


懐かしい写真・・・2月14日 旭山動物園 ライオン夫婦

こんばんは。
右手のひらにできたしこりを取るべきか放置すべきか悩むマツです。

良性のしこりなんですが、大きくなったり小さくなったりするんです。
大きくなってくると神経に触るようで痛みを感じるようになり、2・3ヶ月前には掃除機や包丁を握ると激痛が走って辛かったのです。
手術で取ってしまえばスッキリするんですが、場所が手のひらなもんで、しばらくは傷口が痛むために仕事にも支障をきたすと思われ、良性なら放置しようかな?とも思うのです。
放置しても痛い、手術してもしばらくは痛い。どっちにしろ痛いのです(笑)



話は本題。


ブログアップが滞ると、今は亡き動物たちの写真も増えてしまいました。



先日、11月7日にライオンのオス「ライラ」が21歳で亡くなりました。
10月4日のヒョウ(黒変種)の「パック」、11月1日のアムールトラ「のん」に続きもうじゅう館の高齢動物たちの訃報が続き、なんとも言えない寂しさを感じております。
3頭とも超高齢でしたから、1・2年中には次々と逝ってしまう日が来ることは想像できましたが、まさか1ヶ月余りの間に・・・って感じです。

もうじゅう館ができたときから暮らしている個体はレイラだけになってしまいましたが、レイラも22歳ですからね。
突然お別れの日が来てしまうかもしれません。




ライラとレイラ、この日は仲良くスノコの上に居ました。
画像




古い方のスノコは2頭で使うにはちょっと狭かったので、新しいスノコを設置してもらって良かったね。
画像

レイラは尻尾が雪の上だけど、冷たくないのかな?




少し時間をおいて再び見に行くと、2頭とも少し移動していました。
画像




レイラあくび。
画像




ガラスの前へ移動しても、またあくび。
画像




ライラが亡くなり、レイラも不定期での展示。
もう仲良しライオン夫婦を見られないのは寂しい。
画像

でも、ライラには感謝の気持ちしかない。




ライラ、19年間もうじゅう館を支えてきてくれてありがとう。

これからはレイラが少しでも長く元気で穏やかにライオンとしての人生を送っていけるように祈っております。



2013221(木)

2月19日 旭山動物園 ライオン ライラ


2月19日 旭山動物園 ライオン ライラ

こんばんは。
2月19日の旭山のブログもこれを最後にしようと思っていましたが、明日もう1つアップしようと思うマツです。

最後のもう1度ほっきょくぐま館へ行ったときに撮った写真がまだありました。



さて、この日の午前中にもうじゅう館へ行ったとき、ライオンはメスのレイラが出ていました。
午後からはオスのライラが出ているかも?と思ったものの、すっかり忘れていていました。
寒さに弱いライオンの展示は11時から14時の間だけ。
14時過ぎ、ダメもとでライオン放飼場を見ると、ちょうどライラが出てきたところでした。
画像

周りにいらっしゃったお客様のお話ですと、14時まではレイラが出ていたそうです。




ライラ、ガラス前の台のところでもよおしてしまったようです。
画像

しばらくこの姿勢を保っていましたが、何も出ませんでした。
相変わらず便秘気味?




木の台の上で往復歩きをしていたライラの動画です。




ライラがガラスの向こうの何かを気にしているので、見に行きました。



何かをガン見してますね。
画像




おそらくこの方を見ていたのでしょう。
画像

お隣のアムールトラののんちゃんがガラスを叩いていました。


旭山のライオンとアムールトラですが、ときどきお互いのことを見つめ合ったり、檻越しにスリスリとしたり、ご挨拶を交わしているような場面を見かけます。





ライラは9月下旬に体調を崩し、約2ヵ月半非公開になっていました。
12月中旬から公開再開とはなったものの、外に出ていない日も多く、私がライラに会ったのも夏以来数ヶ月ぶりです。

痩せてしまい、お腹の皮がタポタポと揺れていますが、とりあえずは元気そうでホッとしました。



2013111(金)

懐かしい写真シリーズ・・・2008年2月 旭山動物園 ライオン母子


懐かしい写真シリーズ・・・2008年2月 旭山動物園 ライオン母子

こんばんは。
今日の仕事帰り、ウチの会長が乗るの軽トラックとすれ違い、なぜかテンションを上げていたマツです。

今年に入って初めてお見かけしましたものですから、「今年初のT会長!!」って1人でテンション上げていたら、カーブでスリップしてしまい焦りました(^^;



さて、しばらく動物園にも行っていないので、完全にネタ切れです。


私が動物園に通うようになった5年前の写真の中から何か・・・とは思ったものの、当時はコンデジすら持っていなかったため、ブログに載せられるようなきれいな写真も残っていないのです。




トップの写真はライオン親子です。

左は母「レイラ」、右は息子「アキラ」。

この時アキラは1歳3ヶ月です。



アキラは昨年6月に釧路市動物園へ移動しました。


移動して約7ヶ月になりますが、アキラはゆうきと仲良くしているだろうか?




早く孫の顔を見たいぞょ~!!



<<
>>




 ABOUT
西紋のマツ
道北地方で生まれ育ち、結婚してオホーツク地方へ来ました。

春は芝ざくら、秋には紅葉の写真を撮りながらお散歩しています。
そのほか、滝上町内を中心に旅先の風景の写真もアップします。

ときどき動物園へ行きます。
でも、若い頃のように毎週のように行く体力も気力もありません(笑)

性別
年齢30代
エリア北海道
属性個人
 ブログカテゴリ
 カウンター
2008-07-01から
832,244hit
今日:11
昨日:82


戻る