滝上町 錦仙峡(129)


2017922(金)

9月22日 滝上町 今日の錦仙峡2017・・・1


9月22日 滝上町 今日の錦仙峡2017・・・1

こんばんは。
アムラー世代ですが、眉毛は全くいじっていなかったマツです。

周りの同級生たちはみんな細くしていましたよ、眉毛を。
でも、私は自分の太くて力強い眉毛に誇りを持っておりましたので、細眉にはしたくなかったんです。




さて、昨日も予告しましたが、今日から渚滑川渓谷遊歩道「錦仙峡」の紅葉レポートを始めます。




トップの写真はバリアフリー入口付近。
私の中で毎年定点撮影している場所が何ヵ所かありまして、その中の1つです。




18日に北海道に台風が上陸し、滝上町でも強風が吹きましたので、木々の枝が折れたり、紅葉前の葉が落ちてしまわないかと心配しておりましたが、大丈夫そうですね。
画像

赤くや黄色の葉も落ちずに残っていました。




でも、足元を見ながら歩くと、実がたくさん落ちていました。



たぶん、ヤマモミジ。
画像




コブシの実。
画像




どんぐり。
画像


このほか、写真はありませんが、ナナカマドの実や至る所に落ちていたのが印象的でした。




ヤマウルシもキレイに色づき始めていました。
画像




洛陽の滝へ下りる階段横のモミジは日当たりが良いからか、早々から赤く染まり始めていました。
画像




洛陽の滝は今日も水しぶきがすごかったです。
画像




水が少し濁っていましたが、マスが回遊しているのが見えました。
画像




紅葉と弘法大師様。
画像




ホテル渓谷とレストラン前のヤマモミジ。
画像

ここも少し色づいています。




青々とする葉の中に、何枚か赤くなっているのってどうしてなんでしょうね?
画像

いつも不思議に思います。




ホテル渓谷横から遊歩道を抜けまして、橋を渡って折り返し右岸を歩きました。


ホテル横にある案内図の一部を撮ったものです。
画像

左端の現在地がホテル渓谷の前。
右の方にある「夫婦の滝」と「白亜の滝(発電所のため、不定期放水)」の間にある橋のところから遊歩道に入り、左岸を下って歩いてきました。




橋の上から渚滑川とホテル渓谷。
画像

右下に写っているのは、橋の補修工事の足場です。




橋の横から再び遊歩道に入り、木々の間から洛陽の滝。
画像




まだまだピークには遠いですが、場所によってはキレイに色づく木々もあります。
紅葉を見るだけじゃなく、野草や野鳥を見ながら歩くのも楽しいです。
皆さんも錦仙峡をお散歩してみませんか?
街の中にあるのに生活感を感じない、なんとも不思議な空間は、とっても気持ちが安らぎます。
画像




次回は25日に歩く予定です。
(追記 雲行きが怪しかったので中止しました)



2017921(木)

4日前ですが・・・9月17日 滝上町 錦仙峡の紅葉と、森林鉄道跡


4日前ですが・・・9月17日 滝上町 錦仙峡の紅葉と、森林鉄道跡

こんばんは。
髪を切ろうか伸ばそうか悩んでいるマツです。

いろいろあって久しぶりに短く切ったんですが、意外と気づいてもらえないんですよね。
もっと切らないと分からないものなのかな?




さて、4日前の渚滑川渓谷遊歩道「錦仙峡」の様子と、オマケの写真です。



9月17日はうまいもんまつりの2日目。
午後からちょっとだけ観光協会のお手伝いがあったので、錦仙峡を歩きつつ道の駅へと向かいました。




9月も後半となり、少しずつ木々が色づき始めていました。
画像




ここが真っ赤に染まったら紅葉のトンネル。
画像




春にきれいな花をつけていたコブシの木も、実が赤く染まり始めていました。
画像



画像





ところどころ真っ赤に染まった葉もあり、秋を感じますね。
画像




木々の間から渚滑川。
画像




連休前は雨の日が続いていたため、川の水量も多くなり、洛陽の滝も水しぶきを上げていました。
画像




ホテル渓谷前のもみじも少し色づいていました。
画像




さて、錦仙峡と言えば、今年もあります


秋!歩こう!!錦仙峡

画像

昨年はどうしても仕事を休めずに参加できませんでしたが、今年は夫も一緒に参加予定です。


開催日 2017年10月7日(土)
参加費 500円

お昼御飯・記念品付きですので、とってもお得です。





ここで話はガラッと変わります。



うまいもんまつりのお手伝い終了後、久々に森林鉄道跡を巡るガイドに便乗してきました。




まだ木々が生い茂っていて見づらかったのですが、4本足の橋脚です。
画像

手前に2本と、分かりづらいですが奥にも2本写っています。




ここから先は一気に奥に進みまして、山の間を切り崩して作られた切り通しです。
画像

久々に行ったら、いい感じで風化して、さらに草木が生えていて、キレイな風景になっていました。




良さそうな比較写真が見つからず、3年前の10月に当時の地域おこし協力隊と一緒に行ったときの様子がこちら。
画像

10月でしたので木の葉も落ちてしまっていることもありますが、ちょっとさみしい風景ですよね。




切り通しをさらに進むと、イワナ沢の立派な橋脚が残っています。
画像




先ほどの切り通しを戻るとき、逆光となり更にいい感じでした。
画像




なんかもうジブリの世界ですね!(言い過ぎ?)
画像




森林鉄道跡のガイドはまだまだ続いたようですが、私たちは先に戻ることにしました。




何度見ても森林鉄道跡はいいですね。



2017913(水)

9月3日 滝上町 ふるさとまつり 渓谷ウォーク・・・2


9月3日 滝上町 ふるさとまつり 渓谷ウォーク・・・2

こんばんは。
体力作りも兼て一生懸命に体を動かしたのに、晩御飯をたくさん食べてしまって後悔しているマツです。

相変わらず抑えられない食欲に悩んでいます。




さて、渓谷ウォークの後半です。



トップの写真は休憩地点です。



滝上町の名産品であるハッカを使用したハッカ茶を飲みながら一休み。
画像

ホットとアイスの両方をご用意いただき、私はアイスを頂きました。




さて、左岸を折り返して戻ります。
画像




出発してまもなく、メギです。
画像




コクワ。
画像




エゾヤマハギ。
画像




ユウゼンギク。
画像




ミゾソバ。
画像




有毒で知られるトリカブトの花です。
画像

紫色のキレイな花が咲くのに、毒があるんです。




春にはキレイな白い花をつけていたコブシの実も赤くなりつつありました。
画像




ヤチダモの実です。
画像




ミズキの実。
画像




カリンズの実。
画像




カンボクの実。
画像




マムシグサの実。
画像

これから赤く染まるようです。




最後はエゾミソハギ。
画像

上で「エゾヤマハギ」もご紹介しましたが、名前は似ていますが全然関係の無い花なのかな?




今回は野草や樹木に草しいガイドさんに教えていただきながら歩きました。
私は全くの素人であり、毎回教えて頂いてもなかなか覚えられません。
だからこそ、ガイドさんと一緒に歩くのは楽しいのです。




来月7日(土)は紅葉に染まった錦仙峡を歩く「秋!歩こう!錦仙峡」が開催されます。
今年は私も参加予定。
皆さんも一緒に歩きませんか?



2017913(水)

9月3日 滝上町 ふるさとまつり 渓谷ウォーク・・・1


9月3日 滝上町 ふるさとまつり 渓谷ウォーク・・・1

こんばんは。
これから迎える冬に向けて、体力作りを始めようと思っているマツです。

「冬」と言えば「雪かき」ですよね。
「雪かき」と言えば「雪かきしない隣人」です。
どうせ隣人は今シーズンも雪かきしないんでしょうし、でも隣家の屋根の落雪を放置されたままでは私は仕事へ行けませんから、今から鍛えておこうと思いまして。
早起きをして雪かきをするにしても、職場まで3km歩くにしても、体力が無ければどうにもなりませんからね。
今年も隣人との闘い、頑張りますよ!!




さて、前回のブログの中で予告しました、お祭りの中で開催されました「渓谷ウォーク」の様子をブログアップいたします。
画像



歩きながら撮影した花や木の実を中心に2回に分けてご紹介いたします。
画像



でも・・・
もう10日も前の様子ですが・・・




渚滑川沿いの遊歩道(錦仙峡)を4.2km歩きます。



朝10時にステージ前に集まり、町長などのご挨拶のあと、ラジオ体操をしてから出発です。
画像




オニグルミです。
画像

たくさん実っていました。




「夫婦の滝」の横にはダイモンジソウ。
画像

「大」の字のように見えるから「大文字草」




ツルニンジンだそうです。
画像




ヒョウタンボクの花です。
画像




これはノリウツギだったかな?
画像

メモを取りながら撮影をしていますが、ときどきメモを取り忘れます(^^;



サラシナショウマです。
画像




オオバボダイジュ?シナノキ?
画像




チョウセンゴミシは至る所で見掛けました。
画像




たぶん、マルバキンレイカ。
画像




エゾノコンギク。
画像




ヤナギタンポポ
画像




最後はツルウメモドキ。
画像

これから色づくと思われます。



写真の枚数制限のため、橋を渡って折り返し後半は次回ご紹介します。



201755(金)

5月5日 滝上町 錦仙峡ではコブシと桜の共演 そして、川は増水中


5月5日 滝上町 錦仙峡ではコブシと桜の共演 そして、川は増水中

こんばんは。
例年だとそろそろ体調を崩す予定のマツです。

GW前後の気温の激しい変化に身体が付いていけないのか、それとも花粉症なのかよく分からないのですが、毎年5月10日前後はくしゃみ・鼻水で悩まされます。
今年は今のところは大丈夫そうですが、明日の仕事を終えてからガクッと落ちるかもしれません。



さて、観光協会の事務局長から「コブシと桜が咲いてキレイだよ」と教えて頂いたので、うまいもんまつりが終わってから行ってきました。



並行して走る道道から見えました。
画像

写真だと分かりづらいんですが、桜のピンク色の奥にコブシの白い色も見えます。



桜はまだ5分咲きくらいでしたが、コブシは明日の雨で散っちゃうかも?
画像




錦仙峡は秋の紅葉が有名ですが、春には桜の花も咲きます。
画像



画像

自転車で行ったため、遊歩道ではなく道道から撮影しています。




途中から遊歩道に入りまして、エンレイソウもニリンソウもキレイに咲いていました。
画像




東屋の下あたりから上流方向を見たら、いつもはキレイな景色なのに、曇った天気も影響してか、なんだか増水していてコワいですね(^^;
画像




洛陽の滝なんて、飲み込まれそう!!
画像

春の雪解け水でかなり増水しています。



比較するために・・・

こちらは約7ヶ月前の秋の洛陽の滝。
画像

秋には見えていた大きな岩盤が、今日は見えなくなるほどです。




遊歩道は歩きやすいように舗装整備されていますが、一部川面に近い位置を歩く場所もあります。
冠水することはまれではありますが、春の雪解け水で増水しておりますので、一応皆様も気を付けて歩かれますようにお願いいたします。



<<
>>




 ABOUT
西紋のマツ
道北地方で生まれ育ち、結婚してオホーツク地方へ来ました。

春は芝ざくら、秋には紅葉の写真を撮りながらお散歩しています。
そのほか、滝上町内を中心に旅先の風景の写真もアップします。

ときどき動物園へ行きます。
でも、若い頃のように毎週のように行く体力も気力もありません(笑)

性別
年齢30代
エリア北海道
属性個人
 ブログカテゴリ
 カウンター
2008-07-01から
794,423hit
今日:10
昨日:352


戻る