おんねゆ温泉 山の水族館(1)


20121029(月)

10月27日 夫と一緒にドライブへ・・・山の水族館編


10月27日 夫と一緒にドライブへ・・・山の水族館編

こんばんは。
「北海道観光マスター」の受験勉強をしなくてはいけないと思いつつ、ブログを書いているマツです。

明日は旭山動物園へ行きますが、ブログにアップするの23日以降になっても良いですか?
良いわけないですよね。。。(^^;

時間を作ってブログアップしたいと思います。



さて、夫と一緒にドライブシリーズも今回で最後。



一番の目的地は「おんねゆ温泉 山の水族館」でした。
画像



我が家を出発したのが10時半頃で、山の水族館に到着したのが14時過ぎ。
途中層雲峡などで1時間ちょっと寄り道をしたことを考えると、我が家から山の水族館までの所要時間は2時間半ってところでしょうか?

今回は石北峠経由でしたが、遠軽経由だともう少し早く着くのかな?
今度試してみます。




山の水族館の建物に入る前に池があり、そこでは鯉が泳いでおりました。
画像




いざ入館・・・
入館料は大人が670円。
年間パスポートが1000円。


哺乳類を飼育する施設なら迷わず年間パスポートを購入するのですが、水族館系はたまにしか行かないので、とりあえず今回は670円払いました。




入館してすぐ目に入ってきたのがこちらの水槽。
画像




ニュースでも話題になっていた滝つぼを見上げる水槽です。
画像





こちらも話題になっていました。
画像
世界初・川が凍る水槽です。




今はまだそこまで寒くないので凍っていませんが、本格的に寒い季節を迎えると凍ることでしょう。
画像
機会があれば、凍る季節にもまた来てみたいですね。




さて、この日は14時30分から「イトウのいただきますライブ」というイベントがありました。



私が水槽前に行ったときにはすでに大混雑で、一番入口に近い右端で観覧することに・・・
画像




飼育係さんによる解説が数分間あったのち、生きたニジマスがプールに入れられました。
画像




そのニジマスとすごい勢いで食べていくのでした。
画像




そんないただきますライブの様子を動画でどうぞ。
ちなみに、私のすぐ前で飼育係さんがお話をしていたため、音量にご注意ください。




ニジマスが無くなると、イトウは何も無かったかのように泳ぎ始めました。
画像




イベントが終わって、お客様が落ち着いたところで水槽全体をパシャっ!
画像





イトウの解説
画像





このあと、世界の熱帯淡水魚を展示するエリアがありましたが、写真がイマイチなので省略します。





でも、東南アジアの川の水槽に気になる動物がいたのでちょっとだけ。
画像
この水槽↑の中に1匹だけ両生類がいたのです。




こちらです。
画像
名前は「ブタバナガメ」。

その名の通り、ブタのような鼻をしておりました。



ブタバナガメを飼育している園館は結構多いようで、私もどこかで見たことがあるようです。
でも、両生類はあまり興味無いもので・・・




ブタバナガメの動画も撮影しました。

なんとも愛嬌たっぷりなカメさんでした。






簡単でしたが、山の水族館のレポートはこれで終わり!!


感想としましては、外観からしてこじんまりとした水族館で、水槽の数も少ないのですが、その1つ1つが工夫されており、見ていても飽きない感じがしました。

また行ってみたいです。
今度行くときは年間パスポートを買おうと思います。



<<
>>




 ABOUT
西紋のマツ
道北地方で生まれ育ち、結婚してオホーツク地方へ来ました。

春は芝ざくら、秋には紅葉の写真を撮りながらお散歩しています。
そのほか、滝上町内を中心に旅先の風景の写真もアップします。

ときどき動物園へ行きます。
でも、若い頃のように毎週のように行く体力も気力もありません(笑)

性別
年齢30代
エリア北海道
属性個人
 ブログカテゴリ
 カウンター
2008-07-01から
807,419hit
今日:6
昨日:181


戻る