20171011(水)

超高出力のコンパクトな青レーザーポインター


超高出力のコンパクトな青レーザーポインター。品質と価格のバランスがとてもよくおすすめの製品です。 コンパクトな本体からは考えられない驚くほどの照射距離!イベント、コンサート、アウトドア、プレゼン、星空観察などに活躍!

非常に珍しい綺麗なブルーのレーザーを放ちます。是非この機会にブルー工事現場レーザーポインター外部リンクの美しい光をご堪能ください。夜、暗闇で放たれるブルーのレーザーも本当に幻想的です。

安全対策に安全鍵が搭載されて、常に子供や大人などを考慮し、全世代に向けています。スイッチのON/OFFは作業時などに便利な持続式ですので、手を離して作業したいときや、実験や研究のさいにとても便利。

セット内容

1* 超強力3Wレーザーポインター青外部リンク

1* 充電器

1* レーザー保護ゴーグル

2* 16340充電池

1* 高級なアルミ製ボックス
3w 青色レーザー着火装置 の画像

強力3Wレーザーポインター



2017919(火)

わずかにレーザーポインター建築の方が遠くに届く可能性はあります

緑のレーザーは532nm、赤のレーザーは635nm、650nmが主流ですが
見えやすさで比較すると532nm:635nm:650nm=8:2:1となります。

青の超高出力レーザーポインター外部リンクの波長はそれよりさらに波長が離れているので、
実際には青より緑レーザーの方が10倍以上明るく見えます。
1Wの青レーザーより、その10分の1の出力の100mWの緑レーザーの方が
かなり明るいと言われているほど、グリーンレーザーは視認性が高いです。

また、遠くまで届くかとのことですが
わずかにレーザーポインター建築外部リンクの方が遠くに届く可能性はあります。
可視光線より長い波長の赤外線が大気に吸収されにくく、
逆に可視光線より短いX線やガンマ線などが大気に吸収されやすいことから、
若干の影響はあるかもしれません。



短い←【波長】→長い
(γ線←X線)紫外線←青<緑<赤→赤外線

ただわずかな差でしょうし、この場合は見えやすさという意味です。

まとめると「グリーンレーザーはブルーレーザーより10倍以上明るく見える」
「届きやすさはほとんど関係ない」ということです。

光出力が1mWならばクラスⅡですかね。PSCマークを取得していれば所持、販売はOKです。
PSCマークが付いていればある程度安全性が確保された形なので・・・

但し、最近レーザーポインターカラス効果外部リンク用としては明らかに大き過ぎる出力10mW~50mWクラスの製品が通販などで
売られていますが、販売や所持する事自体は法令違反となりません。

問題は、この大出力猫レーザーポインター安全外部リンクを使ってご自身或いは他者がうっかり目に<a href="">レーザー光</a>を入れた場合

http://immtweet.com/video/view/6外部リンク

https://www.shortnote.jp/view/notes/ABRSoDID外部リンク



201775(水)

レーザーポインタの異なる機能に応じて特定の環境


この超強力レーザーポインター焦点調整可能
マッチやタバコに瞬間点火や切断、燃焼力が強い
高出力レーザーポインター 青、独特な設計、ファッションかつ高級
16340電池 安定な機能
基板が保護装置を設置する




レーザーポインター購入常識:
購入する機会を毎日の使用によれば、典型的になど、会場に必要に青色レーザーポインター
を使用する教室、建設現場、砂テーブル、説明、軍事コマンド、それは、レーザーポインタの異なる機能に応じて特定の環境を選択することが可能である。フリップ、緑色例えば、マウス機能、水平ライン機能、高速フラッシュ、ポインタ、その他の機能がある。
注文を購入するための電力は、次のとおりです。時にはそれは明るさを感じることが可能であり、あなたが使用している場合シリンダー直径効果は理想的ではない、あなたはあなたがレーザーポインタが欲しい効果を選択することができます

レーザーポインター販売サイト外部リンク ,超强出力緑色レーザーポインター,猫用レーザーポインター外部リンク 强 出力緑色レーザーポインター,安全鍵付き 青色レーザーポインター外部リンク



201752(火)

猫はペン型 レーザーポインターのような光が大好き


レーザーポインターにはパワーによりクラスがあります。

小型だから安心と言うわけではありません。

クラス3のレーザーポインターは放射パワーがとても大きくて危険です。

星レーザーポインター外部リンクの照射を受けると、本能的に瞳の真中で見てしまいます。

レーザーが網膜に達し、網膜の一部が破壊されると視力が0.1以下になります。

最悪の場合、視野内に見えないエリアができたりする場合もあります。

レーザー光線が目に入った場合、自覚症状がなくても網膜に網膜の浮腫や眼底出血を生じた事例があります。

破壊された網膜は再生されませんから、再び美しい景色も愛しい方の顔も見られなくなります。

レーザーポインターの性能を素人が知ることは不可能です。

安全基準をクリアしているか否かは、本体や説明書にPSCマークがあるかどうかでしか判りません。

レーザーポインターは出力が高いものだと、人間だって失明しますから、当然猫にも危険です。

試合中のスポーツ選手などに当てられることが問題にもなっています。

おそらく目に当れば、猫だって失明しますし、usbレーザーポインター外部リンクの強力なものは皮膚に当てると発がん性の可能性があるとも言われています。

満天の星空パープルレーザー

一般的に猫用レーザーポインター外部リンク の照射力は4段階に分かれています。

一番強いクラス4レベルだと、目に障害が残るほど強力なレベルです。

日本では照射力に規制があり、クラス2までしか販売してはいけない決まりはあります。

クラス2の照射力は、一瞬なら直接目で見てもモヤモヤっとなるくらい。

クラス1の照射力は、直接目で光を見ても100秒間以上大丈夫とされています。

子供用のおもちゃや猫用の商品は、クラス1で規制されています。

猫はペン型 レーザーポインター外部リンクのような光が大好きです。

腕時計に光が反射したようなものでも、必死に追いかけてるし、掴もうとする姿は可愛いです。

今はLEDの弱い光で猫にも優しい商品も売ってますし、懐中電灯などでも代用できます。

http://watzgritty.com/profile/kaishi

http://p.booklog.jp/book/114452/read



2017428(金)

昼間に超強力レーザーポインター が届きました


昼間に超強力レーザーポインター外部リンク が届きました。夜になるのを待って曇り空でしたが上空に向かって照らしてみると、まばゆいばかりのグリーンの太い光線が飛んで行きました。こんな光景は、生まれて初めての体験でしたので嬉しくて嬉しくて・・Fantastic=幻想的 その言葉につきると思います。あの写真は本物だったのですね!こんな商品と信頼のおける方に出会えた事に感謝します

1mW以下がクラス2、0.24mW以下がクラス1ですから
どちらかの表記が間違っています。

が、おそらく1mWというのが嘘で実質クラス3の5mWです。

5mWの方が1mWより高額のイメージがありますが、実はレーザーを発振する部品本来の出力は5mWであり、
日本で販売されてる天体用レーザーポインター外部リンクはあえて1mWに抑えてるわけです。
安定して1mWに抑える方がよほど技術が必要で、そのまま5mWレーザーを出力する方が安価で済むんです。

nm(ナノメートル)というのは光の波長を表しています。
色は波長で決まり、500~560nmは緑です。
緑レーザーは基本的に532nmに作られていますが、そこから±10nmくらい波長が変わることもあるという意味です。

湿気、埃などからの散乱でレレーザーポインター効果外部リンク光路が浮かびあがります。
そしてものすごく熱くなるはずです。
グリーンペン型レーザーポインター外部リンク は基本その出力の2~5倍の赤外レーザーを利用して発生させており、余りとなる50~80%のエネルギーは熱として捨てられます。

表示も不適切ですし1000mWならクラス4だし、クラス3なら50mW未満になります。
PSCマークが本当なら1mW未満のはずです。
なので出力の詳細は不明です。

http://www.figure.fm/en/profile/kaishi0327外部リンク

http://www.sprasia.com/user/kaishi0327/外部リンク



<<
>>




 ABOUT
buyshopes

性別
属性個人
 ブログカテゴリ
 カウンター
2016-10-18から
1,120hit
今日:1


戻る