2019123(火)

こんなのあります「まさひろ OKINAWA GIN BARTENDER'S BATCH 2019」

近況×2064

こんなのあります「まさひろ OKINAWA GIN BARTENDER'S  BATCH 2019」

こんなのあります「まさひろ OKINAWA GIN BARTENDER'S BATCH 2019」

ジンです。
まずはCRAFTGIN.JPの記事です。

『「まさひろオキナワジン」の新シリーズである「バーテンダーズバッチ2019 トロピカルエディション」。
東京を拠点とする名バーテンダーの静谷和典さん(BAR LIVET・新宿ウイスキーサロン / ともに新宿)と、小栗絵里加さん(Algernon Sinfonia / 赤坂)が開発に携わった同銘柄。沖縄の地で泡盛を造り続けてきたまさひろ酒造が、ジンに新たな可能性を感じて開発したまさひろオキナワジン。
今回新たにリリースされる「バーテンダーズバッチ2019 トロピカルエディション」には、2人のバーテンダーが現地に赴きチョイスした、幻のフルーツとも呼ばれるミズレモンやパッションフルーツ、マンゴーなど南国のボタニカルを中心とした9つの素材を使用。
どのようなジンを目指したのか、静谷さんに伺うと「まずは泡盛を活かした世界で類を見ないジンを造ることを念頭に、今回は、沖縄ならではのボタニカルでありながらも従来のまさひろジンとは異なる素材を用いることで、真逆のテイストを造りたいと考えました。長熟ウイスキーにも感じるトロピカルなジンを目指しボタニカルを選定しています」という。
一方、小栗さんはその仕上がりについて「(ミズレモンやマンゴーなど)沖縄特有のボタニカルをふんだんに使い、名前の通り香りや味わいもがトロピカルに仕上がっています。ジン&トニックやホワイトレディなどスタンダードカクテルで味わうことで、ロンドンドライジンとの味の違いがとても楽しめます。ミストスタイルでスダチを少し絞って飲むのもおススメです」と言います。
度数:47%
【ボタニカル】
パッションフルーツ、ジュニパーベリー、マンゴー、ミズレモン、月桃、ショウガ、ペパーミント、グァバ(葉)、レモングラス』
以上。

実は先日、静谷さん(マスター・オブ・ウイスキーでも著名ですが、ウイスキー専門誌の「ウイスキーガロア」のテイスターとしても御活躍されています。)が遥々ご来店されて、いただきました。
ありがとうございます。
よろしければどうぞ。

風が冷たい帯広です。

本日もいつも通りゆる〜く営業いたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

肩肘張らない気軽なBARです。
お一人様でもお気軽にどうぞ。
ウイスキーの楽しみ方、飲み方をグラスの持ち方からお伝えいたします。

昭和の特級表示のオールドボトルから地域限定、蒸溜所限定、シングルカスクまで500種類以上のジャパニーズウイスキー。
その他、スコッチシングルモルト、シングルカスク、特級表示、バーボン他300種類以上のウイスキー。
その他、カクテル・各種クラフトビール・軽食・手作りティラミス・・・etc

ニッカウヰスキー 
竹鶴トップ・アンバサダー・オブ・ザ・イヤー2015
小学館「ウイスキー・ライジング」掲載店
ジャパニーズウイスキーの歴史があります。
BAR fishborn
OPEN 18:00~24:00 不定休
TEL 0155-66-9145






 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
BAR fishborn
自由が丘にある郊外のBAR。
ジャパニーズウイスキー500本以上オールドボトルからレアボトルまで。
スコッチ250本以上、バーボンも50本以上。
音楽ソースも豊富です。
ロックからブルース、洋楽なんでもござれ。
日ハム戦ナイトゲームは全戦放送。
春~秋はBBQ、焼き肉が出来る裏庭もあります。
ダイビング器材の販売、メンテナンスも継続中。

性別
年齢50代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
BAR fishborn
住所帯広市自由が丘2丁目11-16
TEL0155-66-9145
営業18:00 - 24:00
ラストオーダー23;45
定休基本的に無休
 ブログカテゴリ
 カウンター
2007-08-24から
445,611hit
今日:103
昨日:441


戻る