2007419(木)

心細くなる季節

住宅×15

心細くなる季節

春が近付いて来ているのだが まだまだ夜は、ひえるので
毎晩薪ストーブが活躍している

11月にあれだけ用意したシーズン用の薪が見る見る減って
残りが数える程しかなくなってしまった
建築廃材も近所の薪小屋から貰った40年物の薪もあるので

無くなる心配は、要らないのだが 薪だけで暮らすと結構必要だ
我が家の場合 日没から就寝するまでしか焚かないのだが
7㎥の薪が必要だ 原木の目方にしたら4tトラック一台分

小さな小屋が一つ分は、最低秋に無かったら 冬を越せない事になる
以前にも書いたが 2シーズン分の薪を置くスペースを確保して
5月の連休に 冬に焚いて空いたスペースを薪で満たすと

2年乾燥の状態の良い薪を焚けるので この時期に薪を作って
積まなくては、いけないのだが 理想的な薪ストーブ生活になる
冬に切り出した原木を切って 割って積んで再来年にそなえる

原木をどうするか 何所で作業をするか 何所に積んで乾燥するか
此れをクリアーしないと 楽しい薪ストーブ生活は、過ごせない
一度流れが出来てしまえば 毎年同じ事を繰り返せば良いのだが

若し 自分が街に住んでいて 同じ事をしょうと思うと大変困難だ
原木を下ろす所が無い、木を切るのにチェーンソーが騒音で使えない
薪を割って積むスペースが無い・・・・

ストーブを焚いても 煙が出て近所からクレームが来る
薪を積んでいたら 危険だから撤去してくれ
薪から虫が来るので 積まないでくれ・・・

考えるだけで 大変だ 
其処まで考えて 街の人は、薪ストーブを買っているのだろうか
住宅雑誌を見て憧れて ストーブは、付けたけど
薪の事を考えている方は、どの位いるのか全く疑問である

ストーブ屋も売る事ばかりで 薪の事をお客さんに伝えていない
買ったお客も 薪の事等考えているとは思えない
だから いったい何を焚いて暮らしているのか疑問である

薪ストーブ3年と云うらしい 3年を乗り越えたらズーット使えるけど
3年を越せない 薪ストーブユーザも可也居る様だ
薪ストーブ以外の暖房システムがあったら 必要がないのだろう

折角新築住宅で100万円も出して 取り付けたストーブがインテリアに
なってしまっては、随分勿体無い話である
薪を造るにも

①軽トラック
②チェーンソー(エンジン)チェーンソー(電気)
③斧 外国製は、1.3万円 薪割り機械 4万円
④薪小屋 2年分 大型カーポート1つ分 車は、入れれません
⑤原木を下ろせるスペースと作業できるスペース

以上の道具や設備が必要です 可也恵まれた土地条件か
ハタマタ薪を造るのに 作業する場所を借りないと無理です

こんなに大変で 労力と時間を投入しても 薪を焚きたい
趣味とか道楽として 考えるしかない
経済を考えたらオール電化住宅で暮らしてください

毎晩帰宅して ストーブをかまって 日中のストレスを燃やし
チェーンソーで 憎い奴だと思って 丸太を切り
丸太を斧でスパット 割ったら気持ち良いですよ・・・・

心の均衡と健康を保つのに 薪ストーブは、最適です
家に居ながら出来る道楽は、そんなにありません
家が暖かいので家族が喜びます
子供と一緒に薪を積んだり 割ったり結構楽しいです

薪ストーブを楽しみたいなら市街地では、無く
ちよっと離れた 土地の価格が安い田舎がお勧め
土地が安いと 住宅ローンを払い終わった時に 返済額で何百万円も
違います

これから 家を建てるなら通勤可能な田舎に建てましょう
原木の確保も作業する場所も トラックも近所の農家から
調達出来る可能性を秘めているので 真面目に考えたら良いですね










 コメント(2件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
神森バルーン野郎
池田町で熱気球チームをしています
最近は、薪ストーブに嵌ってしまって すっかり薪割りオヤジです(^^;)
[video:
]

性別
年齢40代
エリア池田町
属性事業者
 GUIDE
神森の薪
住所池田町千代田88-3
TEL090-8273-2322
 カウンター
2007-03-20から
278,521hit
今日:3
昨日:8


戻る