2007424(火)

半径五キロの家造り

住宅×15

半径5キロで材料を調達して建物が造れないか 構想を練っている

5年前に建てた 鉄骨の格納庫は、5キロ圏内で 材料を購入して
自分で建てたので 此れに当て嵌まるのだが・・・・
本当に 5キロ圏内で調達出来る材料で考えよう

5キロで調達出来る建材の候補は
①土 (十勝川で 粘土が採れるそうだ)
②石 砂利もあるが 玉石もある
③藁 小麦を栽培しているので 小麦殻がフンダンにある
④古材 建築廃材とも云うが 古い建物に使われていた材料は、魅力的
⑤葦 萱は、少ないが沼地に茂る 葦は、ふんだんにある
⑥唐松 畑の防風林の唐松も大きくなって邪魔になってきた

此れを使って 今考えているのが ストロベールハウスだ
ストロベールハウスとは、牛の寝藁に使われる 小麦殻を四角い梱包に
したものを 積み重ねて壁にする建物なのだ

三匹の子豚の 藁の家なのだが・・・・
本当に此れで建物を作っている 方がいるのだ
日本では、法的な規制があるので 構造には、使えないのだが

柱ををこの厚い藁で積み上げ ラス(金網)で覆い モルタルを塗って
仕上げると誰も 内部が藁だとは、思わないだろう
壁が厚いので 断熱、遮音効果抜群なので 北国に適していると思う

基礎は、穴を掘って半地下にして
拾ってきた石(許可無く河川から持ってくると違法採取になります)
石を積み基礎とする

構造は、解体してバラシテ来た古材で作り
壁は、藁を積んで
川で採取した柳でこまいを作り 粘土を塗り 土壁とし

屋根は、茅葺・・・
若しくは、苔を載せるか 土を載せて草を生やす・・・・







 コメント(4件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
神森バルーン野郎
池田町で熱気球チームをしています
最近は、薪ストーブに嵌ってしまって すっかり薪割りオヤジです(^^;)
[video:
]

性別
年齢40代
エリア池田町
属性事業者
 GUIDE
神森の薪
住所池田町千代田88-3
TEL090-8273-2322
 カウンター
2007-03-20から
271,291hit
今日:1
昨日:2


戻る