2017811(金)

8月10日 木曜日

雑記×396

 大抵の日は道場に行っていますが、今日はうちにいて

大会の準備(連絡次項など)と並行して水彩画を少し

進めることが出来ました。

        ********



 空手について道場生達が一番気になるところはやはり

自分がどのくらい上達できるかということだと思います。

ありきたりの答えになってしまいますが、普段の稽古を

大切にすることにつきると思います。

ではどうしたらそうできるのかと言うと、普段の生活の

中で少しだけ忍耐強く [作業](勉強等も含め)をすることだと

思います。

心の弱い人は忍耐力がありません。

自分の場合もあまり自慢のできる幼少期を送ったとも

言えませんが、農家でおふくろの体も弱く農作業を手伝わねば

ならなかったため家を守る一人としてそれなりに忍耐強く

なければならなかった事が良かったのかもしれません。

今の時代、子供が生活のために親と共に働くということも

難しいかもしれませんが、そういった我慢強く何かを続けて

行く事の積み重ねが闘争心も培ってくれるように思います。

お父さんお母さんは、ある部分子供に我慢する事を教え、

ハングリー精神の基礎位は作ってあげてほしいものです。

本人の自覚としてまず、単調な苦しい稽古と正面から向き合い

少しずつ我慢強さ(集中力)を習慣化していくこと だと思います。






 コメント 
このブログはコメントを受け付けていません






 ABOUT
極真空手帯広道場
ご訪問ありがとうございます。帯広本部道場のHPにて公開しておりました”師範の雑記”をこちらに移転することになりました。過去記事は上部のサイドメニューからご覧ください。

性別
年齢50代
エリア十勝
属性事業者
 ブログカテゴリ
 カウンター
2012-04-16から
102,476hit
今日:144
昨日:214


戻る