小澤のブログ(14)


2012720(金)

帯広聖徳太子講


帯広聖徳太子講

本日、私が副理事長を務めています帯広建築工業組合にて、今年も大工、型枠、左官、鳶、鉄工、板金、鉄筋、塗装などの職人仲間で聖徳太子を守護神として行う例大祭が行われました。
聖徳太子が寺院建築技術を中国より導入し日本に広め技能の神様とされ建築史上大きな存在であったことに由来する太子講は、大工職人が聖徳太子を職の祖と仰ぎ稼業の安全と発展を願う江戸後期に始まりの講であります。
仏さまを日本に広めたのは聖徳太子であり、そのおかげで、われわれ大工たち職方は、仏様の家を造る、という仕事をさせてもらえました。
室町時代の終わり頃から、太子の忌日と言われる2月22日を「太子講」の日と定め、大工や木工職人の間で講が行なわれるようになったそうです。これは四天王寺や法隆寺などの巨大建築に太子が関わり諸職を定めたたという説から、建築、木工の守護神として崇拝されたことが発端で、江戸時代には大工らの他に左官や桶職人、鍛冶職人など、様々な職種の職人集団により太子講は盛んに営まれるようになったのです。
帯広聖徳太子講は昭和3年に始まり、以来84年にわたり先人の志を守り続けて参りました。毎年、例大祭を当組合員並びに前記職方の協力により開催してきております。



201045(月)

住宅エコポイント利用法


住宅エコポイント利用法

 
エコ 新時代 住宅版エコポイント 開始1ヵ月 高断熱の新築・改修広まる


eco(エコ) 新時代
住宅版エコポイント 開始1ヵ月
高断熱の新築・改修広まる
効果的な内窓 部屋暖かく

 省エネ性能の高い住宅の新築と改修にポイントを与える「住宅版エコポイント」の申請受け付けが始まって1カ月近く。窓や壁、天井などの断熱性を高めた住まいを対象にしているのが特徴だ。冷暖房などの消費エネルギーを抑え、地球温暖化に歯止めをかける―。国をあげての取り組みが加速している。

帯広市内に住むAさんは3月上旬、子ども部屋や寝室の内窓を取り付け、二重窓にした。高断熱LOW-E複層ガラスで2重ガラスながら3重ガラス相当の断熱性で「寒かった部屋が随分、暖かくなったと感じる。内窓を開けると寒さに驚きます」と設置効果を口にする。

 北向きの部屋。冬はいつも窓ガラスに結露し、サッシや窓枠に生えるカビに悩まされてきた。床をフローリングするのに合わせて高さ約1メートル、幅約1・8メートルの内窓を設置。断熱性が向上し、結露しなくなっただけでなく、防音性も高まったという。

 リフォーム代のうち内窓分は約6万円。Aさんは1万2千ポイント分のエコポイントを申請する予定だ。「エコポイントがあると知り、取り付けを決めた」とAさん。制度が内窓の設置を後押しした。

 エコポイントは改修だけでなく、一定の省エネ基準を満たした新築も対象。ただし、申請には性能基準を満たす証明書が必要で、発行も相次いでいる。帯広で住宅性能の評価をする帯広建築工業組合は既に多数の証明を発行した。「エコ意識が高く、高断熱の住まいを求める人が増えてきた」とみる。

 住宅は特に窓や玄関ドアは断熱が弱く、熱が逃げるのを防ぐ対策は効果的」と指摘。「ハイブリッドカーと同じで初期費用はかかるが、光熱費のランニングコストを減らす効果が期待できる」


年内の着工まで対象

 住宅版エコポイントは、断熱性能など一定の省エネ基準を満たした新築には一律30万ポイント(1ポイント1円相当)が、窓や壁などの断熱改修には最大30万ポイントが発行され、商品券などと交換できる。対象となる着工時期は新築が昨年12月8日、改修は今年1月1日からで、ともに今年12月末まで。

 改修は内窓の設置が窓の大きさに応じて1カ所当たり7千~1万8千ポイント、窓ガラスの交換が同2千~7千ポイントなど。断熱改修と同時に手すりの設置、段差の解消などバリアフリー化する改修にも最大5万ポイントが与えられる。

 申請は住宅エコポイント事務局に書類を郵送するか持参する。申請には、性能基準を満たす証明書などが必要で、工事業者などに書類の準備を依頼するケースが多くなりそうだ。

 申請窓口やエコポイントで交換できる商品券などは、住宅エコポイント事務局のホームページで検索できる。

住宅版エコポイントの発行ポイント数


<新築>

1戸当たり30万


<改修>

1戸当たり30万が上限

 内窓の設置、外窓の交換 7000~1万8000

 窓ガラスの交換       2000~7000

 外壁の断熱化              10万

 屋根・天井の断熱化            3万

 床の断熱化                5万

 手すりの設置             5000

 段差の解消              5000

 廊下幅などの拡張         2万5000



2009522(金)

超長期住宅ローン準備始まる


超長期住宅ローン準備始まる

十勝の春らしいいい天気でした。青い空と白い雲 建設現場が絵のようです。
いよいよ住宅金融支援機構が長期住宅ローンの準備を始めています。なんと50年住宅ローン・・・
遥か過去に、ドイツが経済不況で国内経済を活性化させる為に100年住宅ローンを用意したことがあったそうです。
確かに毎月の返済額は少なくなるし、少ない年収でたくさんお金を借りることが出来るかもしれないし・・・
でも、どうでしょう、利息がうんと安ければ良いような気もしますが、皆さん、借りますか?



2009418(土)

今年も新築住宅の建設時期が始まりました。


今年も新築住宅の建設時期が始まりました。

先日、暖かな小春日和のなか、新築住宅の地鎮祭を執り行いました。毎回、私が御願いさせていただくことは建築主様の御家族の円満と健康、工事中の作業員の安全、そして無事ご入居して喜んでいただけますようお祈りいたします。
この、祭事は神社でもお寺でもどちらでもしていただけますが、神社でのお払いが圧倒的に多いですね。
中には、私がさせて頂いたことも何度もあります。
設計の打ち合わせ段階から、建築主の家族構成を考えながら、家相の検討をさせていただき御家族に合った最適な間取りを提案をさせていただきますが、玄関や階段、お風呂、キッチンだけではなく、夫、妻、長男、次男、長女、次女などの家族の部屋、家の形、二階の形なども考慮が必要ですが、最後は神様にも御願いし建築主さまの幸せを祈願させていただきます。



200941(水)

木造住宅を耐震化して安心して住みましょう


木造住宅を耐震化して安心して住みましょう

近年、新潟中越地震、福岡西方沖地震、岩手宮城内陸地震、そして過去には何度も十勝沖での地震、この十勝でもいつ、大きな地震が起きてもおかしくない状況にあります。当社、新築住宅設計業務では、それらをふまえて安全度はより高くなるように余裕をもって設計しておりますが、この当社の持っております設計の技術を多くの耐震化されていない古い木造住宅の安全化に生かしたく、当社では、安全かどうかの耐震診断を行っております。診断結果により万一、危険との判断の場合は補強方法の検討のもとになる耐震設計もいたします。その設計に基づき改修工事もご要望があればさせていただきます。
現在、耐震診断や耐震工事に対しての行政からの補助金や優遇融資金も用意されていますので、古い住宅でご心配されている場合ご相談ください。



<<
>>




 ABOUT
株式会社小澤建設
㈱小澤建設
  宅地建物取引業許可
    北海道知事免許
    十勝(2)第698号

エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
(株)小澤建設
住所帯広市西19条北1丁目6番11号
TEL0120-69-0221
営業08:30 - 17:30
 カウンター
2007-01-10から
172,383hit
今日:23
昨日:30


戻る