旭山動物園 シロテテナガザル(24)


20171219(火)

懐かしい写真・・・4月29日 旭山動物園 シロテテナガザル夫婦


懐かしい写真・・・4月29日 旭山動物園 シロテテナガザル夫婦

こんにちは。
午後から上野の「シャンシャン」のライブ映像を観ていたものの、数分前に飼育係さんにどこかへ連れて行かれてショックを受けていたマツです。

父「リーリー」の屋内展示室に大量の竹が置かれましたので、親子の展示場にも笹が投入されるのかな?と思ってみていたものの、一向に置かれない。
と思っていたら、親子の屋内展示場をリーリーが通った!!
そういうことか・・・
リーリーの屋外←→屋外の出入りのためには、親子の展示室を通らないといけないんですね。
あ、親子の展示室にも大量の竹が置かれました。




さて、話は本題。



トップの写真はシロテテナガザルの「モンロー」と「テルテル」夫婦です。
茶色い方がモンローで黒い方がテルテル。



このとき長男の「こだま」は高い場所にいたんですが、弟の「うた」はどこへ行った???



って探したものの、モンローの胸元に居ました。
画像




こだまの写真を撮ろうと思ってちょっとだけ上を見上げて、再び親子を見るとテルテルがうたを抱いていました。
画像




テナガザル一家は動きが活発なので、あっという間にヒョイヒョイと移動してしまうので楽しいです。



20171211(月)

懐かしい写真・・・4月2日 旭山動物園 いろんな親子


懐かしい写真・・・4月2日 旭山動物園 いろんな親子

こんばんは。
寒いな~って思ったら、ストーブを点けていなかったマツです。

15時過ぎに雪かきをするために外へ出たので、そのときに消火したことを忘れていました。




今回も4月2日の旭山です。



トップの写真はシロテテナガザルの母「モンロー」と息子の「うた」です。




父「テルテル」は出窓のところに座っていました。
画像




そんなテルテルがヒョイヒョイっとモンロー親子のところへ。
画像

テルテルは「イクメン」なので、ときどき様子を見ていました。




そんな親子のことを、お兄ちゃんの「こだま」は上から見ていました。
画像




てながざる舎の隣にあるサル舎にはアビシニアコロブスの3世代家族。
画像

たぶん左がおばあちゃん。
右奥がお母さんで、その手前の一回り小さいのが息子です。




お母さんの胸元には生後3か月半の二男もいました。
画像

アビシニアコロブスはお父さんが昨年亡くなっているため、嫁と姑が2人の息子を育てている感じでしょうか?



まだ冬期開園期間中でしたので、サル舎の仲間たちは暖かい日にしか外には出ていませんでしたので、12月に生まれた赤ちゃんにお目にかかれたのはラッキーでした。
画像



画像




親子と言えば、オランウータンの「リアン」と「モカ」も忘れてはいけない。
画像

リアンも3回目の子育てともなれば、なんかどっしり構えた感じですよね。
赤ちゃんだと思っていたモカも2歳になったんですね。




わたし、サル系にはあまり興味が無いのですが、子育ての様子を見ているのは好きです。
色んな子育てがあって、色んな家族関係があって、見ていて飽きません。



201743(月)

懐かしい写真・・・2016年9月13日 旭山動物園 シロテテナガザル


懐かしい写真・・・2016年9月13日 旭山動物園 シロテテナガザル

こんにちは。
今夜は「ニュースウォッチ9」を観ることが楽しみなマツです。

新年度になりまして、今日からアナウンサーの配置換え?になるのです。
今まで「ニュースチェック11」を担当していらっしゃったお二人が「ニュースウォッチ9」を担当することになり、どんな感じになるのかな?って今からワクワクドキドキです。



さて、2016年9月13日の旭山動物園も今回が最後です。




久々のシロテテナガザルです。


7月11日に赤ちゃんが誕生し、生後2か月を過ぎた頃の様子です。



まだまだ母親の「モンロー」に抱かれている時間がほとんどでしたが、ときどき一人でつかまる練習をしていました。
画像




細い手足で必死につかまっています。
画像




赤ちゃんが泣けばサッと抱き寄せることができる距離にはいるものの、ピーピー泣いているのを見るとちょっと可哀相にも感じなくもないのですが、、、



そんな動画です。




モンローだけが育児をしているわけではなく、父親の「テルテル」や兄「こだま」もときどき近寄ってきては赤ちゃんを触っていました。




テルテルです。
画像




こだまです。
画像

お尻から何かが出ていますが、気にしないでください。




円山動物園のシロテテナガザルの赤ちゃんは、父親似の黒毛のようですが、旭山のお子様は二人とも母親似の茶色。
毛の色ってどんなふうに決まるのでしょうね?


まだまだ若いペアですし、これからも子孫繁栄が楽しみです。



2016727(水)

懐かしい写真・・・5月24日 旭山動物園 シロテテナガザル


懐かしい写真・・・5月24日 旭山動物園 シロテテナガザル

こんばんは。
畑の野菜作りに苦戦をしているマツです。

お隣さんの駐車スペースに進入してしまうため今年からカボチャを植える場所を替えたんですが、日当たりも悪く砂利の上を這わせているためか、なかなか成長が進みません。
我が家の場合、カボチャは自分で育てるよりも買ってきた方が良さそうです。




さて、シロテテナガザルと言えば、7月11日にモンローが赤ちゃんを出産しましたね。

こだまを出産してから2年になりますし、そろそろ第2子の繁殖もあるかも???なんて思っていましたので、とても嬉しく思います。




その赤ちゃんが誕生する約1ヶ月半前のテナガザル親子です。




父テルテルと息子こだまが追いかけっこをしていました。
画像




まだまだお子様サイズのこだまが、一生懸命にテルテルと追いかける姿が微笑ましいのです。
画像




モンローはテルテルにも負けないお転婆娘のはずが、この日は出窓のところにどっしりと座っていました。
画像

なんとな~くお腹が大きいかな?




このあとこだまの近くにやってきたモンローのお腹を見ると、やっぱり大きいですよね?
画像



第2子は何色の子かな?男の子かな?女の子かな?


また1つ動物園へ行く楽しみが増えました。



2016422(金)

4月5日 旭山動物園 シロテテナガザル 冬の間は屋内展示


4月5日 旭山動物園 シロテテナガザル 冬の間は屋内展示

こんにちは。
晩御飯はカラフトシシャモを食べようと思っているマツです。

シシャモって結構くさいんですよね。
悪臭ではないし、シシャモは大好きなんですが、「ザ・焼き魚」って感じのにおいが部屋中に漂い、食べてからも口の中に残る感じがちょっとね~。
だから、金曜日の今日食べることにしました。
でも、私は明日も仕事(笑)
口臭がシシャモ臭かったらごめんなさい。

シシャモのにおいに関しては旅先での苦い思い出があるのですが、書いたら怒られそうなので止めておきます。




久しぶりにテナガザル親子に会いに行きました。




トップの写真は父「テルテル」です。




茶色い息子さんと、茶色い奥様は毛づくろい中。
画像




しばらく見ていると茶色い息子さんの「こだま」が移動しました。
画像

こだまは今年2歳になります。
まだまだお子ちゃまですね。



お母様の「モンロー」に比べると小さいです。
画像

こだまを見ていて思ったんですが、黒いお父さんと茶色いお母さんから生まれたのに、お母さんよりも更に毛色が薄いんです。
これは子どもだからなのかな?



金髪でカッコイイですよね!!





シロテテナガザルと言えば、円山へ婿入りしたコタローくんのところはまだコウノトリさんはやってこないのかしら?

モンローは5歳10か月の時にこだまを出産していますので、現在6歳のアイちゃんもそろそろ性成熟しても良いお年頃。

オランウータンも誕生しましたし、シロテテナガザルの赤ちゃん誕生も待ち遠しいです。



<<
>>




 ABOUT
西紋のマツ
道北地方で生まれ育ち、結婚してオホーツク地方へ来ました。

春は芝ざくら、秋には紅葉の写真を撮りながらお散歩しています。
そのほか、滝上町内を中心に旅先の風景の写真もアップします。

ときどき動物園へ行きます。
でも、若い頃のように毎週のように行く体力も気力もありません(笑)

性別
年齢30代
エリア北海道
属性個人
 ブログカテゴリ
 カウンター
2008-07-01から
826,025hit
今日:13
昨日:157


戻る