20121015(月)

映画「夢売るふたり」~女って・・・

観る×46

映画「夢売るふたり」~女って・・・

先週の土曜日から帯広シネマ太陽でも遅れて公開されている
「夢売るふたり」を見てきました。

映画「夢売るふたり」外部リンク


「ゆれる」「ディアドクター」などを手がけた西川美和監督作品。


今回もかなり深い作品になっていました。
正直、好みは分かれるでしょうね。


自分のお店を不注意で火事でなくしてしまい、新しいお店を建てるために夫婦で結婚詐欺を繰り返すお話。

こう言ってしまうと「ふーん」って思われちゃうかもしれないですが、そこに行く課程、なぜ繰り返していくのか、騙されるほう、騙す方の心理というか描写も丁寧に描かれています。


まず、松たか子さんが凄いです。

今回の松さん、かなり怖いです。
彼女「告白」あたりから、「凄み」すら感じる演技を見せてくれるようになりましたよね。

今回も複雑な女心を台詞は少ないのですが、いろんな描写で表現してくれていました。
彼女の女優魂みたいなものも垣間見られて、それだけでも見る価値ありましたよ。


阿部サダヲさんも、情けない夫なんだけど、なぜか憎めない、女心を誠実に?モテ遊んでいく感じがお見事で。

うん、確かに騙されちゃうかも?って思わせるんですよ。


騙される女性の方も、それぞれのバックボーンがあって、みていて切なかったですね。


特に、ウェートリフティングをやっている女の子の話が出てくるんですが、その子のエピソードが一番好きでした。


西川監督作品ではおなじみ?の香川照之さんや鶴瓶さん、伊勢谷友介さんも「え?こんなところで?」って場面で出てきます。それもちょっとお楽しみ。


西川監督作品は、最後を見る側にゆだねるというか、正直、最後はスッキリはしないかもしれません。

なんとなくザラリとしたもやもやみたいなものは残るんですが、あとからいろんな風に考えることができて、見て損はないと思います。


同性とはいえ、女って怖い、女ってしたたか、女って強い、女ってバカだなぁ、女って・・・といろいろ考えさせられました。

同性だからこそ、西川監督の描く女性はエグイです。

できれば、カップルでは一緒に見に行かない方がいい映画かな?ってちょっと思いましたよ(笑)






 コメント(2件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
おさるのかぐや彩優木
彩優木のspica☆がお店の事はもちろん、食いしん坊話、気になる話題、日々の雑感、徒然なるまま、勝手気ままに好きなことを書かせてもらっています。お好きなカテゴリを選んで下さい!ブログ開いてくれた方ありがとうございます♪

FBページ https://www.facebook.com/osarunokaguya.saiyuuki

性別
エリア帯広市
属性事業者
 カウンター
2004-12-22から
1,809,753hit
今日:14
昨日:41


戻る