202124(木)

陽だまりの庭の景


陽だまりの庭の景

シンプルだけども「らしさ」を表現したお庭になります。

三方の隣地の敷地高さに苦慮したお庭です。

画像

東側の隣地が低いために土留め縁石の設置、南側は隣地が高いために土留めの縁石の設置、西側の隣地も同様の理由+傾斜がらみで土留め縁石と高さ調整が必要になります。どこに落ち着かせるかが機能と見栄えと利便性を兼ね備えるバランスセンスが問われるところです。

画像

骨格になる煉瓦アプローチ。
日光が射すと色彩のコントラストがいい感じになります。
煉瓦は質感がいいですね。

画像

ガーデンサークルから園路方向。
サークルの直径は3.0m。テーブルやチェアを置いても十分な広さがあります。

画像

東側から望むメインガーデン。
西端に見える土の部分はコンサバトリーが建つ予定です。

今必要な事と、中長期的に必要になるものを漠然とでも思い浮かべておくと庭づくりには有利かも知れません。
また、隣地との高低差については、事前に把握しておく必要が大きいですね。無駄な出費になるのか長所として生かすのかの分かれ目にもなります。
>>関連記事外部リンク



2020年 音更町

設計:タカダ ヒロキ
施工:庭十勝



202121(月)

ナチュラルウッドフェンスの景


ナチュラルウッドフェンスの景

アメリカンタイプの天然木柵のある庭の事例です。

画像
景観を引き締め適度な目隠し効果があります。

画像
ホワイトベージュの住宅外壁サイディングの横ラインに対する縦子で組まれた板柵のコントラスト。

画像
見えないところに気を配る中野製作所の心遣い。
耐劣化・外圧強度・美観に配慮した構造。

画像
庭園はシンプルな構成で利便性に配慮。
庭面は水平を保っています。

遊んだり寛いだりする場所なので当たり前なんですが、時として使えなさそうな現場を見かける事があります。コストの件や希望等でそうなったとは想像いたしますが、出来上がるまでわからなかったという声もお聞きした事がありました。

住宅はほぼ接する道路よりは高くレベルが設定されているので、その距離にもよりますが水平面を確保しようとしたら必ず高さのギャップがお庭のどこかに発生します。

設計上平面と想定される広場と道路との間に何もない設計になっている場合、どのような処理になっているかを確認した方がいいでしょう。

もちろんコストにも関わる事なので、ギリギリの中で資材を使用できない場合もあるかと思いますが、それにより予想される弊害等も把握しておく事が必要であると思います。

せっかく出来た芝生広場が斜めでボール遊びができないとか、プールを置けないと何のためのお庭だったのかということにもなりかねません。


このお庭の場合は、アメリカンフェンスがメインでしたので、その高さから外からの景観的バランスも大切な要素になりました。あまり足元を高くしてしまうとバランス感覚を欠いてしまう事とコストバランスを考慮した上で資材形状を決め、残りのギャップ処理を検討しました。

画像
三方向の高さ処理を部材間の距離を勘案して配置を決めています。

機能は果たしながら見た目の違和感が無いような工夫です。

永く愛されるための庭づくりを目指してひとつひとつのお庭と向き合っています。





2020年 帯広市

設計:タカダ ヒロキ
施工協力:オフィス ガク
     WOODNACKS 中野製作所



2021127(水)

上々の庭


上々の庭

お庭の全面リフォームの事例です。

画像

既存の鋼製カーポート、アスファルト舗装、アプローチ平板などをすべて撤去して、オリジナル木製カーポート、オリジナル木製バイクガレージ、目隠しフェンスなどのほか、レイズドベッド、ガーデンテラスなどの整備を中心として新たなライフスタイルに似合う上々の庭に仕上がりました。

現調の段階で既存の舗装などに凍上の影響が顕著に見られた事から、各基礎についての施工には特に配慮が欠かせませんでした。舗装関係はすべて剥がして基礎からやり直しました。


画像
アプローチはS-BICのパエリア636を網代で敷いています。
製品のテクスチャーと相まって豊かな表情を出しています。

アプローチ周りはそのお家の表情になるので気を使う部分です。植樹する部分も明瞭に分けながらナチュラル感の演出としてマルチングにバラストを敷き込んでいます。バラストは線路の敷石に使用する石材です。


画像
エントランスアプローチの曲線。
駐車する車両の台数により入り口の位置が概ね決まるわけですが、そこからいかに表情豊かに線形を持っていけるかもプランナーの腕の見せ所です。
なんども書いていますが、すべての線と点に意味を持たす事をデザインの理念として時間をかけて描いています。だから自信があります。


画像
メインガーデンを望む。
芝生などを望まない場合は空白空間になるケースの多いこの場所を、歩けて眺めれて贅沢な空間にすべく計画したエリアになります。
今後の植栽の成長が楽しみです。
使用した平板はベガスネオです。側面小口も化粧がされているのでこういったケースで使いやすい材料です。


画像
ガーデンテラスです。
実際に多くのお仲間と活用されています。
背の高いガーデンライトが夜間の大人の雰囲気を演出します。
テラスの材料はパエリア3056です。


画像
枕木のレイズドベッドです。
今回は奥様のアイディアでベンチを併設しました。
このベンチは作業の際にも物置として活用されていて優れものです。
背の高い菜園花壇は管理のしやすさから人気があります。

画像
オリジナル木製バイクガレージ3台用です。
バイクガレージとしては3事例目の施工になるため、細かな所まで配慮がなされた施工につながったかと思います。
木製なので施主様による内部のカスタマイズも自在なので、ホビーストにはたまらない空間といえるでしょう。
シャッタードアのほか、引き戸、照明、コンセント、棚などがセットされています。広さは9平方メートル。

画像
オリジナル木製カーポートです。
変形の土地のために多少困難な線形設定などもこなしながら中野製作所様が丁寧な仕事をしてくれました。

総じて大人のお庭にふさわしい気品のあるお庭になりました。
いつまでも愛されるお庭になると思います。
機会をいただいた施主様に感謝です。

------------------------------------------------------------
2020年 芽室町

デザイン:タカダ ヒロキ
施工管理:アカイケ ヒロオミ
施工:庭十勝
施工協力:WOODNACKS 中野製作所
     堂場煉瓦
     安田電気







画像
外部リンク



2021126(火)

ナチュラル ポップ ガーデン


ナチュラル  ポップ ガーデン

シンプルな構成ですけどオリジナル丸型平板の使い方でリズム感を演出しているナチュラル志向のお庭の事例です。

画像
オリジナル平板の「PopsTep(ポップステップ )]ですけど、これまでよりも大胆に意匠的な配置を試みてお庭全体のイメージを形成させています。


画像
客土部分に宿根草が充実してくると、バランスのとれたポップなナチュラル空間の完成となります。

画像
植栽も雑木系の自然樹形をメインにバランスを保つように配されています。
オンシーズンになったら写真を更新させていただきます。

画像
格好の良い空間になりました。

画像
作業中の写真にも関わらず海外で多く評価をいただいた小さなお庭になります。


-----------------------------------------------------
2020年 芽室町 memuro,tokachi.hokkaido

デザイン:タカダ ヒロキ Design:Takada Hiroki
施工管理:アカイケ ヒロオミ director : Akaike Hiroomi
施工協力:オフィス ガク construction:Office GAKU







画像
外部リンク














.



20201219(土)

庭縁記 2020.12.19

庭縁記×1124

庭縁記 2020.12.19

「カジュアルガーデン」の施工

出来上がりはシンプルでも見えなくなるところに手を尽くす。

思えばそんな現場の繰り返しの中で、その差が見えてくる数年後を想像できる職人の集まりでありたい。


現場の始まりは測量から。
画像
この時点で細かな高さや勾配の決定をします。
設計時点で見えなかった問題点などが生じる場合もあります。
特に多いと感じるのは隣接する土地との高さ関係です。
設計時点と変化している場合や、見落としている場合などがあつたりもします。
今回は別注のアスファルト舗装との絡みで、設計時と庭全体の高さ関係の見直しをしました。

画像
庭のほぼ全体を掘り下げる作業ですが、車両の入出路の狭さから、残土の搬出・基礎砂利の搬入には2tダンプの選択となります。
通常使用する4tダンプとでは概ね倍以上搬出入を行う事になるので経費がかかる事になってしまいます。

最近多いのがカーポートをくぐって施工しなければならないケースですが、通常さらに経費が嵩みます。
なので、これからお庭を計画される方は施工の順番を考えておいた良いかなと思います。
まあ、新築してすぐにカーポートが欲しい気持ちはわかりますけどね♪。

庭づくりは後年になってもカーポートを含めた全体の計画をお庭をつくる会社に相談した方が全てにおいて良い結果になると思います。

位置もそうですけど高さについても、後にお庭をつくらせてもらう時につじつまが合わなくなる事がよくあります。

どうしてもエクステリア(物置やカーポートなど)を先行させる場合は、新築のケースでは建築業者に住宅の設計レベルを聞いてエクステリアの施工業者にお伝えするのが良いと思います。
新築で無い場合は、やはりお庭関係の人に現状を見てもらうのがいいと思います。


とりあえずの砂利を入れた状態です。
画像
真ん中が大きくくり抜けた状態です。
ここは芝生とサークルテラスになります。

芝生の縁石作業です。
画像
自然石のピンコロの二丁掛というのを使用しています。
二丁掛(2ちょうがけ)です。半分の高さは一丁掛です。

防草マルチングの下地作業です。
画像
シートを敷いて下からの雑草の発生を防ぎます。

防草シートを敷いたからまったく雑草が生えなくなるという事にはならないので注意が必要です。
その基盤がどんなのかによっても変わりますのでケースバイケースですが、すべてに共通するのは、経年による発生です。
特に風の通り道になり吹き溜まるような場合、近隣から砂埃や落ち葉の供給が多いケースでは、マルチング材の空隙に溜まりそこから発生というのは覚悟しなければなりません。
発生がひどくなってきたら、マルチング材を入れ替えるくらいの対応の方が、精神衛生上的にも良いように思います。防草シートは活かせるのでコストは思いの外抑えられるという声を聞きますよ。
現状お悩みの方は聞いてみてはいかがでしょうか。

菜園の縁石の作業です。
画像
わりかし低コストのブロック縁石です。
客土の厚みは50cmです。
菜園としての使用ではそれくらいは必要です。
ここに良質の黒土を入れますが、それだけではなく、バークなどの土壌改良剤の混入や施肥など、つくる野菜達に合わせて手をかけた方が良いですね。

画像
物置の設置箇所の基礎の改良。
今回物置は別注ですが、通常の場合ブロックを置いて設置されますので、庭十勝では、基礎部の50cm改良をお勧めしています。これも将来のためにもコストをかけた分以上に違いが出ますよ。

画像
天然の芝生を張ってます。

画像
玄関前のアプローチに敷き煉瓦。

画像
目地は流出防止目地。

そして完成。
画像

おっ、大評判の「干しの降らメンコII号一連タイプ」もいつの間にか入っていますね〜。

シンプルなお庭でも色々なことを考えながら、永く使っていただくために出来うる努力と探求を欠かさずに頑張ります。

今後ともよろしくお願いいたします。


余談ですが、薪ストーブの薪が入荷しています。



設計:タカダ ヒロキ
施工:庭十勝

施工場所:芽室町



----------------------------------------------------
top photo:寒い朝の君の瞳(ミーナの庭)







画像
外部リンク


画像
外部リンク


画像








.



<<
>>




 ABOUT
庭十勝 niwatokachi
十勝・帯広で庭・エクステリアの設計・施工・メンテナンスを行っています。あなたの思いをカタチにするのが得意な会社です。豊富な事例の数々はお客様の思いの結晶です。お庭のすべてをお任せ下さい。
[営業エリア]十勝管内[帯広市・芽室町・音更町・幕別町・清水町・新得町・鹿追町・中札内村・更別村・大樹町・広尾町・士幌町・上士幌町・足寄町・陸別町・池田町・本別町・豊頃町・浦幌町]他地域はご相談下さい。

エリア十勝
属性事業者
 GUIDE
トカチのカタチ 庭十勝
住所北海道河西郡東芽室南2線-14-13[ミーナの庭]
TEL0155-62-1210
営業10:00 - 18:00
定休年中無休
 カウンター
2006-05-09から
798,112hit
今日:19
昨日:88


戻る