2015524(日)

庭を見つめる


庭を見つめる

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像




「庭を見つめる」

         谷川俊太郎

私は知っている
君が詩を読まなくなったことを
書架にはかつて読んだ詩集が
まだ何十冊か並んでいるが
君はもうそれらの頁を開かない

その代わり君はガラス戸越しに
雑草の生い繁った狭い庭を見つめる
そこに隠れている見えない詩が
自分には読めるのだといわんばかりに
土に蟻に葉に花に目をこらす

「サリーは去った いずくともなく」
声にならぬ声で君は口ずさむ
自分の書いた一行か
それとも友人だった誰かのか
それさえどうでもよくなっている

言葉からこぼれ落ちたもの
言葉からあふれ出たもの
言葉をかたくなに拒んだもの
言葉が触れることも出来なかったもの
言葉が殺したもの

それらを悼むことも祝うことも出来ずに
君は庭を見つめている


            詩集 「私」 より







画像














.



2015522(金)

樹木とその葉


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像




「樹木とその葉」

 温泉宿の庭

若山牧水


 旅と云つても、ほんの一夜泊の話なのですが――。

 私のいま住んでゐます沼津から程近く、六七ヶ所の温泉があります。
 なかの吉奈温泉から、病氣でいま此處に來てゐる、おひまならお遊びにおいで下さいませんかといふ思ひがけない手紙がF――さんから來ました。F――さんは我々の歌の社中の人で、そして踊りの師匠として世に聞えた婦人なのです。夙うから病氣入院中の事をば知つてゐたが、もう湯治に出かけられる樣になられたかと喜びながら私は早速家を出て、夕方早くその宿に着きました。

 田舍に似合はぬ大きな宿ですが、その最も奧まつた一室が――Fさんの部屋でした。きちんと片附いたなかに思つたよりもなほ元氣よく美しく坐つておゐでゝした。縁側からすぐ小さな池となり、池の向うが築山、築山の向うはもう天然の山で峻しい坂に欝蒼と樹木が茂り、その茂みの中には他處(よそ)から引かれたのでせう、きれいな岩を傳うて愛らしい瀧となつて流れ落ちてゐました。

 少し位ゐなら歩き度いとの事で食事後、打ち連れて近所を散歩しました。宿から一二町も歩くとすぐ眞青な稻田で、稻田の向うに溪が流れてゐました。もう八月に入つてゐましたに何といふ螢の多さだつたでせう、稻田のうへ一面、それこそ歩いてゐる我等の顏にも來てあたりさうに、點りつ消えつ靜かに靜かにまひ遊んでゐるのです。それでゐて私にはたゞ美しいとか見ごとだとかいふより何やらしみじみした寂しいものに眺められたのでした。矢張りもう秋の螢といふ樣な感じが何處かに動いてゐたに相違ありません。螢の話、歌の話など、一つ二つ語り合つてほどほどに宿に歸り、やがて私は私の部屋に引き上げました。部屋は築山や池を斜めにF――さんの所と向き合つてゐました。そとから入れば流石に部屋は暑苦しく、一度入つた蚊帳から出て、縁側に腰をかけてゐると、山から降りてくるひやゝかな風、瀧のひゞき……

みじか夜をひびき冴えゆく築庭の奧なる瀧に聽き恍けてゐる

燈火のとどかぬ庭の瀧のおとを獨り聽きつつ戸を閉(さ)しかねつ

 翌日は半日あまりF――さんの部屋で遊びました。そして、眼前の景物を題に一首二首と詠むことになりました。F――さんにも面白いのが出來たのでしたが、惜しい事にはいま思ひ出せません。

水口につどへる群のくろぐろと泳ぎて鮒も水もひかれり

いしたたきあきつ蛙子あそび恍(ほ)け池にうつれる庭石の影

まひおりて石菖のなかにものあさる鶺鴒(いしたたき)の咽喉の黄いろき見たり

庭石のひとつひとつに蜥蜴ゐて這ひあそぶ晝となりにけるかな


「若山牧水全集 第七卷」雄鷄社
   1958(昭和33)年11月30日発行




















.



2015521(木)

せみ


画像

画像





        「 せみ 」
                  ありま たかし

        じぶん じぶん じぶん
         じぶん じぶん じぶん
        じぶん じぶん じぶん
           じぶん じぶん じぶん

        じかーん じかーん じかーん
         じかーん じかーん じかーん
        じかーん じかーん じかーん
           じかーん じかーん じかーん

        じゆう じゆう じゆう
          じゆう じゆう じゆう
        じゆう じゆう じゆう
           じゆう じゆう じゆう












画像










.



2015521(木)

ぶらんこ


ぶらんこ

兄弟愛で完成目指します。


画像

師弟愛で完成目指します。


画像

兄弟愛で......あれ?兄貴ぢゃない....


画像

親子愛で完璧に組上げます。



スマイル・ガーデンの現場には愛が溢れています。





          「ぶらんこ」

                おかむら たみ


        かぜが、
        ぶらんこに のって いたら、
        花びらが、
        「のせて。」って
        きたので、
        いっしょに 
        のりました。

        花びらが、
        「もう いいわ。」って
        おりて いったので、
        かぜは、
        ひとりで のって いました。











画像












.



2015519(火)

てんとうむし


画像

雨だども仕事しる。

画像

ったく、暑かったり寒かったり、おいらのボブソンも火を吹いちゃうゼ。


画像

こんな日はおいらのガリレオとじゃれ合っちゃうんだもん。

明日は晴れるかなぁ〜





          「 てんとうむし 」
                   かわさき ひろし

          いっぴきでも
          てんとうむしだよ
          ちいさくても
          ぞうと おなじ いのちを
          いっこ もって いる
          ぼくを みつけたら
          こんにちはって いってね
          そしたら ぼくも
          てんとうむしの ことばで
          こんにちはって いうから
          きみには きこえないけど










画像














.



<<
>>




 ABOUT
スマイル・ガーデン
お庭に関するすべての事をお任せ下さい。卓越したプランニング能力と施工技術で、ご満足いただける庭づくりを心がけています。
あなたの想像を超えたあなたらしいカタチとの出会いをお約束いたします。
[営業エリア]十勝管内[帯広市・芽室町・音更町・幕別町・清水町・新得町・鹿追町・中札内村・更別村・大樹町・広尾町・士幌町・上士幌町・足寄町・陸別町・池田町・本別町・豊頃町・浦幌町]他地域の方はご相談下さい。

エリア十勝
属性事業者
 GUIDE
スマイル・ガーデン
住所北海道河西郡東芽室南2線-14-13[ミーナの庭]
TEL0155-62-1210
営業10:00 - 18:00
定休年中無休
 カウンター
2006-05-09から
449,545hit
今日:143
昨日:145


戻る