20061026(木)

「土について考える」の心


土は大切です。つくづく思います。植栽された植物の将来を左右する土壌、必要の無い土壌などのあれこれについてです。

画像

さてお庭を造りましょうと現場を見ると、そのほとんどは住宅基礎を掘った残りの土で埋め戻されている事が多く、そのままでは何もできない場合が多いのです。庭に興味のある施主様の場合、「黒土」を入れておく事を条件にされている場合も見られます。

前者の[掘削残土]の場合、庭を造る時に結局はまた削って捨てますのでお金が発生します。単に化粧砂利を敷く場合でも最低5cmは削りますし、レンガや舗装の場合は50cm程度掘って捨てる事になります。少なくて2~3万、多い場合は敷地の整正も含めて10万円以上もかかるケースもあります。
これは、住宅の計画と同時にどのような外構にするのかという計画を立てておく事でそのロスを防げますし、場合によっては建築時にサービスで基礎砂利を入れさせるなどでかなり得をするケースがあります。

後者のあらかじめ[黒土]を入れておく場合ですが、そこで何をするかによって入れる厚さも変わって来ます。芝生で最低20cm,菜園で最低30cmが目安ですが、その下の基盤の排水性や敷地外の環境が重要になります。雑感(1)でも触れましたが、周りから水が集まってくるような立地ではその作り方が変わってきます。いままでの経験ではその多くは作り直しがほとんどでした。ここでもアバウトでも計画性があればロスは防げるのですが..。

画像

さて、本題の庭土についてですが、[黒土]=[いい土]とお考えの方も多いと思いますが果たしてそうなのでしょうか?
黒土はそのほとんどが業者の方が農地の土や原野の表土を集めて何度も振いにかけて砂利などの不純物を取り除いた文字通り真っ黒な土の事をそう呼んで流通しています(一部袋詰めは当てはまらない)。この黒土は大量に公共事業で使われるために決められた基準値を下回らない品質を保っています。
この見た目最強の黒土の問題点は、年月の経過とともに締め固まってしまう事です。これは粒の大きさ(粒径)が揃っているためにそうなりますが、より粒径の細かな粘質土では顕著です。このように土が固くなると植物は育ちづらくなり成長障害を起こしたり、最悪は枯死します。

画像

植物の成長にとっての良い土の条件は、土の中に適度に「水」と「空気」を含んでいる事です。抽象的ですが適度にふかふかな状態とでも言いますか。
農地である畑は毎年耕して肥料もあげます。樹木が植えてある庭の場合は耕すわけにはいきませんね。そういった意味で黒土は「菜園」には適しても「植栽基盤」としての土壌には単体では適さないという事になります。

長くなりましたので続きは次回にします。






 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
庭十勝 niwatokachi
十勝・帯広で庭・エクステリアの設計・施工・メンテナンスを行っています。あなたの思いをカタチにするのが得意な会社です。豊富な事例の数々はお客様の思いの結晶です。お庭のすべてをお任せ下さい。
[営業エリア]十勝管内[帯広市・芽室町・音更町・幕別町・清水町・新得町・鹿追町・中札内村・更別村・大樹町・広尾町・士幌町・上士幌町・足寄町・陸別町・池田町・本別町・豊頃町・浦幌町]他地域はご相談下さい。

エリア十勝
属性事業者
 GUIDE
トカチのカタチ 庭十勝
住所北海道河西郡東芽室南2線-14-13[ミーナの庭]
TEL0155-62-1210
営業10:00 - 18:00
定休年中無休
 カウンター
2006-05-09から
902,594hit
今日:30
昨日:64


戻る