2020911(金)

音更町「めんやべえた」


音更町「めんやべえた」

音更町の「めんやべえた」さんです。

北海道河東郡音更町木野大通東9丁目4-6
音更川に沿った通りにあるラーメン店。

2020年2月にオープンした新しいお店です。


画像


家族で訪れましたがお客さんで満員。
駐車場で待つことになり、10分ほどで店員さんが呼びに来てくれました。

メニューの筆頭は醤油ラーメン。基本のようです。
味噌ラーメンもあり、日々改良を重ね進化中と書かれています。

「醤油らーめん」をいただきました。

小ぶりのどんぶりでデザインが昔風。

スープは背脂入りですがアッサリしています。
具は、メンマ、ネギ、薄切りの大きなチャーシューです。

鶏ガラがメインなのか、アッサリとしていて、懐かしいお味。
でもコクがあるのは、背脂の効果でしょうか。

久々に美味しい醤油ラーメンをいただいた感じ。
記憶の隅にある昔の美味しい記憶を呼び覚ましてくれたような喜びがあります。

再訪決定です。



2020828(金)

音更町「蕎麦 二天」


音更町「蕎麦 二天」

音更町の「蕎麦 二天」さんです。

北海道河東郡音更町木野西通13丁目1-5
むつみアメニティパークの北側にあります。


画像


お洒落な外観で、店内も白い壁に木製の家具。
ジャズ系のBGMで明るい雰囲気です。

三種類の蕎麦粉が用意されています。
黒蕎麦は、研磨した玄蕎麦を皮をむかずに低速回転の石臼でひいたもの。
白蕎麦は、玄蕎麦を丸抜きにして石臼でひき細かいふるいにかけたもの。
茶蕎麦は、白蕎麦に抹茶を練りこんだ蕎麦。
開拓舎とかち(株)で製粉されています。

一番人気という「ざる二色 かしわ」をいただきました。

黒蕎麦と白蕎麦が半々。
それを、3種類の鶏肉が入ったつけ汁でいただきます。

つけ汁には、食べ応えのあるかしわ肉、かす肉、つみれ、そしてネギとごぼうが入っています。

透明なつけ汁ですが、白醤油を使用されているのかしっかりとした味付けで、ごぼうの風味がとてもいいです。

次々とお客さんが来店する人気店。
期待通りのお蕎麦屋さんでした。



2020828(金)

札幌市「円山教授。」


札幌市「円山教授。」

札幌市の「円山教授。」さんです。

北海道札幌市中央区南4条西21丁目1-27 第5藤栄ビル
積丹町の田村岩太郎商店が札幌で出店したカレー専門店です。


画像


「浜カレー」が看板メニュー。
浜を語るには十分な説得力がある、浜が原点のお店。
札幌でも浜カレーを食べたいとの要望に応えたいと、札幌に進出してきたとのことです。

「浜カレー」をいただきました。

お米の量を「小・中・高・大」から選べます。
小・中・高は料金の変動はありません。

辛さは、1から10まで選べ、3の中辛をチョイス。

具は、ホタテ、エビ、イカなどの海鮮がたっぷり。
ズッキーニやニンジンなどの野菜も入っています。

それぞれソテーされ、うま味が凝縮。
ルーにも素材のエキスがたっぷりです。

ルーは一日寝かしたようなスパイスの角が取れたマイルドな味わい。
海鮮のうま味と混然一体となっています。

スパイスは海鮮との共演者で出しゃばっていません。

浜の食堂が提供する「浜カレー」、一度お試しください。



2020828(金)

帯広市「三楽」


帯広市「三楽」

帯広市の「三楽(さんごう)」さんです。

北海道帯広市西2条南10丁目1-5
インデアンまちなか店の西側にあります。


画像


午前11時から翌朝4時(金・土・祝前日は5時)まで開店しているという、食事や飲んだ後の締めラーメンにも利用できる、ありがたいお店です。

「特製肉味噌らーめん」をいただきました。

スープは、甘めでマイルド。野菜のだしが優しい風味を醸し出しています。
塩分もあまり濃すぎなくて食べやすい。

具は、チャーシュー、メンマ、ネギ、肉味噌、白菜、きくらげ。
肉味噌を混ぜると、一層味に深みが増します。

醤油、塩の各種ラーメンのほか、あんかけ焼きそば、中華丼、チャーハン、帯広名物「豚丼」もメニューにあります。

観光客など幅広い層に便利なラーメン店です。



2020828(金)

伊達市「伊達 翁」


伊達市「伊達 翁」

伊達市の「伊達 翁」さんです。

北海道伊達市弄月町239-3
国道37号沿いセイコーマートろうげつ店の西側に位置します。


画像


翁達磨グループのそば店で、ミュシュランガイド北海道でも2012版と2017版で一つ星を獲得している実力店です。

伊達市で開催されるマラソン大会に参加するため、年に一回は伊達市を訪れているのですが、時間の関係でなかなか伺うことができませんでした。
今回は初入店です。

靴をスリッパに履き替えます。

「もりそば(大盛り)」をいただきました。

まずは、蕎麦だけを味見。
そばの風味が出しゃばりすぎず上品な印象。

だしは、鰹節が効いた、私好みのものです。

薬味は、ねぎ、わさび、そして長野県産の辛味大根。
大根おろしを入れると全体が引き締まって、違った味わいに。

店内が、きれいな木目の木材と白い壁で統一されていて、広々と良い雰囲気。
落ち着いた環境で、おいしいお蕎麦をいただけます。



<<
>>




 ABOUT
ひらっち
ランニング、食べ歩き、映画などが趣味。各地のマラソン大会に出場しては、ご当地グルメを味わい、帰りは温泉につかるのを楽しみとしています。

性別
エリア鹿追町
属性個人
 カウンター
2011-10-31から
502,889hit
今日:9
昨日:45


戻る