2018710(火)

北見市留辺蘂「ファミリーレストランéf」


北見市留辺蘂「ファミリーレストランéf」

北見市留辺蘂の「ファミリーレストランéf(エフ)」さんです。

北見市留辺蘂町旭西220。
東西南北に道路が交わる交通の拠点といえる場所にある、大きなレストランです。

テーブル席のほか小上がり席も十分にあります。


画像


ラーメン、そば、ハンバーグ、パスタ、丼もの、スイーツなど幅広いメニューをそろえ、ドライブ途中に家族で安心して利用できる貴重な存在です。

ただメニューが多いだけでなく一つ一つにこだわりが感じられます。

女性オーナーならではの心遣いやアイデア、おもてなしの心がお店の雰囲気に表れています。

地域グルメの「オホーツク北見塩やきそば」をいただきました。

大きめにカットされたホタテ貝柱がゴロッと使われ、上には4段載せのオニオンリング。
アツアツ鉄皿でテーブルに運ばれてきてから、仕上げの「魔法の水」とよばれるダシ汁がかけられます。


画像


納得、塩味だからこそホタテのうま味が生かされるのですね。
私の周りにも、北見塩やきそばのファンは多いです。

長距離ドライブの途中、昼食や小腹が減ったころに通ることが多い留辺蘂。スイーツや軽食などをいただきながらの小休止にも便利です。



201879(月)

札幌市「Cafe Blue」


札幌市「Cafe Blue」

札幌市の「Cafe Blue(カフェブルー)」さんです。

札幌市中央区南19条西16丁目9-12。
もいわ山ロープウェー乗り場の近くにあるカフェです。

以前からパンケーキのおいしいお店として評判を聞いていましたが、今回やっと訪問することができました。


画像


店内は思ったよりも広くキャパシティーがあります。
駐車場もお店の前と別のスペース合わせて13〜14台はとめられるのではないでしょうか。

しかし人気店ですので時間によっては駐車場は満車状態。
少し待つ覚悟が必要でしょう。
一人のカウンター席でしたら、すぐに座れます。

パンケーキの人気メニュー「ブルーベリーレアチーズ」をいただきました。

山盛りの生クリームの上からブルーベリーソースがかけられ、果肉がお皿にこぼれています。

パンケーキはもちろんフワフワ。
ナイフを入れながら、クリームなどもすくって一緒に口の中へ。
至福の瞬間です。

静かな環境の雰囲気の良いカフェ。
お食事メニューも豊富なので、次回いただいてみようと思います。



201876(金)

帯広市「Pic Nic」


帯広市「Pic Nic」

帯広市の「Pic Nic(ピクニック)」さんです。

帯広市西4条南13丁目。
生涯学習センター「とかちプラザ」の中にあるカフェです。

だいぶん前、西2条通りにお店があったころに数回通いましたが、こちらに移転してからは初めてだと思います。

とかちプラザ一階の一角にあるカフェです。
しかし、一角というのは適当でないほどの広々とした空間。

全面ガラスから眺める噴水や緑の景色、やわらかな光が入りゆったりとくつろげます。


画像


コーヒー、ドリンクも幅広くそろえ、パニーニというイタリアのサンドイッチやパスタ、カレーなど食べ物メニューも豊富です。

今回いただいたのは「ケーキセット」
この日は「イチゴとブルーベリーのケーキ」でした。

フルーツとアイスクリーム、コーヒーのセット。
ケーキが甘すぎず、自分好み。

合間の時間に利用するにはもったいない、ゆったりと食事などを楽しみたい癒しのカフェです。



201875(木)

札幌市「ライブシュパイゼ」


札幌市「ライブシュパイゼ」

札幌市の「ライブシュパイゼ」さんです。

札幌市中央区南2条西3丁目。
札幌パルコとForever21の間の通りにあるパレードビルの3階です。

ドイツの伝統的製法による「小樽ビール」と本格ドイツ料理のお店。

3階フロアーの一角にある落ち着いた趣の店構え。
店内も騒がしくなく、かといって静か過ぎることもない、ちょうど良い雰囲気です。居心地がいい。


画像


ビールの種類は、アロマホップをふんだんに使ったすっきりとした味わいの「ピルスナー」、クリーミーな泡立ちとカラメルフレーバーが特徴の「ドンケル」、フルーティーな香りが特徴の別名“バナナビール”とも言われる「ヴァイス」の三種類。

日本人が飲み慣れた味わいのピルスナーと個性的なドンケルとヴァイス。どれもそれぞれ特徴があってウマい。

ビールのつまみにいただいたものは、「ソーセージ満足プレート」「カルトッフェル(ドイツ風ポテトサラダ)」


画像
ソーセージ満足プレート

画像
カルトッフェル(ドイツ風ポテトサラダ)


ソーセージの付け合せの「ザワークラフト(キャベツの酢漬け)」もたまらなく美味しい。

本場ドイツの雰囲気と味を楽しめる貴重な場所です。

夜は静かな通りにあるこのお店。
不思議な魅力があります。



201874(水)

上士幌町「DREAM DOLCE」


上士幌町「DREAM DOLCE」

上士幌町の「DREAM DOLCE(ドリーム ドルチェ)」さんです。

上士幌町東2線239番地。
牧場を経営するドリームヒルが運営する、2017年8月に開店したばかりのジェラートやケーキのお店です。


画像

画像


しぼりたての新鮮な生乳はもちろんのこと、使用する素材は十勝、北海道、または道外からも厳選したもの。
そのうえ種類が豊富で、何を頼もうか迷ってしまいます。

今回のジェラートは「チーズケーキ」「ハスカップ」、そして今限定の「アスパラガス」
トリプルでいただきました。

アスパラガスは、独特の風味がしっかり感じられて、初めての体験。意外に合います。

他にもユニークな種類のジェラートがたくさんあるので、再訪まちがいなしです。

ドライブの途中に立ち寄る方々が絶え間ない人気のお店。
やはり素材の良さは強みですね。



<<
>>




 ABOUT
ひらっち
ランニング、食べ歩き、映画などが趣味。各地のマラソン大会に出場しては、ご当地グルメを味わい、帰りは温泉につかるのを楽しみとしています。双子+2児の父。

性別
年齢50代
エリア鹿追町
属性個人
 カウンター
2011-10-31から
425,270hit
今日:1
昨日:52


戻る