2017426(水)

札幌市「ブラッスリー セルクル」


札幌市「ブラッスリー セルクル」

↑「シーフードと長ねぎのミニクリームグラタン風」


札幌市の「ブラッスリー セルクル」さんです。

札幌市すすきの。
中央区南5条西5丁目9-1、ジャパンランドビルの3階にあります。


画像


カジュアルフレンチのお店でもあり、ふらっと寄って一品頼んでワインを楽しむような居酒屋的なお店でもあります。

女店主が一人で切り盛りするお店で、キッチン内を感心するほど絶えず動き回って調理をこなしています。

北海道の食材を中心に日々魅力的な素材を探し回る探究心あふれる店主。そんな逸品食材を美味しく調理して提供してくれます。

突然お店に行ってもお客で満員の場合が多いので、電話してから行くのがおすすめです。

「シーフードと長ねぎのミニクリームグラタン風」
ご飯を食べたいと何気ない会話から、このメニューをアレンジしてドリアにしてくれました。そんな気遣いがうれしい。

「豚ばら肉と万能ねぎのトマト煮」
十勝池田町産の黒豚。肉のもつ甘さと旨味が酸味のあるトマトソースとよく合います。

画像
「豚ばら肉と万能ねぎのトマト煮」


お店で好評だったシュークリームのお店を独立させて姉妹店として開店したりと、チャレンジ精神豊富な店主。
会話をしながら、その日のおすすめメニューを食してみるのもいいと思わせるような不思議な魅力を持つお店です。



2017425(火)

足寄町「ウッディーベル」


足寄町「ウッディーベル」

足寄町の「ウッディーベル」さんです。

足寄町の人気ハンバーガーショップ。
南2条1丁目22にあります。


画像


迫力の大きな直径15㎝もあるアメリカンサイズと、少し小さいミディアムサイズがあります。

私は近くでラーメンを食べたばかりだったので、ミディアムサイズに。
「十勝チーズベーコンバーガー」をいただきました。

パテ、ベーコン、トマト、レタスと期待通りの分厚さ。
口を思いっきり開けてかぶりつきます。

柔らかなバンズ、パテからは肉汁があふれ出てきます。
ブラックペッパーが程よく効いていて、世界規模の某チェーン店では味わえないワイルドさです。

十勝産ゴーダチーズとモッツァレラチーズがトロリとして、ナチュラルチーズ特有の香りと深い味わいを添えています。

よりお腹を満たしたい場合は、フライドポテト、オニオンリング、ソフトドリンクの「コンボセット」と共にいただくといいでしょう。

ドライブの途中に寄るにはピッタリのお店です。



2017424(月)

帯広市「幌加内製麺 帯広店」


帯広市「幌加内製麺 帯広店」

帯広市「幌加内製麺 帯広店」さんです。

帯広市西17条南3丁目22番地21、白樺通沿いにある、道内有数のそばの名産地・幌加内のそばを気軽にいただけるお店です。


画像


店内は広々をしていて気持ちがいいほど。
メニューは、そば類のほか、どんぶりなどのご飯もの、定食など幅広く扱っていますので、家族で利用しやすいお店です。

「ざるそば」をいただきました。

メニューには、毎朝店内で製麺しているとのこと。
そばのゆで加減もちょうどよく、のど越しも心地よい。

つけ汁も、ダシとのバランスもちょうど良いです。

全体的に、価格も低く抑えられているので、日常づかいにはもってこいのお蕎麦屋さんです。



2017423(日)

栗山町「名取屋」


栗山町「名取屋」

栗山町の「名取屋」さんです。

夕張郡栗山町朝日3丁目9、
栗山赤十字病院のすぐ近くです。


画像


名取屋といえば「ホルモン鍋定食」との情報だったので、それを目当てにお邪魔しました。

店内のメニュー表にも「人気No1」としてトップに記載されています。

あとで栗山町出身の友人に聞いてみたところ、ホルモン鍋の美味しさは地元民にも認知されているとのこと。

年配のご夫婦がお店を切り盛りされていて、さっそく「ホルモン鍋定食」を注文。

鉄製の鍋には最初豆腐のみが見えていて不安な気持ちに。
しかし、底をすくうとたくさんのホルモンが顔を見せます。

汁はだしの利いた甘めの味噌味。
ホルモンは柔らか、しっかりと味がしみてます。

ご飯との相性も抜群で食が進みます。

全部食べ終わる頃には、額から汗が。
次第に顔中が汗ばみ、ティッシュで汗を拭うほどに。

体全体が温まります。

栗山町には、なぜがほかにも評判のお店が集まっています。
また、いつか訪問するのが楽しみです。



2017422(土)

室蘭市「やきとり半次郎」


室蘭市「やきとり半次郎」

室蘭市「やきとり半次郎」さんです。

室蘭市中島町1丁目15-3、
東室蘭中島町にある焼き鳥屋さんです。

「ちょうちん街」の入り口にある見るからに年季の入ったお店。
店内はカウンター8席ほどと奥にテーブル2つの小上がりがあり、こじんまりしていますが、焼いているマスターとの親密度は抜群です。


画像

画像


いつも満席になると話に聞いていたので早い時間に行ったのですが、席のほとんどが予約済み。やはり地元で人気の場所でした。
かろうじて空いていたカウンター1席に座ることができ、幸運でした。

お得と評判の「刺身盛り合わせ」は残念ながら予約客の分で売り切れ。
「精肉(豚)」と店おすすめの「しろ(ホルモン)」「にんにくの芽豚肉巻き」の串をいただきました。

精肉は、とにかく柔らかジューシー。
しろも、しっとりふわっとしていて、食べやすい。
にんにくの芽の豚肉焼きは、豚肉の甘みににんにくの芽のほのかなカラミがよく合います。

タレは、醤油が薄めで、甘め。
まろやかです。

実は、このあと別の焼き鳥屋をはしごしたのですが、肉の柔らかさや旨さはこのお店が上でした。

にんにくの芽は、別のお店ではベーコンで巻かれていましたが、豚肉のほうが断然相性はいい。にんにくの芽も柔らかかったです。

私が串をいただいている間にも、マスターが串を焼き上げ、女性の店員が外にひっきりなしに別の場所に運んでいました。

とにかく、美味しくておすすめのお店です。
仲間で行く場合は予約をされるのがいいでしょう。



<<
>>




 ABOUT
ひらっち
ランニング、食べ歩き、映画などが趣味。各地のマラソン大会に出場しては、ご当地グルメを味わい、帰りは温泉につかるのを楽しみとしています。双子+2児の父。

性別
年齢40代
エリア鹿追町
属性個人
 カウンター
2011-10-31から
362,952hit
今日:22
昨日:61


戻る