201827(水)

函館市「朝市食堂 二番館」


函館市「朝市食堂 二番館」

函館市の「朝市食堂 二番館」さんです。

家族旅行で函館へドライブ。
函館に来れば「朝市」は外せません。
行ってまいりました。

行けばもちろん、どこで食べようかとなります。

函館市若松町9‐19。
二番館は、駅二市場の2階にあります。

朝市には有名どころの食堂がたくさんあるなか、少し不安を抱きながらの入店となりました。

大当たりでした。

500円の数種類の海鮮丼を筆頭に、そのほかもお得なメニューがたくさん。
500円のワンコイン丼は、若干小ぶりながらも味に遜色はなし。


画像


私は思い切って「うにイクラ丼」をいただきました。

お値段は1,800円。
他店と比べても安い。
そして、うまい。

お店のスペースもとても広くて、子ども連れなどには安心で助かります。

函館朝市に行った際には、ぜひ選択肢の一つに加えてください。



201826(火)

伊達市「北の家族」


伊達市「北の家族」

伊達市の「北の家族」さんです。

北海道伊達市錦町100‐104。
市内でも居酒屋やスナックなどが集まっている地区にあります。


画像


一年ぶりの伊達市。
毎回友人におすすめのお店に連れて来てもらってます。

室蘭市も同じですが、伊達市も小路を歩いているだけでは人通りもまばらで、どこのお店が繁盛しているのか、地元の人はどこにいるのかなどは分かりません。
しかし、お店に入ると人がいっぱいで驚くことがあります。

このお店も同様です。
中に入ると人でにぎやか。
カウンタ越しに店主の働く様子が垣間見え、家族経営なのかアットホームな雰囲気。地元の人との会話を聞いているのも心地よい。


画像

画像


いろいろな料理を頼みましたが、どれも早くておいしいくて、接客も元気でにこやか。

旅の良い思い出を持ち帰ることができました。

伊達市、なかなか奥深い街だと思います。



201825(月)

帯広市「とんかつ道場 桜麟」


帯広市「とんかつ道場 桜麟」

帯広市の「とんかつ道場 桜麟(きりん)さんです。

帯広市西17条南4丁目43。
以前、居酒屋日本海が入っていた店舗です。

赤の上に白い字で店名が書かれた大きく目立つ看板。

真っ赤なのれんをくぐり、入り口で靴を脱いでから店内に入ります。


画像


店内は、まんま居酒屋。
料理場が見えるカウンター席、そして一段高くなった広々とした座敷があります。

メニューを見て、その多さに圧倒されます。
肉の種類や調理のアレンジで目移りするほどの品目が並んでいます。

「お口に合わない場合 お代は頂きません」と掲げられ、メニュー表には「メニュー」を「目に言う」と書かれているところに洒落っ気を感じますが、おやじギャグっぽさも漂い反応に困ります。


画像


タマネギが嫌い、脂を除いてほしい、衣を薄めに、など要望にはできるだけ対応してくれるほか、スポーツ大会や会合などへの宅配弁当もやっているらしく、そのサービス精神には頭が下がります。

「ヒレカツ定食」をいただきました。

衣サクサク、肉は柔らか。
甘いような肉のうまみが口に広がります

ゴマがすり鉢に入って付いてくるので、すりすりして一緒に食べるとまた美味しい。
味噌汁のおかわりが無料なのもうれしいところです。

一見入りずらい感じのする外観と、店内もろばた居酒屋風の独特な雰囲気を持つお店ですが、とんかつ味は「とんかつ道場」の名に恥じぬ美味しさです。



201824(日)

芽室町「ばぁばのお昼ごはん」


芽室町「ばぁばのお昼ごはん」

芽室町の「ばぁばのお昼ごはん」さんです。

芽室町東めむろ3条北1丁目1番地7。
芽室直売所愛菜屋の向かいにあります。

11:00から14:30までのランチライムの営業です。

NPO法人プロジェクト芽室が、障害者の就労機会の提供と、芽室産の野菜を使用した定食の提供により障害者や高齢者、家族、町民、さらには観光客との交流の場を目指して始めた食堂です。

農業と福祉が連携したレストランといえるでしょう。


画像


さて、お店に入るとすぐに感じるのが、元気でにこやかな接客。
一生懸命働く姿にこちらも力をもらった気持ちになります。

基本の定食が8種類ほどに、日替わりがあります。
この日の日替わりは「芽室産味噌で作る! なすのピリ辛麻婆豆腐定食」。


画像

画像


どれも美味しそうで迷いましたが「ふわふわチキン南蛮定食」にしました。

ご飯とかぼちゃの煮物、漬け物、豚汁が付いてました。

ご飯はツヤツヤで見ただけで炊きたてとわかるもの。
種類は「ななつぼし」で、ご飯だけでも旨い。
その上、おかわり0円です。

豚汁は、器が大きく具だくさん。これだけでも十分なボリュームです。

チキン南蛮は衣がフワッ、肉が柔らか。
甘いあんに、さらにオーロラソースがかかっています。

ご飯が進むのは必然です。

漬け物もあっさりと口直しにちょうどよく、定食すべてを平らげるとお腹いっぱい大満足です。

また、行きたいお店です。
遅い時間では、定食が次々と売り切れてしまうので、早めの来店をおすすめします。



20171130(木)

帯広市「Dessert Tokachi」


帯広市「Dessert Tokachi」

帯広市の「Dessert Tokachi(デーセルトカチ)」さんです。

帯広市西4条北2丁目6-1。
昨年の7月に開店したお店です。


画像


新しい建物の1階に、比較的こじんまりした店内。
女性のお二人の店員さんの笑顔が素敵です。

あとで知ったのですが2階はカフェになっているようです。

初めてなので、まずは家族へのお土産を兼ねて「シュークリーム」を。

シュー生地は、パリッとしたパイ生地。
クリームを上下からサンドしています。

濃厚ですが後味の良いカスタードクリーム。
何個でも食べられそうな、実に困った美味しさです。

ほかにも美味しそうなケーキがズラリ。
また今度寄ってみようと思います。



<<
>>




 ABOUT
ひらっち
ランニング、食べ歩き、映画などが趣味。各地のマラソン大会に出場しては、ご当地グルメを味わい、帰りは温泉につかるのを楽しみとしています。双子+2児の父。

性別
年齢50代
エリア鹿追町
属性個人
 カウンター
2011-10-31から
403,447hit
今日:4
昨日:75


戻る