20211026(火)

新得町「のむらカレー」


新得町「のむらカレー」

新得町の「のむらカレー」さんです。

北海道上川郡新得町新内西1線128
国道38号沿いの狩勝峠1合目駐車帯にあります。


画像


2021年9月20日にオープンしたばかりのカレー屋さん。
大阪発のスパイスカレーを提供します。

チキンカレーとキーマカレーがあり、
0辛、小辛、中辛、辛口から辛さを選べます。

チキンカレーをいただきました。
中辛にしましたが、思ったより辛くなく全体が調和したおいしさ。
私にはちょうどよかったです。

具にダイコンが入っていることから、辛さも和らげてくれるのかもしれません。
ベーシックな“0辛”はお子さんにも食べられるので、家族で行っても大丈夫です。

副菜として、オプションで「キヌア」「赤たまねぎのマスタードマリネ」「コリアンダーソースの玉ねぎ」などが用意されていて、自分好みに組み合わせられるのが魅力です。

街から離れた場所にありますが、ぜひ足を運んでみてください。



20211025(月)

帯広市「カレーハウス アパッチ」


帯広市「カレーハウス アパッチ」

帯広市の「カレーハウス アパッチ」さんです。

北海道帯広市東11条南8丁目1-3
帯広東11条郵便局の隣です。


画像


帯広でカレーといえばインデ〇ンを思い浮かべる方が多いと思いますが、この「アパッチ」も歴史ある“2大帯広カレー”の一翼とも言うべきお店です。

タイプが違うので比べることは難しいのですが、フルーティーな甘さが好きな方にはこちらをお勧めします。

30年前、帯広市街の藤丸百貨店近くにオープンされた時からお世話になっています。
その後、国道38号線沿い東11条に移ったのち、2020年3月に現在の場所にお店を新築して移転しました。

移転とともに、長年味を守り続けてきた店主の娘さんが、店主の体調も気遣い、店長として親子で経営することになりました。


画像


新店舗には娘さんのアイデアが生かされ、カフェのような雰囲気に生まれ変わりました。
店内にはジャズ風の音楽流れ、グランドピアノが置かれています。
女性が気軽に入れる雰囲気にしたかったとのこと。

カウンターやテーブル席のほか、家族連れでも利用できるよう小上りもあります。

壁には30年前のオープン当時から受け継がれる、壁画が設置されていて、当時学生だった長年のファンは懐かしさを感じる雰囲気になっています。


画像


「カツカレー」をいただきました。

豚肉や牛肉、玉ねぎ、果物、スパイスなどを煮込んだというルーは、サラサラとしたもの。
お皿の脇にはサラダが添えられています。

一口食べて感じるのは、まろやかな甘さとコク。
玉ねぎだけではなくフルーツの甘さであることはすぐに感じます。
その後、芳醇なスパイスがお口に広がります。

なお、店長のそのさらに娘さんは専門学校で製菓を勉強され、ゆくゆくは三代目としてスイーツも食べられるカレー屋にしたいと、現在お店を手伝われているそうです。

帯広のカレーを語るなら、インデ〇ンのほかに「アパッチカレー」も、ぜひお試しください。お勧めします。



20211024(日)

帯広市「豚丼の鶴橋」


帯広市「豚丼の鶴橋」

帯広市の「豚丼の鶴橋」さんです。

北海道帯広市柏林台東4丁目1
タレの色合いから「黒い豚丼」で有名なお店です。

黒い豚丼を提供するお店は、親戚繋がりであろう2店が帯広市内にありましたが、1店が2018年に閉店し、ここだけとなりました。

黒くて濃いタレが特徴で、少し苦味を感じます。肉にはしっかりと火を通し歯ごたえを感じます。
好みが分かれる一方、コアなファンが訪れるお店であり、十勝豚丼でも独特の進化を遂げたものといえます。


画像


豚丼(特大)をいただきました。
決まって、味噌汁も勧められますが、今回は豚丼のみ。

まずはお肉をよけて、ご飯についたタレだけでご飯をいただきます。
うん、この味。
お次は、肉と一緒にご飯を。
これです、これです。忘れかけた頃に、確かめたくなる味。

午後2時過ぎに訪問しましたが、ご夫婦一組と、テイクアウトを待つご婦人一人。黒い豚丼のファンは健在です。

店主の話すお金の単位は「円」ではなく「万円」です。
特大豚丼は「1,100円」ではなく「1,100万円ちょうだいします」となるユーモア。

長く続いてほしい、個性的な豚丼のお店です。



20211024(日)

室蘭市「小舟」


室蘭市「小舟」

室蘭市の「小舟」さんです。

北海道室蘭市絵鞆2丁目8-13
絵鞆岬展望台の近くにあるお店です。

基本は夜営業の居酒屋さんですが、昼のランチライムも開店しています。

市街地からは離れている住宅街の中にありますが、車で訪れる観光客などに人気のお店です。


画像


室蘭の2大グルメといえば「室蘭やきとり」と「カレーラーメン」ですが、若い店主ならではの柔軟でアイデアあふれるメニューで、両方が一度に味わえるセットメニューがあるのが有り難いです。

「小舟やきとり丼とハーフカレーラーメンのセット」をいただきました。

やきとり丼は安定の美味しさ。
室蘭で感じるのは、室蘭やきとりの豚肉はどこもいいものを使用しているな、ということです。
カレーラーメンは、トロトロ濃厚スープで期待を裏切らない旨さ。

わざわざ車で訪れる価値があるお店です。
岬めくりのスケジュールに、ここでのランチをおすすめします。



20211023(土)

室蘭市「富士ラーメン」


室蘭市「富士ラーメン」

室蘭市の「富士ラーメン」さんです。

場所は東室蘭。
室蘭市中島町1丁目15-20


画像


繁華街の中にある夜7時から深夜まで深夜まで営業のラーメン店。
立地的にも夜の締めラーメンにピッタリです。

味噌ラーメンをいただきました。
スープはコクがあり、オーソドックな札幌風のしっかりしたお味。
チャーシューの硬さも昔なつかし系です。

周りのお客を見ると、塩ラーメンを注文する方も多く、人気メニューなのかも。締めラーメンにはアッサリとした塩が好まれるのかもしれません。

メニューにはカレーラーメンもあります。
室蘭にお泊りの際はどうぞ。



<<
>>




 ABOUT
ひらっち
ランニング、食べ歩き、映画などが趣味。各地のマラソン大会に出場しては、ご当地グルメを味わい、帰りは温泉につかるのを楽しみとしています。

性別
年齢50代
エリア十勝
属性個人
 カウンター
2011-10-31から
518,899hit
今日:10
昨日:38


戻る