20091219(土)

涙。

妄想×18

二話。


やがてタクシーは俺のマンションに着いた

部屋の前に着き

「ようこそ中年独男の城へ」 俺はふざけて言った。

あいが笑った。

「うわ~けっこう広いのね~ TVデカッ!46?」と聞いた

「あぁ、一人だとなんか淋しくて HなDVDでも見ようかと」と、俺

「案外、本当だったりして」 そう言って あいが笑った

しばらくして 部屋も暖まり 冷蔵庫からビールを出した

「加藤も飲むだろ?」 そう聞くと

「あ~~酔わせて 何かする気でしょ?」と あいが言った

「俺がそんな男に・・・・見えるか。」答えて笑った。

TVでは たけしと安住アナのニュース番組がやっていた

時計の針も11時を回った頃

「加藤、風呂 入るか?」 ちょっと勇気を出して聞いた

「うん、入る。でも・・次長、今日は まだ ごめんね。」

「あ、あぁ」 答えてから 意味が判った。

「次長のYシャツかなにか 貸してもらえる?」

「あぁ、いいよ。」 クローゼットからシャツを取って来て渡すと

「じゃ、お先 頂きまぁ~す。」 と、あいが バスルームに消えた

なんとなく 「これでいいんだ」 と 少しホッとした。

しばらくして 「お先 頂きましたぁ~♪」 あいが出てきた

「次長、こ~ゆ~の 好きでしょう?」と、現れたあいは

髪をアップにして 俺のYシャツを着て 微笑んでいた。

シャツの裾から スラリと伸びた脚は 白く 俺の目を奪った

「馬鹿言うな!」  本当は好きだった 密かに願望だったかも


「よかったら 俺のベット使って」

「大丈夫、シーツもカバーも変えてあるから」 そう言って

俺もバスルームへ入った。

さっきの あいの姿を かき消そうと 長めに浸かった

風呂から出ると 俺のベットで あいが寝息を立てている

灯りを暗くする前に あいの可愛い寝顔を 眺めた。

そして、俺もソファーで 眠りに着いた



かすかに 音楽が聞こえていたので 目覚めた


古内東子の歌なのは判った が、曲名は知らなかった

流れているのは 俺のPCからだった

膝を抱え 声にならない声で 歌っている あいがいた

ふと見ると 泣いている  泣きながら歌っている あいがいた

つづく、


今日のチョロQ。ランサー・エボ8。

画像

ウィング でかっ!!

画像







 コメント(12件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
(爆)なパパ
チョロQ・男料理・気になるCM・気になるレディについて熱く語る。

性別
属性個人
 カウンター
2007-09-29から
306,875hit
今日:13
昨日:19


戻る