2010126(火)

娘の同級生。EP-7

妄想×18

その日俺は接待で 部長と出ていた

9時半を回った頃だろうか ようやく開放された

部長から もう一軒の誘いがあったが 疲れていると断った

真っ直ぐ帰ろうと タクシーがたむろしてる通りに出ると

目の前は ローヤルクラウンビルだった

入り口の看板を見ると 栞の名が

吸い寄せられる様に エレベーターに乗った

ドアが開き右に曲がると 栞だった。

店のドアを開けると

「いらっしゃいませ~♪」 若い女が迎えてくれた

カウンターを覗くと 遅れて栞が 「いらっしゃいませ。」

出迎えてくれた女が 「おひとりですか?」 と、聞いた

「由美ちゃん いいのよ」 そう言って栞が迎え出てくれた

「いいかな?」 と聞くと

「いいも悪いも無いわ いらっしゃい」 栞がコートを受け取った

カウンターに座ると 「何になさる?」 と、栞が尋ねた

「そうだな、ボトルおろすか  山崎ある?」


グラスに琥珀色の液体を注ぎながら 栞が

「よくいらしてくれました。」 と、微笑んだ

「君も何か・」 すかさず 「ありがとうございます。じゃビールを」

店には他に客もいなかった

先ほど由美と呼ばれてた若い女にも 「彼女は?」と、聞いた

「ご馳走様で~す♪」 その子もビールで乾杯した

「再会を祝して。」 俺が言うと

「お客さん ママのお知り合い? ひょっとして元カレ?」

由美が聞いたので 一瞬 栞をみると

「そうよ由美ちゃん。ママの元カレよ!」 栞が答えた。

「え~~~っ そうなんだぁ~ 邪魔しないように端っこ行こう」

由美が席をずれた。

「アラ、由美ちゃん 遠慮しなくてイイのよ」 栞が言った

「こちらはねぇ 今は楓のお友達のパパでもあるのょ」

「へぇ~ママの娘さんの同級生のパパ~?で、ママの元カレ?)複雑??

「でもママ、それって よく焼けぼっくいに・・」とか 言いますよね?

由美が栞に聞いてきた

俺は 少し笑って聞いていた。

栞が 「そんなんじゃ無いわよ ねぇ鈴木さん?」 俺に振ってきた

答えに困った 火が点いたのは俺の方だったかもしれない

だから たずねて来たのだ。

つづく、



今日のチョロQ、トヨタ・MR-S。

画像

最後のミッドシップ・スポーツ。

画像

ギミックは幌が外れてオープンに

画像

初代、MR-2と。






 コメント(15件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
(爆)なパパ
チョロQ・男料理・気になるCM・気になるレディについて熱く語る。

性別
属性個人
 カウンター
2007-09-29から
305,694hit
今日:4
昨日:16


戻る