2008523(金)

「 便利さ 」 について


今回は、わがままな 「 ひとりごと 」 の中でも、
異様に長くて、とっても変わった話をしたいと思います。

話の中に 動物は1種類しかでてきません。
どんな話しかと言うと 「 便利さ 」 についてです。

最後まで読んでいただける方が はたしているでしょうか・・・


皆さんの身の回りには、いくつ 「 便利なもの 」 があるでしょうか?


私は、自動車に 毎日のように乗り、携帯電話も使います、
飛行機にも乗ったことがありますし、パソコンも使います。
ですが、これらを使っていても 最近は 「 便利だ 」 とは あまり感じません。

目の前になくて 「 困った 」 とは よく感じますが・・・


みなさんは どうでしょうか?

毎日、飛行機が飛んでいることや、
当たり前のように 携帯電話で簡単に話ができることを
「 便利だ 」 と、日々の中で感じているでしょうか?


使い始めた 最初の頃は 「 便利さ 」 を感じても、
慣れてしまうと あまり 「 便利さ 」 を感じないのではないでしょうか?


私たち人間は 昔から「 便利のもの 」 を作り続けているにもかかわらず、
その 「 便利さ 」 を普段は あまり感じないでいます。

「 便利さ 」 を感じない理由はなぜでしょう

それは、飛行機は 空を飛ぶため、
携帯電話は コミュニケーションを素早くするため、
自動車は 移動をすばやくするため そんな理由のために作られます。

ですが、野性的な見方をすると、
便利な道具を作り続ける理由の根本には・・
「 自分が 強くなるため 」
「 自分が 他より勝るため 」
「 自分が 生き残るため 」 という、
動物的な理由が存在するからではないでしょうか


     - - - - - - - - - - - - - -


「 自然界は 弱肉強食、弱いものは生き残れない 厳しい世界」と、
 よくいいますが、
結局、私たち人間の世界も 強くなるため、勝つために努力を続けます。

自然の厳しさとは少し違いますが、
『 弱肉強食 』 は 私たちにも当てはまっているのだと感じます。

私たちは 幸せになるために、今より新しいものを
今よりも 強力で、速くて、簡単で・・
そんな便利なものを作り続けて、、

でも、

どんなに便利な道具でも、
慣れてしまうと 「 不便さ 」 を感じ、
全員が持てば 「 当たり前 」
そして、結局・・
便利なものが無いときに感じる「 不便さ 」 だけがはっきりと残ります。


昔からみると 私たちは はるかに進歩しているといえますが、
私たちの 『 幸せ 』 は それと同じだけ進歩しているといえるでしょうか?


これを見ている みなさんは 「 今、幸せですか? 」


この質問の答えを出すことは きっと簡単ではないと思いますが、
10年前、100年前、1000年前、、
いつの時代に 同じ質問をしても、、きっと
その 「 答え 」 は 文明の進歩ほどは 変わっていないのだと思います。

幸せになるために作り続ける 「 便利さ 」 が、
直接 「 幸せ 」 とは繋がっていないばかりか、
幸せになるために作り続けてきた 「 便利さ 」 に、
今は、逆に支配されているような気がしませんか?


    - - - - - - - - - - - - - - -


ここで、今回の お話の中に唯一出てくる動物、
私たち 『 ヒト 』 です。

中には 「 人間が動物?? 」 と思われる方もいると思います。

ですが、動物園の飼育係として、動物達とかかわっていけばいくほど、
私は、「 人間も動物なんだな 」 と感じてきました。

そう感じた理由のひとつは、身体的なことで、
また、別の理由のひとつが、結局 現在も
『 弱肉強食 』 の自然の原則の中から抜け出せていないところです。

経済的に強い国が裕福だったり、強い企業が生き残ったり、
能力のある人が より豊かな暮らしができる社会であったり、
世界的に裕福な国、日本にいても 「 弱肉強食 」 は変わりません。


ですが、その 「 弱肉強食の社会 」 が悪い、というわけではありません。

「 弱肉強食 」 の裏には、「 人間的な欲 」「 人間的な思考 」 などなど・・
様々な理由があって、それを完全に失うと
大切な人間性まで失くしてしまうかもしれません。

ただ、できるだけ多くの人たちに感じてほしいのです、

私たちは 「 完璧ではない 」 ということを。


地上でもっとも 繁栄した種であるといえる私たちは、
地上でもっとも 自然を破壊して、
地上に動物たちが住みにくくしている種でもあります。

今日も 便利なものを作り続けている私たちは
今まで以上に 便利なもので、どうなりたいのでしょうか?
幸せになれるのでしょうか?
何かと競い合い、勝ち続けるためでしょうか?


地上で 最も賢いはずの 私たち 「 ヒト 」 は、
森を壊して 畑を作り、家を作り、ビルを作り、自然と 環境を破壊して、
次は 「 環境を守らなきゃ 」 とあてている。

今から 「 便利なもの 」 の競い合いをやめて、
人らしく 幸せになる方法を
世界中の みんなで考えることはできないのでしょうか?


私は飼育係なので、自然環境や、野生動物たちが心配で、
このようなことをよく考えてしまいます。

最初は野生動物たちが幸せに暮らせるかが心配でしたが、
最近は、私たち人間の未来も心配になってきました。


この状況を改善できるような、
とっても とっても 便利なものがこれからできるのなら
未来の問題も、環境の問題も解決できるのですが・・

私にはどうも とっても便利なものが完成する前に、
今まで以上に大変なことが 起こるような気がしてしまうのです。


飼育展示係が動物園のあれこれをお届けします
現在8ブログが参加中





 コメント 
このブログはコメントを受け付けていません




 ABOUT
飼育展示係 11
別名、悩める営繕班長です。

性別
年齢40代
エリア帯広市
属性事業者
 ブログカテゴリ
 カウンター
2008-01-09から
741,516hit
今日:37
昨日:47

戻る