200862(月)

ラクダの 毛がわり


ラクダの 毛がわり

『 ラクダ 』 というと 「 暑い砂漠に住む動物 」
というイメージが強いですが、
「 砂漠 」 の日中はとても暑い反面、
夜になると、急激に冷えて、とても寒くなります。

そんな 砂漠に住む フタコブラクダ は、「 寒さ 」 に対抗するため
寒さの厳しい時期の前には 「 冬毛 」 が生えて、

そして、寒さが和らいでくると冬毛が抜け始まります。


「 フタコブラクダ 」 は、そんな動物なので、
寒さの厳しい おびひろ動物園で暮らす 「 ボス 」 も、
春になると冬毛が抜け始めます。

今年、毛がわりの きざしが見え始めたのは、4月の中旬でした・・・

4月 16日。

画像

おなかの下あたりに、少し抜けた毛がぶら下がっています。

ですが、それ以上に、

画像

顔に生えている 冬毛がもう抜けていました。

フタコブラクダは、寒さに対抗するために、顔にも
そして、足の先まで、冬毛を生やすんです。


5月 2日。
おしりの周りの冬毛は、ほとんど抜けました。

画像


5月 10日。
ちょっと横から見るくらいだと まだまだ冬仕様です。

画像



5月 14日。
顔だけすっきりしてきました。
 なんだか バランスが悪いです。

画像




5月 17日。
冬毛が 抜けたところと、残っているところがはっきり分かれてきました。

画像

どこから先に 冬毛が落ちていくか、
その時間的な差が よくわかります。



5月 23日。
見た目が・・

画像

ボロボロです・・・。


ちなみに 反対側は、

画像

もっと、ボロボロ。

早く 全部抜けておくれ~~~~~



5月 27日
だいぶんスッキリしてきました。

画像

あと少しです。



6月 2日。
「明るさ」をいじったので ちょっと変な色になってしまいましたが、、
今日の 「 ボス 」 です。

画像

コブの下に残っている以外は、ほとんど冬毛は残っていません。

これを見ると 夏バージョンの フタコブラクダの姿が
イメージできるのではないでしょうか。

最初の 冬毛の写真と比べると、
まるで 違う動物のようにも見えませんか??


フタコブラクダの冬毛は、とても保温力が高く
最近はあまり見かけませんが
「 ラクダのモモヒキ 」 は、
本当に ラクダの毛から作られていたそうです。

実際に、毎日のように 地面に落ちている冬毛を集めていると、
じんわり と手が温かくなって、、
そして、最後には持っている手が 暑くなってきます。


そんな とても凄い機能を持つ フタコブラクダの冬毛ですが、、

ラクダ1頭からでも たくさんの毛が抜けるため、
掃除の時に毛を集めるのが けっこう大変なんです・・

なので、、スッキリと 早く夏仕様になってほしいなぁ と
毎日のように願っています・・。


飼育展示係が動物園のあれこれをお届けします
現在8ブログが参加中





 コメント 
このブログはコメントを受け付けていません




 ABOUT
飼育展示係 11
別名、悩める営繕班長です。

性別
年齢40代
エリア帯広市
属性事業者
 ブログカテゴリ
 カウンター
2008-01-09から
726,385hit
今日:16
昨日:22

戻る