2019418(木)

全道アカデミー【2019.04.13、14】


皆様、こんにちは。今回は第50次北方領土現地視察大会の中で全道アカデミーを開催しました。全道のアカデミーメンバー(入会1年以内のメンバー)に1年に一回一堂に会して学ぶ事業を行っております。今年は意識喚起事業と納沙布岬のガイドツアーを体験していただき、北方領土問題を通じて主体者意識の醸成や他のアカデミーメンバーとの連携を深めることを目的として開催しました。

画像
意識喚起事業前のアカデミーメンバーです。写真手前から 勇者 アカデミー育成委員会の河合 秀明(かわい ひであき)君、深澤 友貴(ふかざわ ゆうき)君、齊 隆生(さい たかお)君、佐藤 洸(さとう ひかる)君の4名が帯広青年会議所として参加しました。

画像
意識喚起事業ではパネルディスカッションを行い、その内容を見たアカデミーメンバーに振り返り会議と題して、感想などを話し合いました。その後、「北方の夕べ」と題した大懇親会でもアカデミーの皆さんは同じ場所で交流を行い、連携を深めました。

画像
画像
 こちらは振り返り会議の様子です。全道各地の様々な業種のメンバーが一堂に集まり、北方領土問題という北海道における共通の課題について意見交換や感想を述べ、グループごとに発表を行いました。

画像
画像
翌日の記念式典終了後、納沙布岬に集合し納沙布岬にてガイドツアーを行いました。今回の体験は、この問題の歴史を知ることで正しい理解とこの問題を本質について全員が考えるきっかけとなりました。メンバーの中には青年会議所へ入会して初めてきちんと北方領土について考えたというメンバーもいて、体験したメンバーの記憶に残る全道アカデミーとなりました。

画像
この石碑は1999年に第30次北方領土返還要求現地視察大会で、青年会議所がこの問題について解決するその日まで運動を推進していくことを誓った決議文です。納沙布岬にあります。

画像
この2日間、アカデミーメンバーは北方領土について様々な体験をし、北海道という大きな地域としての共通課題に触れることで地域の様々な課題を通じて青年会議所の意義を学んだ2日間でした。以上で全道アカデミーのご報告とさせていただきます。


画像
私たちは明るい豊かな社会の実現のため、社会貢献の活動と自己啓発トレーニングなどを通じて「まちづくりとひとづくり」をする団体です。
一般社団法人帯広青年会議所は、共に感動を分かち合う仲間を募集しておりますので興味のある方は下記へご連絡ください。

また、一般社団法人帯広青年会議所では、皆様からのご意見を今後の運動の参考にさせていただきたく、アンケートを取っております。
下記のリンクより、アンケートにご協力ください。
アンケート外部リンク

※※ ≪ お問い合わせ ≫ ※※※※※※※※※※※※※

一般社団法人帯広青年会議所 事務局

 所在地:〒080-0012
     帯広市西2条南9丁目 坂本ビル4F
 TEL:0155-24-6255
 FAX:0155-25-0721
 E-mail:info@obihiro-jc.jp
 URL:http://www.obihiro-jc.jp/

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※






 コメント(0件)コメント欄はユーザー登録者のみに公開されます 
コメント欄はユーザー登録者のみに公開されています

ユーザー登録すると?
  • ユーザーさんをお気に入りに登録してマイページからチェックしたり、ブログが投稿された時にメールで通知を受けられます。
  • 自分のコメントの次に追加でコメントが入った際に、メールで通知を受けることも出来ます。






 ABOUT
一般社団法人帯広青年会議所
帯広青年会議所活動を知っていただくために活動内容をわかりやすく情報提供していきますので遊びにきてね。

年齢30代
エリア帯広市
属性事業者
 GUIDE
一般社団法人帯広青年会議所
住所帯広市西2条南9丁目16坂本ビル4F
TEL0155-24-6255
 カウンター
2007-02-01から
415,150hit
今日:19
昨日:71


戻る